本文へジャンプ

2008.6.30

 今日はいろいろと書きます。
1)昨日、インディー・ジョーンズの最新作を観てきました。最初の方で出て来た老人、誰って思ったら、ハリソン・フォードでした。映画は面白かったですが、やはり年を取りすぎていますよね。アクション・ムービーの主役としては。
2)陸上のオリンピック代表に小林祐梨子が5000mで選ばれました。彼女には是非、徐々に距離を伸ばしてもらって、4年後のロンドンではマラソンで金メダルをねらってもらいたいですよね。あの瀬古利彦も高校時代は中距離走っていたので。走り幅跳びの池田久美子は落選したみたいですね。
3)最近海外から送られてきた“振り込め詐欺”のメールについて紹介します。癌関連の学会から○○prof.名でメールが送られてきました。何故か学会のホームページはリンクしてあっても開きません。演題をタイトルだけすぐ送ってくれ、選ばれたら参加費と2泊分のホテル代(700ユーロ相当)は免除する。ただしdepositとして130ユーロ送金して欲しい。その分は学会場でcashで返す。何かあやしいですよね。私は癌の研究はしていないことだし

2008.6.27

 今日は、外貨のキャッシュの獲得方法について書きます。
 8月にイギリスの学会に行きます。イギリスの通貨はポンドですよね。日本で両替するとレートが悪いですよね。クレッジトカードのキャッシングは利息がつきますよね。もっともリーズナブルナな方法は、外資系銀行のマルチマネーの日本円口座からATMで現地通貨を引き落とす方法です。これまで、シティバンクバンクがめったに見つからないので、現地の引き落としはあまり考えませんでしたが、プラスというマークのあるATMはすべて使えることがわかりました。ちなみに、息子にこの話をしたら、日本は先進国の中で、唯一海外からのカードがATMで使えない国だそうです。

2008.6.25

 You Tube で甲子園のさよならボークはすぐにみつかりました。
 ところで今日は、映画について書きます。私は金沢のユナイテッドシネマの会員で毎回300円引きで見る事ができ、6回観ると1回タダになります。また、この映画館のいいところは、お勧めの映画を問い合わせるとはっきりとした回答が返ってくることです。逆に「○○砦の○○人はちっとも良くないですよ。よっぽど主演女優のファンならともかく。」なんと非推薦もあるのですよ。今度の日曜日は時間がとれそうなので、是非インディー・ジョーンズの最新作をみるつもりです。この映画について不思議な事が1つ、原作はインディアナ・ジョーンズですが、どうして日本語題で変わってしまったのでしょう。

2008.6.23

 今日は息子に教えてもらったYou Tubeという動画投稿サイトについて書きます。これって正直はまっちゃいますよね。とりあえず 
1)日本シリーズで西武の辻発彦が、巨人のクロマティの緩慢プレーで一塁からセンター前のシングルヒットで本塁まで帰ってきたシーン
2)甲子園、夏の大会の決勝で、松山商業サヨナラ負けのピンチを交替したばかりのライトが間違いなく犠牲フライと思われた大飛球から矢のようなバックホームでアウトにしたシーン
の2つを見ました。

 次は甲子園のサヨナラボークを捜すつもりです。

2008.6.19

 以前にも書いたことがある消費税について書きます。先週出張で行ったフランスでも消費税は20%弱でした。でも、税金が高くて暮らしにくそうな国とは思いませんでした。むしろ日本より高い消費税でいろいろな政策がとれるのだろうなとうらやましくなりました。
 日本の国家経済の歳入が大きく不足していることは今後も続くでしょう。国民の求める福祉・医療もよりコストのかかるものになるでしょう。それでは不足するお金はどこから出すか。江戸時代の松平定信のように節約だけで解決するものではないでしょう。それには公平な増税が必要で、分かりやすく単純で公平な増税は消費税のアップなのです。こんなことは、ほとんどの政治家は理解しているでしょう。でも忘れた頃に小声でつぶやいてみる程度でなかなか実行されません。その理由は2つです。1つは増税を言うと選挙に負ける。もう一つは増税した分がまたバラまき行政に使われ意味の無いものに使われてしまう心配があるからです。今の国民は賢くなっています。消費税を5%づつ段階的に20%上げ、その差15%で何をするか何ができるかをマニフェストで示せば、理解は得られると思います。

