本文へジャンプ

2009.12.31

いよいよ大晦日です。今年もいろいろなことがありましたが、忘れられない患者さんも大勢来られました。その中でもロシアからの強皮症の患者さんが一番印象的でした。息子さんが日本に長くいて、日本語もぺらぺらでしたので通訳をしてもらえましたがともかく緊張した診療でした。幸い軽いタイプの強皮症だったので、いくつかの注意点をお話してそれ以外は心配しすぎない方がいいですよと言ったところ、「日本に来るまでは凄く心配だったけれど、かなり安心できてよかった。日本に来て本当に良かった。」と言って貰いました。旅行のビザで着ているはずなので保険も効かないはずですが必要な検査は全部やってくれということでした。本当に親孝行な息子さんでした。ちなみに金沢大学のことは日本語のインターネットで調べたようでした。

2009.12.30

今朝バンコクから帰って来ました。娘はタイの国に溶け込んで、まるでタイ人のようでした。向こうにいる日本人から、タイ人と思われて「ずいぶん日本語上手だね」といわれるそうです。2泊という短い滞在でしたが、見るべきもの、行くべきところは十分行けたように思います。ただ、私は辛いものが苦手で何度も口の中が火事になりました。でも本当に微笑みの国でした。また行ってみたいです。

2009.12.25

来週の月曜日は休みをもらって娘のいるバンコクに行ってきますので私にとっては今日が御用納めです。午後の臨時アトピー外来で今年の診療は終了です。今は冬休みですので患者さんのほとんどは学童です。その中で前回の夏休みには悪化傾向にあった患者さんの親御さんに、あるおまじないをかけたところ今回は別人のように改善していました。それは以下のおまじないです。「おかあさん。僕のアトピー外来って時に補習があるんですよ。次回冬休みの前半に来てもらって、あんまり良くなかったら冬休みの後半にもう一回来てもらおうかな。もちろんふつうに頑張って状態良ければ一度でいいんですよ。」今のところ前回おまじないをかけた人は全員見違えるくらいきれいになってきています。また次回の春休みにかけておまじないをかけた人も何人かいます。時々困るのは、薬真面目に塗るより2回来たほうがめんどくさくないという人ですね。それとこのおまじないは北陸3県以外からの人には使いづらいですね。

2009.12.24

今日はクリスマスイブですが、金沢で一人です。 いよいよ箱根駅伝の予想を書きます。ズバリ、駒澤大学を本命にします。理由は4年生がしっかりしていて、そのぶん今年勝てないと当分勝てそうにないからです。順当に予想すると、東洋大学の2連覇なのですが、プッレシャーに勝てずに負けるような気がします。またタイム的には早稲田が一番ですが、監督の采配に疑問が残ります。その他、日本大学、日体大、明治大学、城西大も侮れません。勝負の明暗を分けるのは、繋ぎの区間といわれる3,4区でしょう。特に実力のある1,2年生がブレーキにならないかが鍵です。正月が、本当に楽しみです。

2009.12.21

昨日は高校駅伝でした。私の応援する兵庫県は男女とも2位で、ケニア人を擁する世羅、豊川に敗れました。
男子については、兵庫県で2位だった西脇工業が全国大会でも2位と健闘、女子で私が本命とした興譲館もエースの欠場と1区での転倒がありながら、3位は立派です。私の予想は外れましたが、本命とした高校が3位と2位なのでまあまあでしょうか。
ところで、駅伝のケニア人留学生は本当にいいのでしょうか。たまたま日本にきたケニア人が陸上競技をして活躍するのはいいのですが、高校の名前を有名にするために、本来余暇である陸上競技目的のケニア人を連れてくるのはどうなんでしょうか?なんか高校のスポーツが高校野球のようにセミプロ化しているようですっきりしません。

2009.12.18

いよいよ雪です。最近の長期天気予報で今年は極端な暖冬で昨年よりさらに雪が少ないと言っていたので、天気予報は外れるというジンクスからすると雪が多くなりそうでいやだなと思っていたのですが、いやな予感が当たりそうです。 今度の日曜日は高校駅伝です。大胆予想で、男子は兵庫県大会と近畿大会の両方で須磨学園に負けている西脇工業を本命に推したいと思います。理由は伝統の力です。女子は、持ちタイムでは愛知の豊川が圧倒的に強いのですが、2連覇のプレッシャーもあるので岡山の興譲館を本命に推したいと思います。結果はどうでしょうか?年内に箱根駅伝の徹底分析も終了したいと思います。

