本文へジャンプ

2008.12.30

昨日杭州の家族旅行から帰ってきました。まず、26日の大雪の予報ですが、見事に外れてくれて、積雪0cmでした。念のため、最終便より一つ繰り上げて、東京に戻りました。
 翌日朝早く東京自宅を出発して、昼過ぎ杭州に到着。ホテルにチェックインして、西湖周辺を半周約2時間ウオーキング。西湖天地というおしゃれなスポットにタクシーで移動して、夕食はモダンチャイニーズのレストラン。地元では高級店のようですが、北京ダックやふかひれスープ食べても、一人3000円。そのあとホテルの前での、噴水のレーザービームショーを楽しみました。翌日は日本から手配していた、日本語ガイドの女性の案内で、石仏のある山の中のお寺や、13重の塔の見学。昼食は典型的な中華料理の地元人気店で、旅行ガイドの料理の写真を指差しで注文。その後街を歩いてみやげ物探し。一旦ホテルにもどって、またモダンチャイニーズの別のレストラン。最終日は、中国の歴史に興味がある息子のリクエストで岳飛という英雄のお墓に行きました。諸葛孔明に関係した、書を見つけて息子は大満足。全般に杭州で感じたことは、がきれいでディズニーランドのように掃除をしている人が多くて、こぎれい。上海と比べて、コピー商品の物売りが全然寄ってこない。人が上海より少ないので歩きやすい。タクシーが拾いにくかったのがやや難点でしょうか。個人旅行には少しハンディですが、家族で協力して切り抜けるのも、竹原家の家族旅行です。
 我が家の中国ブームはますます高まり、次回は家族の予定が合えば北京に行きたいです。ちなみに飛行機の中では、往復ともハッピーフライトと言う映画を観ました。劇場で観損ねていた映画で、綾瀬はるかがCA役の話で、ANAが全面的に協力して撮影用に1週間ほど機体を貸したそうです。この映画を観ると、飛行機の中でいろいろ用事を頼みづらくなりますね。

 これで、今年のブログは最後です。

2008.12.26

 今日で今年の外来は終了です。明日から家族で2泊3日の杭州旅行に行ってきます。飛行機はマイルで今キャンペーンをやっているおかげで、家族3人は通常23,000マイルのところ14,000マイルになりました。私は小松から一旦東京によるので23,000マイル。家族4人で65,000マイル、 プラス サーチャージが約10万円。加えて、ホテルはハイアットリージェンシーを現地通貨レートで予約していたので、円高でどんどん安くなって、2部屋2泊でトータル8万円。プラス 現地の日本語ガイドを半日手配して3,500円。あとは食事代とかタクシー代とかですが、年末だからといってツアー料金が高くならないのが、個人旅行のメリットです。とは言うものの、突然1m(??)もの大雪が降るという天気予報で無事出発出来るか心配です。

2008.12.23

 先週終了した将棋に竜王戦について書きます。最終の第7戦は羽生名人と渡辺竜王のどちらが勝っても勝った方が「永世竜王」を獲得する大一番でした。結果は渡辺竜王が三連敗からの四連勝の大逆転で、渡辺竜王の防衛でした。個人的には羽生名人を応援していたので、残念でした。羽生名人を応援していたのには、我が家と少し因縁があるからです。
 今から20年くらい前でしょうか。まだ東京に住んでいた時のことです。私だけでなく、兄の一家、姉の一家も東京に住んでいたため、正月は両親が東京に来て帝国ホテルのお正月パックで宿泊するのが恒例でした。ある年、元旦に羽生名人が宿泊客相手に対局してくれるというイベントがあるというのです。父親は素人四段で、とても将棋が好きなので、私がチェックインの手伝いをして、対局の予約をすることになりました。ちなみに、予約は事前にできず、チェックインした人からということでした。午後早目に東京駅に迎えに行き、午後1時過ぎにはチェックインして早速予約の電話をしました。

「もしもし、将棋の名人との対局の予約をしたいんですけど・・・。」

「えーっと。はにゅうっていう方ですか?」

「あの、はぶって読むんですけど。相当有名な人なのでホテルの方も名前を覚えられた方がいいですよ。」

「すみません。ところで大変申し訳ないのですが・・・。」

「なんでしょう。」(もしや、ドタキャン?)

