本文へジャンプ

教室スタッフ

竹原 和彦

専門分野

強皮症、細胞成長因子、抗核抗体、アトピー性皮膚炎、創傷治癒
Scleroderma, Growth factor, Antinuclear antibody, Atopic dermatitis, Wound healing

略歴

1979年(昭和54年):東京大学医学部医学科卒業
1979年(昭和54年):東京大学皮膚科学教室に入局
1980年(昭和55年):東京大学医学部附属病院皮膚科文部 教官助手
1984年(昭和59年):米国サウスカロライナ医大リウマチ病教室 研究員
1987年(昭和62年):東京大学医学部皮膚科 講師
1994年(平成 6年) :金沢大学医学部皮膚科学講座 教授
2001年(平成13年):金沢大学大学院医学系研究科皮膚科学講座 教授(大学名称変更)
2004年(平成16年):国立大学法人金沢大学大学院医学系研究科皮膚科学講座 教授(大学名称変更)

主な加入学会と役職

日本研究皮膚科学会 理事 (1995~2008年)
日本皮膚科学会 理事 (2000~2012)
日本臨床免疫学会(理事:1999~2002年,2006~2009年)

その他

強皮症研究会議皮膚科代表 世話人 (1998~現在)
日本皮膚科学会・アトピー性皮膚炎治療問題 担当理事 (2000~2006年)
厚生労働科学研究費補助金特定疾患対策研究事業(強皮症研究班) 主任研究者 (2002~2008年)

E-mail

takehara@med.kanazawa-u.ac.jp

メッセージ

私はまず一人の皮膚科医として、常に目の前にいらっしゃる患者様を、全力で診察することを心掛けています。次いで、金沢大学の皮膚科を信頼して通院してこられる患者様に対して、いかにレベルの高い医療を効率よく提供できるか、というシステム作りに励んでいます。
更には、自分の将来の夢をこの教室に託してくれた若い医師達が、自由な雰囲気の中で伸びていく環境を構築するようにしています。
“Challenging for Global No,1(グローバルNo,1を目指す)”が当教室のキャッチフレーズです。

▲ページの先頭へ