本文へジャンプ

教授挨拶

金沢大学大学院医学系研究科皮膚科学教室のホームページにお訪ね頂きまして、ありがとうございます。
まず、当教室のキャッチフレーズは“Challenging for Global No,1(グローバルNo,1を目指す)”です。臨床も一流,研究も一流を目指し、そして「人と人との触れ合い」でお互いを鍛え合うのが、当教室のスタンスです。
臨床はまず、患者様をよく診察し、一生懸命治療を考え、そのことによって自分を磨いていく、それが私達の考え方です。病気でお困りの患者様は、まず患者様へのフレームをクリックして下さい。
研究は動物実験であれ、試験管内の実験であれ、いつかはその成果が患者様に還元されるテーマでしか行いません。妥協を許さず、世界のトップレベルを目指しています。若い人達が、研究に行き詰まった時には「病気で苦しんでいる患者様の姿を思い出すように。」とアドバイスするようにしています。それが、突き当たった壁を貫く力となるのです。
そして私達の教室は、臨床でも,研究でも,レジャーでもチームワークを重視し、「人と人との触れ合い」を重視しています。私のブログ風日記も含めてホームページのいろいろなところをお訪ね頂くようお願いします。

【当教室の具体的特徴は、以下の3つです。】

  1. 強皮症診療と研究は世界のトップリーダーを目指しています。
  2. アトピー性皮膚炎診療においても、日本のオピニオンリーダーとして活動しています。
  3. 膠原病領域・アトピー性皮膚炎、加えて皮膚悪性腫瘍は元より、皮膚科領域全般で当教室は日本の皮膚科学のトップリーダーです。

(文責:竹原 和彦)

▲ページの先頭へ