「はぶさんの方は料金がお高くなってまして。」

「はぁ、いくらでしょう。」(名人になったから高くなっても仕方がないよな。ホテルのイベントとはいえ数万円?10万はしないよな。まぁ払うのは父親だし)

「それが通常の棋士は1局1,000円のところが倍の2,000円になっていまして。」

「私、父親の代理で電話しているんですが、それってちっとも高くないですよ。」(まぁ知らないっていうことは恐ろしいよな)

 ということで、父親は飛車角2枚落ちで指して完勝でご機嫌。しかも、息子は握手をしてもらい、最後に家族全員で記念写真を撮らせてもらいました。素人相手に解説したりするのもとても優しい好青年でした。ちなみに神戸出身の谷川浩司九段(元名人)にも頑張ってもらいたいです。

2008.12.21

 今日は高校駅伝を堪能しました。女子の方は私が本命とした豊川高校が優勝しました。大会前に3000mのランキングをチェックしたところ、ベスト10のうち5人いて、その5人が走ったわけですから、まあ勝って当然かもしれません。アンカーで一時は外国人選手を追い上げた興譲館は3人は記録のいい選手がいて、加えて3区、4区の短い距離を走った1年生2人の頑張りで2位でした。特に1区から1位になって流れを作った小原選手の好走が立派でした。解説の山下佐知子さんも興譲館の爽やかな笑顔が印象的と言っていました。興譲館出身では先日の実業団対抗駅伝で好走し、将来のマラソン日本代表候補と言われている新谷という選手がいます。また3位の立命館宇治には小島(立命館大学)、4位の須磨学園には北京オリンピック5000m日本代表の小林祐梨子がいます。日本の長距離女子陸上は益々期待もてそうです。
 男子の方はやはり私が本命とした佐久長聖がぶっちぎりの優勝でした。5000mのランキングで50位以内に8人もいるのでやっぱり強かったです。アナウンサーが「佐久長聖の選手はみんな同じ走り方に見えます。」と言っていましたが分析不足ですね。私も同じように感じたのですが、肩を落として腕降りをやや小さくリラックスして走るのは箱根駅伝で現在3年連続区間新を出して、来年4年連続に挑戦する東海大の佐藤悠基選手の走り方に似ているのです。ちなみに佐藤悠基選手は佐久長聖出身なので、多分指導者がしっかりしているので同じようなフォームになるのでしょう。私が応援していた兵庫県の西脇工業は、例年通り(?)一区で出遅れて7位に沈みました。
 ところで、テレビのアナウンサーの発言で気になることがありました。やたら日本人だけの最高記録とか、日本人だけの区間新記録とか日本人だけの区間最高とか言うので、少し耳障りでした。留学生もルールの内で走っているのですから、少なくとも日本人だけの区間最高っていうのはあまり強調して欲しくないですよね。また、一区の区間賞について「10数年ぶりの日本人区間賞です。」と解説してましたが、今年は外国人留学生は1区を走れないので日本人が区間賞を取るのは決まっていたわけで・・・。
 次は箱根駅伝が楽しみです。駒澤大学が強いと思います。佐藤悠基選手の4年連続の区間新への挑戦も期待しちゃいます。

2008.12.18

 今度の日曜日は、待ちに待った高校駅伝です。今回は、私なりの予想をしてみました。男子の本命は昨年僅差の2位だった佐久長聖、5000mのランクの上位者がずらりといます。対抗は過去10年ケニア人選手を擁して常勝の仙台育英、次に予選タイムランキングトップの西脇工業です。女子の本命は、予選タイムランキングトップの豊川高校、対抗は須磨学園、次に昨年優勝の立命館宇治でしょう。男子ともに兵庫県の西脇工業と須磨学園を応援したいです。1区で外国人選手が走れなくなったルールー改正が明暗を分けそうです。結果の分析は来週のブログで書くつもりです。

