本文へジャンプ

2007.10.30

ワールドシリーズもレッドソックスの4連勝で、あっという間に終了してしまいました。一昨日の日曜日は、松坂の登板するテレビ中継に釘付けでした。テレビでも言っていましたが、日本人プレーヤーが存在感を示したワールドシリーズでした。
昨年家族でボストンを訪れた際、娘に「レッドソックスは日本では全く人気の無いチームだよ。」と説明していたのですが、松坂と岡島の入団で、あっという間に人気チームとなりました。
ちなみに、今年5月の国際ワークショップの際に、ボストンのピーター君からもらった松坂のTシャツを愛用しています。

2007.10.25

今日は航空会社のマイルについて書きます。1ヵ月ほど前にANAからメールが着て、来年より新しいシステムで運営するとのことでした。次いで一週間前にJALからもANAと同じようなシステムに変更するとのメールが着ました。
准教授の藤本先生と2人で戦略を練って、マイル対策はほぼ完璧と思っていたところに大きな変更があるとのことで、2人でいろいろと検討しましたが、今まで距離より回数で上級会員となっていた我々には、どうも不利な改定のようです。
2社の大きな違いは、ANAは50,000プラチナポイント(小松~羽田間、約30往復分)乗らないと上級会員になれないが、JALは50,000ポイントに達していなくても、50回乗ればなれるという点です。
私はANAの方だけ上級会員ですが、藤本先生は今年中に両方を制覇するそうで、うらやましい限りです。

2007.10.20

中部皮膚科学会で、今京都に来ています。アルゼンチンから帰ってきてからも、講演などでバタバタした日が続きます。
来週も、岡山でCCN研究会がありますし、来月はアメリカリウマチ学会でボストンに行ってきます。私的にはリュウマチ関係の学会のほうが、知り合いや友達も多いので楽しみです。
特に、今年は日本で国際ワークショップを開催したので、いろんな人に再会するのがさらに楽しみです。

2007.10.15

今日は私が現在実行しているダイエットについて書きます。結論から言うと、7ヵ月で8キロ減らしました。
実は、5月に私がChairmanを務めた国際強皮症ワークショップの2ヵ月前に、ズボンが少しキツくなったように感じたからです。まずは3キロ減を目標にして、主食を少しづつ減らしたところ、5月には目標を達成しました。
その後は特に変わらず同じ食生活を続けていたのですが、ビックリの50キロ台突入となりました。
アルゼンチンでは毎日ステーキを食べ、甘いものも遠慮せずに食べていたのに、どうしてでしょうかね。これ以上減らすと、今着ているスーツがすべて着れなくなりそうです。

2007.10.11

以前私のブログで予想したとおり、ヤクルトのラミレス選手がセ・リーグ新記録の204安打を打ちました。当初はペタジーニ選手に隠れて目立たない選手でしたが、日本で10年近く頑張り、球団も移らず、陽気でファンサービス精神にあふれたいい選手だと思います。

では、アルゼンチンの国際皮膚学会のことを報告します。学会の講演内容の目玉はやはり生物学的製剤でした。学会場そのものは講演会場より目立って、日本では見たことも聞いたことも無いような薬剤・機器・化粧品類などが宣伝されていました。
ブエノス・アイレスの治安は決して良くないようですが、平気で地下鉄に乗って学会場へ行ったり、流しのタクシーに乗ったりしました。本当は無線で呼ぶプレミアム・タクシーの方が安全と後で聞きました。それでもアルゼンチンはラテン独特の陽気な国で、人々は明るく親切で、楽しい一週間でした。遠いのが難点ですけれどね・・・。

2007.10.7

今やっとブエノスアイレスの世界皮膚科学会から日本に帰ってきて、成田のラウンジでこの文章を書いています。やっぱりアルゼンチンは遠いですね。学会もお祭り的で、レベルは高くなかったように思います。強皮症のセッションも新しいことが無いというより、教科書的な話で終止しました。
ただ、聞いていたほどアルゼンチンの治安は悪そうでなく、ラテン系の人は陽気で親切ですね。正直、高慢ちきなアメリカ人より、よっぽど好きです。
アメリカから、アルゼンチンに飛ぶ飛行機のチェックインの際、ひとつ早い小さな便のウエイテングにしてくれといわれ、分かったけど理由は?と聞いたら「Do you speak English?」という返事が帰って来ました。細かく説明するのが面倒になったのだと思いますが、挙句の果てにどこかの日本人通訳に電話して、こいつから聞けと言われましたが、説明は同じで理由を聞いても、自分は単なる通訳だから知らんと言われました。
それにしても、15分くらい英語で話した挙句、説明がクリアでないのでなぜかを聞いたとたん「Do you speak English?」ですからね。もちろん、私の返事は「Yes,I do.」です。細かい事はいいから、自分の言うことに質問する人間は、文化人ではないとでもいうのでしょうか。
アルゼンチンは本当にいい国でした。イグアスの滝は本来2日で観光するところを1日で行きました。飛行機が4時間遅れたため、実質3時間しか見られなかったですけど、スゴイの一言です。
週明けから日常に戻って、頑張ります。

▲ページの先頭へ