2008.6.16

 無事昨日パリから帰ってきました。学会の方は、それなりに勉強になったのですが、それ意外でちょっとびっくりという話を書きます。
 帰りの飛行機が夜の8時だったので、早めに行って少し買い物をしようと思っていたのですが、その時間がまったくなくなりました。その理由は空港の免税払い戻しのところで一時間半以上待ったからです。私の前にいるのは2~3人を除いてすべて中国人。免税の書類を1人数十枚出すので一人に10分ぐらいかかるのです。途中でよっぽど払い戻しをあきらめようかと思いました。実際あきらめて列を抜けた人もいました。ちなみに、私の書類2枚はワイフと娘のかばんです。

2008.6.14

 今パリのヨーロッパリュウマチ学会が終わり、これから帰国するところです。パリの印象を一言。上品で食べるものも美味しいし町並みもきれいですが、ともかく物価が高い。1ユーロ100円の感覚ですね。泊ったホテルの朝食も28ユーロ、、4500円近くするということで、朝は近くのパン屋でクロワッサンとジュースを買って済ませました。それでも1000円近くしますよね。お昼も軽く済ませたつもりが、3000円から10000円かかりました。まあそれでも、とてもたのしかったです。

2008.6.9

 明日からパリでのEULAR(ヨーロッパリウマチ学会)へ行ってきます。最大の楽しみはジョエル・ロブションという日本にも支店のあるフランス料理店へ行くことです。メールがつながらなかったので日本から携帯で予約を入れました。
 なお、私本日で54歳になりました。娘が上海ツアーの写真集をプレゼントしてくれました。

2008.6.7

 来週からヨーロッパリュウマチ学会でパリに出張してきます。勉強のための出張ですが、夜の空いてる時間や学会の前後は食事や観光で楽しみたいものです。というわけで、ガイドブックを3冊買い込みました。最も役に立つのが、なんといっても地球の歩き方です。細かい情報が特徴です。最近よく使ってるのが、るるぶ。もともと女の子の雑誌と思っていましたが、これが意外といい。写真が大きくて、イメージがわくところが特徴です。今回最後の1冊は、わがまま歩きにしました。共通して紹介されているところも、独自で紹介されているところも、いろいろ分析するのが楽しいですね。極端にいうと、旅行にいくまでと、下調べと同じくらい楽しいですね。以上ミスターツアコンのうんちくでした。

2008.6.5

 今日は携帯電話について書きます。以前はタダ同然の値段で機種が買えたのに、最近は分割払い可で5~6万円するのは何故でしょう。それは、以前は本来5~6万円する機種の代金が通話料に上乗せされていたからです。従って以前は頻回に機種変していた人の機種代金をあまり機種変しない人が通話料の一部として払っていたことになります。私は損をしていたということにようやく最近気付きました。
 それでは、本当に通話料は安くなったのでしょうか。答えは「なっている。」です。ソフトバンクの「ただ友」とかドコモの「家族間通話料無料」とか別の形で通話料金が安くなるのです。4月からのドコモの「家族間通話無料」は単身赴任の私にとても助かっています。娘と話をする回数も増えました。

2008.6.1

 今日は、情けないスポーツの結果について2つ書きます。まずは、男子バレーボールのオリンピック予選でイタリアに24対17のマッチポイントから逆転された話です。テレビでは7点差の逆転と言っていましたが、実は25点まで残り1点と8点の差の逆転でラリーポイント制の今のバレーでは考えられない負け方ですよね。サンデーモーニングで張本、大沢氏も批判していましたが、「勝ったと思った気の緩み」「油断」「1つミスしても大丈夫」の積み重ねでしょう。
 次は2点差の9回2死1塁から盗塁を試みてアウトになったジャイアンツです。走者の矢野がコーチに「走っていいですか?」と聞いたそうですが、何故止めなかったのでしょう。走者は関係なく、1点差の9回2死ランナー無しと同じ気持ちで野球をしてもらいたいですね。
 応援しているものを白けさせる2つのスポーツでした。ちなみに、見たのはスポーツニュースでしたけれども。

▲ページの先頭へ