2008.12.15

 いよいよ、駅伝シーズン真っ盛りです。昨日は午後から実業団対抗女子駅伝があったのですが、北陸地方会があったため、ビデオで録画して結果ががわからない状態で、夜観ました。途中まで常勝三井住友海上の圧勝かと思いきや、小出義雄監督指導する豊田自動織機がまさかの大逆転でした。北京オリンピックの5000mでわずかに決勝進出を逃した小林祐梨子はまだ、実業団登録でもめているようで、出場出来なかったようですが名伯楽である小出監督の元には次々と有望選手が集まってきているようです。来週はいよいよ高校駅伝です。今年から10kmの1区では外国人選手が走れなくなったようです。私の出身の兵庫県は、1989年から98年までの10年間で外国人選手抜きで実に8回優勝しています。西脇工業が6回で、報徳学園が2回です。ところが1999年から2008年の10年間は大牟田1回、西脇工業1回を除いて、外国人選手を擁する仙台育英7回、世羅1回となってしまいました。今年は外国人選手抜きのチームを応援したいです。

2008.12.11

 少し古い話ですが、WBCの中日の全員辞退について書きます。やっぱり選手としては、出たいのが普通で、辞退は球団の指示でしょうね。まあ、岩瀬は辞退したほうが本人のためにもいいでしょうが。森野は、若手ですし、目立った怪我も無さそうなので、出場すべきでしょう。原監督、日本シリーズで学習して、継投間違えないようお願いします。来年が楽しみです。

2008.12.8

 先日の新聞で今年の流行語大賞、「アラフォー」と「グ~」が真の意味で流行したわけではなく、適当では無いと批判されていましたが、私も同感です。正直どちらも聞いたこと無かったです。本人が辞退したからしょうがないでしょうが、福田前首相の「あなたとは違うんです。」の方が良かったですよね。麻生総理の総選挙解散についての「私が決めます。」も候補にすれば良かったじゃないですかね。あるいは居酒屋タクシーも可と思います。

2008.12.6

 昨日、ちょっと早めの家族のクリスマスディナーに出掛けました。今回は神楽坂のフレンチに狙いを絞って、ラ・トゥーエルという店で、とてもナイスでした。オーナーが最後にいった、神楽坂にある数ある頑固な店の一つですという言葉が印象的でした。値段もコースが1万円でお手軽で、コースといいつつ前菜もメインもデザートもチョイスできるのが特徴です。どうも神楽坂は今ホットなスポットなようです。

2008.12.3

 先週末の女子ゴルフはテレビ放送で観れなかったのですが、すごい奇跡が起こったようですね。年間賞金女王になった古閑美保は、優勝が絶対条件。16番ホールを終了してトップと4打差は通常絶望ですよね。それが、バーディー、バーディーで、トップがボギー、ダブルボギーで逆転。競っていた不動裕理が1メートルのバーディパットをはずして更に3パットでたなぼたの優勝。おまけに、賞金トップだった季が最終ホールでボギーのため10位になり、1打差で賞金2位へ。ありとあらゆる可能性が総合しての賞金女王ですね。放送観たかったです。

2008.12.1

 とうとう12月です。今朝は車のガラスに霜が降りていました。 
 ところで、昨夜はNHK総合とNHKBS2で2度「篤姫」をみました。クライマックスの「無血開城」でした。この大河ドラマについては時代考証や脚本にいろいろと批判があるようですが、「ドラマ」としては宮崎あおいという女優の魅力が引き出された、とても楽しい番組だと思います。ほとんど1年間欠かさず続けてみました。あと1~2回と思います。

▲ページの先頭へ