本文へジャンプ

2009.5.29

昨日、久しぶりにアトピー性皮膚炎の医療の混乱についてメディアの人、約30人に対して講演しました。終了後に、仲のいい記者さん、と言っても二人とも偉くなって今ではデスクですが、と焼肉を食べに行きましたが、メディアの世界も若い人は、アトピービジネスとかステロイドバッシングとか知らないので今日の話は新鮮だったと思いますよと言われてしまいました。確かに私がアトピービジネス論を提唱したのはよく考えると10年以上前のことになります。これまでいろいろなことがありましたが、まだまだこの病気の理解が不足して人生で損をしている人が少なくありません。 昨日の講演の内容の一部は、昨年アトピー性皮膚炎に対して適応症追加になった免疫抑制剤の適正使用についてでしたが、今話題になっている新型インフルエンザに罹患した際に重症化するリスクに例えて患者さんに説明していることも話しました。実際ほとんどの患者さんが、やっぱり思ってた通りですね、でも予防しておかしければ早めに病院にかかればいいんですよねと、冷静な反応でした。
後10日ほどで、デンマークでの学会に行ってきます。来年の第1回世界強皮症学会についての大事な会議も早朝の7時半からあるようです。

2009.5.25

新型インフルエンザの流行も下火になってきたようです。これから梅 雨になると更に感染はおさまりそうです。
ところで、このインフルエンザ騒動で、得をしたように思われる人がいます。さて誰でしょう。
それは、総理大臣の麻生さんでしょう。ちょうど、鴻池官房副長官の スキャンダル、辞任騒動が、インフルエンザでどこかにいったように 思います。以前の赤城農相の毛庖炎より今回のほうが悪質だと思うの ですが。国会をさぼって、議員パス使って、前回のスキャンダルから 日にちも経ってなくて。任命責任のある麻生さんも火だるまになるは ずが、みんな忘れてしまったみたいです。
さあ、総選挙はどうなるのでしょうか。私の予想は共産党を除いて、自公も民主連合も過半数を取れずに、政界再編成が起きるというものです。選挙は、いったいいつになるのでしょう?

2009.5.21

いよいよ新型インフルエンザがパンデミックに広まってきたようです。連休のころから思っていたのですが、強毒化する前にある程度流行したほうがかえって日本人全体の免疫力が獲得されていいのではと。風邪で熱があるときは、冷静に仕事を休んで家で寝ているのが、自分のためにも、周りのためにも一番いいと日本人が確認するいい機会になったのではと思います。

2009.5.18

まさか私自身がこんなに早く新型インフルエンザ事件に巻き込まれるとは・・・
土曜日に神戸で小児科の先生の講演会に呼ばれていたのですが、新幹線の中で携帯に連絡があり、インフルエンザのため中止するとのことで・・・ 朝私の方から連絡して予定通りと聞いていたのですが。結局一晩泊まって墓参りに行って帰ってきました。やはり、ちょっと騒ぎすぎで、季節性のインフルエンザと同じ扱いでいいのではと思います。

2009.5.15

金沢大学皮膚科のホームページで、強皮症相談by竹原を開始しました。はじめてから、まだ2週間ぐらいですが、数件の相談が来ています。どの相談も、なるほどそれなら不安になって相談したくなるだろうというものでした。ある意味、患者さんは医師の実力や自信のありなしをよく見抜いてるものだと思いました。かつて、日本皮膚科学会の仕事としてアトピー性皮膚炎の相談を数多く回答してきましたが、強皮症の相談は1件1件が深刻でより気の抜けないものです。回答すること自体はそれはど負担ではないので、もっと相談が増えて困っている患者さんの力になれれば嬉しいです。

2009.5.11

大学病院の外来棟の移転が先週終了し、今週から本格的に新外来棟で診療が始まりました。私自身は予約を思い切り絞ったおかげで、大きなトラブルもなく、今日の外来を終了しました。ところで、新しくなったシステムについて、いろいろ使い勝手の悪い点が多く、何とか改善してもらいたいと思います。

2009.5.8

日本のプロ野球では、若い選手が大活躍です。西武の岸、楽天の田中、読売の坂本などなどです。パリーグの最多勝利は西武の岸ですが、セリーグの最多勝利は誰でしょう。なんとセットアッパーの読売の山口が4勝で単独トップです。昨シーズンもリリーフで12勝上げ、新人王になりましたが、今年も山口が投げると試合がひっくり返るようです。我が教室にも、化けるほど成長する人が出現することを期待したいと思います。

2009.5.6

毎日のように、新型インフルエンザの疑いの人が隔離され数時間後には、季節性インフルエンザだったと報道されています。息子の話では、都内のある大学では、日本のどこかに一人でも新型インフルエンザの患者が発生すれば直ちに休校だそうです。例えば、沖縄の孤島で発生しても都内の大学が休校してしまうと言うのは、ちょっと過剰反応ではないでしょうか。とりあえず個人的な心配としては、6月にコペンハーゲンである学会に参加できるかどうかです。デンマークも1人だけ患者が発生しているようですし。

2009.5.3

ただいま連休の最中です。今年は、2月から4月にかけてスケジュールがかなりハードだったので少しゆっくりしています。とはいうものの、5月には4回講演があるのでそのスライドの準備もしています。 ところで、テレビのニュースは新型インフルエンザの話で持ちきりです。正直ちょっと騒ぎすぎかなと言う気もします。メキシコではどうも1ヶ月以上前から流行していたようですが、いまはかえって落ち着いているようでよね。死者もメキシコ人で治療が後手に廻った人に限定されているようです。日本からの海外渡航者は会社の出張や大学関係者の学会出張がキャンセルされ、ゴールデンウイークのレジャー観光客はほとんどキャンセルされていないようです。正直鳥インフルエンザの方が、潜在的には、脅威が大きいと思います。

▲ページの先頭へ