本文へジャンプ

2010.2.28

冬季オリンピックで初めて我が家で盛り上がりました。朝5時におきて、女子パシュートの準決勝で勝利。決勝も僅差で惜しかったです。最後の1周まではかなり、リードしていたのですが。それでも立派です。メダル1個と入賞2つの小平選手4年後も頑張ってもらいたいと思います。

2010.2.26

今日は、大学の入試の面接試験のため、冬季オリンピックの女子フィギィアのフリーを観ることができませんでした。 それにしても、キムヨナの得点な高さは、凄いものです。我々素人には分からない細かいところでの、技の完成度が、浅田真央とはレベルが違うそうです。

2010.2.25

バンクーバ冬季オリンピッック終盤です。しかし開会式の時点で海外にいたせいか、スポーツ好きの私としては盛り上がりません。放映の時間がしっくり来ないこともあります。最後、真央ちゃん頑張って欲しいと思います。

2010.2.21

今学会で東京に来ています。最近学会の懇親会で気になる光景を数回みました。懇親会にコートを着たまま出席し、立食で食事しているドクターがいるのです。男女とも見かけました。本人はマナー違反だとは思っていないのでしょうが、自分で周囲を見て、自分に違和感を感じないのでしょうか。クロークが並んだりしていて、コートを預けたくないというのも理由かもしれませんが。

2010.2.20

バンクーバーの冬季オリンピックで高橋選手が銅メダルを取りました。素晴らしいです。でも冬季オリンピックを見るたびに思い出すことがあります。以前スピードスケートで金メダルを期待されていた選手が惨敗したときのことです。テレビ局が選手の実家の前に集まっていて、選手のお母さんが「申し訳ありませんでした。」と頭を下げて謝ったシーンです。謝る必要なんてないのにと思いました。今度のオリンピックもみんなさわやかに頑張って欲しいと思います。。

2010.2.18

イタリアの学会の行き帰りの飛行機で、2度も同じ映画を観てしまいました。強い風が吹いているという箱根駅伝をテーマにした映画です。劇場でも観たので合計3回観たことになります。つくづく自分は駅伝マニアだと思いました。最初にこの映画のことを教えてくれた娘に感謝感謝です。

2010.2.17

フローレンスの国際学会の際に以前日本人の落書きで話題になった、大聖堂に行ってきました。女子大の学長が謝りに行ったり、新婚旅行で訪れた高校野球の監督が解雇されたところです。正直、落書きだらけの出口の千以上のサインの中に身元が分かるサインをしただけで、日本人は騒ぎすぎです。多分サインをした人たちは、サインをすることがいけないことだと思わなかったから、身元が分かるサインをしたのでしょう。一説によれば、高校野球の監督は入り口で壁にサインをすると幸せになれると言われて、サインペンを買わされたそうです。フローレンスの橋の上からの夕日はとてもきれいでした。

2010.2.14

フローレンスでの3日間の強皮症学会が終了しました。さすがに疲れました。午後のフライトで日本に帰ります。最終日に少し観光しようと思ったらたいていのところが、休みでした。

2010.2.12

今フローレンスに強皮症の国際学会で来ています。登録が1500人を超えたようですごい人です。昨日無事に座長を済ませました。急な打ち合わせが入って予定していたピサの斜塔にいけなくなって残念です。次は2年後にマドリードであるようです。

2010.2.10

今から、フローレンスの学会に出かけます。今成田です。ところで、小松空港でのチェックインの際に、びっくりすることがありました。

「行き先はシアトルですね。」
「びっくりさせないでくださいよ。フローレンスですよ。」
「座席はどうしますか。」
「予約はいっているはずですが。」
「いえ、ありません。」
「でも、こちらの日程表にはありますよね。」
「ちょっとお待ちください。」
「結局どうなりました。」
「同じ成田行きに同じ苗字のタケハラ様がいたので、間違えただけです。」

念のため書きますが、私は、e-ticketとパスポートとアナカードを渡していたのですが。はっきりした謝罪無く開き直る態度にただただあきれました。アナさんライバルが落ち込んでるからといって、油断しないでくださいね。

2010.2.8

先週の週末は医局旅行で山代温泉に出かけて来ました。旅館のご配慮で豪華露天風呂付きの個室でした。そういえば、この冬初めて蟹を食べました。また普段聞けないような医局員の趣味の情報などが入手できて楽しかったです。明後日から強皮症学会でイタリアのフローレンスに出かけてきます。冬季オリンピックと少し重なるのが残念ですが。

2010.2.5

昨日岐阜で講演し、今朝金沢に帰ってきました。少し古い話ですが先週の大阪国際女子マラソンについて書きます。凄いと思ったのはルーマニアのシモンです。もう40歳近いと思うのですが、粘りの走りで4位です。シドニーオリンピックで高橋尚子と激走してから10年ですがまだ健在です。日本で人気があるようでよく日本のマラソンに参加しています。最近日本の若手女子が伸び悩みなのが気になります。

2010.2.2

昨日新聞の作文を読んだアトピー性皮膚炎の患者さんとその家族が九州から、入院を希望して来院されました。10年以上にわたる脱ステロイド療法に行き詰まっての来院でした。特別な説得も必要なくこれからは今までのやり方を変えて、アトピー性皮膚炎と向かい合ってみたいとのことでした。本当に作り物ではない作文の力って凄いものだと思いました。

▲ページの先頭へ