2009.12.16

日本の政治、特に外交の混乱はひどいものです。3党が集まって決めたことは当分普天間基地については結論を出さないというのは、待っているアメリカに失礼でしょう。地位協定にしても通常では無い譲歩をアメリカがしてくれているわけですから。それから鳩山家の子供手当もひどいものです。お母さんが子供に資金を出していることを息子達に言わないのは通常あり得ないですよね。秘書がねこばばしないよう伝えておくはずですよね。その結果について,司法の判断待たなくても、親子なんですからさっさと確認すればいいんですよね。正直鳩山内閣はもって来年春までではないでしょうか。隣で管さんが出番を待っているように思います。

2009.12.14

昨日は実業団の女子の駅伝がありました。学会のためライブでみれなかったので、ビデオを撮り夜結果を知らない状態でみました。本当に駅伝は走ってみないと分からないものですね。優勝候補の豊田自動織機が1区で出遅れそのまま立て直せず。東日本で4位に沈んだ三井住友海上が総合力で2年ぶりの優勝でした。来週の高校駅伝も楽しみです。月刊陸上競技マガジンの予想では、ケニア人を擁する世羅と豊川がそれぞれ男女の優勝候補ですが、兵庫県の高校を応援したいと思います。

2009.12.11

今日の読売新聞に箱根駅伝の記事がありました。自分なりに、いろいろ分析してみましたが、消去法で考えていくとすべて消えてしまいました。東洋大、早稲田、駒澤が3強と言われていますが、1万メートルの平均タイムが一番よいのは日体大で、二番が城西大です。東洋大は、1,2、区がカギで5区の柏原でトップになることが、優勝の絶対条件です。早稲田は1、2年生のがんばり次第でしょう。駒澤は4年生の4人がしっかりしています。明治も意外と侮れないのですが。今のところの私の予想は駒澤としたいと思います。

2009.12.9

いよいよ年末から年始にかけて、駅伝が目白押しです。今週末は女子の実業団、次は男女の高校駅伝、正月は実業団の男子と箱根駅伝、1月は男女の全国都道府県駅伝と続きます。私が特に注目しているのは男子の高校駅伝で予選のタイムが伯仲しているので見逃せません。特に兵庫を中心とした近畿勢と九州勢が有力と思います。女子の高校駅伝は、愛知の豊川、兵庫の須磨学園、岡山の興譲館に加えて九州勢が有力です。箱根の予想は今度書きます。

2009.12.7

サッカーのワールドカップの予選の抽選結果が発表されました。日本はFIFAランクの上の国とばかりの組み合わせになったと報じられています。しかし、調べてみると元々日本より下は、開催国の南アフリカを除いて、北朝鮮、韓国、ニュージーランドとアジア、オセアニアの国だけです。つまり、南アフリカ以外格下の国と組む可能性は無かったのです。どうやら、日本と同じ組に入った国がラッキーと思っているようです。

2009.12.6

今朝のニュースで、亀井大臣がはしゃいで「私が政府です。」と発言しているのが写っていました。ホンとはしゃぎすぎですね。社民党は沖縄問題で、政権離脱寸前です。鳩山総理はなんだかんだ言って、総理になってから何か決断したんでしょうか。今年度の補正予算で執行停止した分は、結局新たな補正予算で復活のようです。国民の多くの人が政治について考えるようになったのは、民主党政権として評価できますが、事業仕分けのように政治をワイドショー化したポピュリズムは小泉政権と変わっていないように思います。

2009.12.4

今日は日本研究皮膚科学会参加のために福岡に来ています。今年からこの学会はすべて英語で行うようになりましたが、実際いろいろな発表とか聞いていると少し違和感があります。私は理事を離れて長いので、そのようになった経緯はよく分からないのです。アジア研究皮膚科学会であれば、全部英語でもでよいのですが。ところで、この学会に出席予定の教室のドクターが新型インフルエンザで欠席することになりました。ついに身近にきたかという感じです。半年前に厚生労働大臣が必ず水際で食い止めて日本には入れないと言っていたのはなんだったんだろうと思います。

2009.12.2

昨日、私にとっても教室にとっても、大変嬉しいことがありました。来年度新たに皮膚科教室に入局してくれるドクターが一夜にして二人増え、計3人になりました。当教室も氷河期をやり過ごし、状況が少し改善してきたように思います。 ところで地方の医師不足については、私の考えている以下の案で、解消できると思うのですが、いかがでしょうか。それは、国が地方の自治体病院や公立病院で働く医師に、地方加算手当を支給するのです。例えば石川県でいうと金沢市の病院の場合は今までの給与まま、輪島市だと本給に加えて国から年額300万円、珠洲市だと年額500万円と地域ごとに給与に差が出るようにするのです。そうすると、給与を優先したい人はより田舎に、生活を優先したい人は都会にと自然に医師が配置されると思うのです。全体としてそれほどお金はかからないと思うのですが。

▲ページの先頭へ