本文へジャンプ

2007.1.30

今年の1月は、全く雪が降らないで終わりそうです。
先週は横浜での皮膚脈管・膠原病研究会に出席してきましたが、昨年と同じようにdiscussionが形態学に偏っているのでは、という感想を持ちました。
膠原病の診断に際しては、長年にわたる病態の変化や血清学的所見が重視されてもよいのかなというのが、私の率直な意見です。

2007.1.22

先週末は久々に教室の新年会で山代温泉へ行き、カニを食べてきました。医療を取り巻く現状は益々厳しいものがありますが、教室員の一致団結を誓っての宴会となりました。

日曜日に新年会から自宅へ戻り、男子の都道府県対抗駅伝を観ました。私の出身兵庫県が優勝でしたが、今まで中学生と高校生の部は強いものの、一般が弱くて勝てなかったのですが、今年は兵庫県出身の大学生2人が頑張りました。駅伝もこれで主なものが終わりましたが、本当に観ていて楽しいものです。

2007.1.15

あっという間に今年も2週間が過ぎました。
今年は本当に暖冬で、金沢も実質雪らしい雪はまだ一度も降っていません。

先週13日に、恒例の強皮症研究の一年で一番長い日である「強皮症研究会議兼厚生労働省の班会議」が東京で開催されました。朝8時15分より夕方6時までのロングランです。
今回の発表の中からどんどん新しい治療法が発展していくことを期待しています。

2007.1.4

あけましておめでとうございます。今年の正月は駅伝観戦に終始しました。
本命不在と言われた中、順天堂5区を走った今井の強さは圧倒的でした。平地でのタイムはそれほどでもないのに、山登りでの強さはすごいものです。
日体大・日大が、8区でトップの順天堂に2分まで追い上げてきていましたので『ひょっとしたら・・・』と思ったのですが、順天堂のラスト2人が完璧でした。
みなさん今年も宜しくお願い致します。

▲ページの先頭へ