本文へジャンプ

2010.4.30

いよいよゴールデンウィークです。今日金曜日を年休にして、7日連続の休みになりました。この連休は特別な予定は無く東京でのんびり読書三昧で過ごそうかと考えています。今日までに買い込んできた本は、WBC戦記、JAL崩壊、世界経済、太平洋戦争の新分析などのノンフィクション系が主で、小説では東野圭吾を1冊買っています。家の近くの本屋さんも一通り廻ってみようと思っています。それから、以前から気になっている野球博物館にも行ってみようかと考えています。

2010.4.28

明日からゴールデンウィークです。今年は曜日の並びがよく、まるまる1週間のんびりできそうです。ところで、昨日のニュースでの民主党小沢幹事長のコメントには、あれっと思いました。検察が起訴できなかったことを受けて、潔白が証明されたと主張していましたが、それは違います。有罪であるという確たる証拠が得られなかっただけで、潔白が証明されたわけではありません。私はかつてアトピービジネスと戦っていましたが、個々のアトピービジネスについて明確に詐欺だということが証明できなかったので、総論としての社会悪の存在を訴えたわけなのです。小沢さんの主張が正しければ、アトピービジネスの人にとっては、摘発されないこと自体が免罪符になっちゃいますよね。

2010.4.26

しばらく前の話題ですが、アイスランドの火山でヨーロッパ線の飛行機が止まっていました。実は皮膚科学会総会と重なっていたので辞退したのですが、あるセミナーに招待されていたのです。もし、出席の予定で動いていたとしたら、ジャルならモスクワの上空で引き返していて、アナなら数日フランクフルトに留め置かれたようです。飛行機が飛べないことを理由にたっぷりとドイツ観光をしてみたかったような気がします。

2010.4.23

今リウマチ学会で、生まれ育った神戸に来ています。神戸に来て、自分が方向音痴であるわけが分かりました。神戸では方向を考えなくても、坂の下った方向が南、上がった方向が北、坂でない道は東西と決まっているからです。神戸の町は山が削られてマンションが増えてるような気がしました。

2010.4.21

あと1週間でゴールデンウィークです。現在の政府には連休分散論が出ているようですが、全くナンセンスです。日本全体が休みでないと気分的に休めないのが、日本人気質です。この案の是非よりも、どういう人がどういう考えでこんなくだらない案を思いついたかに興味があります。

2010.4.19

飛行機でよくリクライニングシートを倒す際に「後ろのお客様に配慮してください」とアナウンスしています。これって具体的にはどうするのかといつも思っていたのですが,最近英語のアナウンスで謎が解けました。 「Please use reclining seats slowly」でした。何故日本語では複雑な言い方をするのか謎です。

2010.4.17

今日本皮膚科学会の総会で大阪に来ています。理事会やその他の役職に関係した仕事で時間がつぶれ、学会そのものはあまり聞けないでいます。理事会は毎朝7時からなのでちょっとつらいです。来週はリュウマチ学会で神戸、連休明けはアレルギー学会で京都なのでなんか、3都物語ですね。ただし、特別に観光する予定はありません。

2010.4.14

タイの政治が混乱しています。我が家的には、3月中に娘が帰国してくれていて一安心です。もしまだ向こうにいたとしたら、お父さんは迎えに行ってたかもしれません。昨日のニュースでいっていた黒装束の第3の勢力とは何者なのでしょうか。謎です。

2010.4.12

日本の政治が本当におかしくなっています。普天間基地問題で鳩山内閣の退陣は必死です。ついこの間、自信ありげに腹案があると言っていたのは何だったんだろうと思います。次の総理大臣は管さんでしょうか。高速道路の無料化も分けの解らないことになっています。来年度以降の子供手当はどうするんでしょうか。消費税のアップを含めた議論のやり直しで、直ちに解散総選挙を行うべきです。

2010.4.10

今朝の新聞にちょっと驚く記事がありました。全国の郵便局の防犯カメラを撤去するのに、32億円も要するというのです。元々、強盗や横領対策で設置されたようですが、業務を監視されているという組合の反発で取り外すことになったようです。公共の利益と組合員の利益のどちらが大事なのでしょうか。これって、やはり選挙の弊害でしょうか。亀井大臣には早く引退していただいて、やはり郵政は民営化して欲しいと思います。それから、今の民主党政権の政治ではすべて、民主党党幹部の参議院選挙に勝つためだけの考えで政策が決められているように思います。

2010.4.9

先日の家族の香港旅行について書きます。ずばり、家族で一番人気だった場所はどこか紹介したいと思います。それは、金魚街といってほぼ2~300mの通りの半分ぐらいの店が金魚をビニール袋に入れて売っているのです。そのほかには、亀とかウサギなどの動物も売っていました。金魚は香港人にとってとてもおめでたい魚で、そのため専門街があるのです。通りに入った途端、家族全員で、おおっとという感じになりました。今回の旅行のミスターツアコンには、家族から合格点をもらえたようです。

2010.4.8

政治の世界で新党が続々と出現しています。しかしながら、かつての新自由クラブや日本新党のような新鮮味がありません。閉塞した国民の感情をスカッとさせてくれる政治家はいないのでしょうか。でもそれはそれで、危険なことかもしれません。想像ですが、かつてのドイツのナチスはいまのような閉塞感のなかから台頭したようにも思います。民主党に地に足をつけた政治を期待したいと思います。

2010.4.6

紹介が少し遅れましたが、4月から新たな仲間が3人教室に加わってくれました。私が金沢大学に赴任した頃のように10人近くの入局は夢物語ですが、ここのところ毎年3,4人はコンスタントに仲間が増えています。来年から始まる皮膚科に特化したコースへの参加を表明してくれた学生もいます。私の任期はあとちょうど10年になりましたが、若い人の元気をもらって何とか任期終了まで頑張りたいと思います。

2010.4.4

今家族の春休み旅行の帰りで、ブログを羽田のラウンジで書いています。香港からの夜行便で日本に帰ってきたところです。香港の夜景や、マカオの日帰り観光、ディープな中国の待ち歩き、本格中華などで家族全員大満足のようです。これで、竹原家はここ2年で、上海、杭州、北京、香港と主要な町を制覇しました。家族全員で旅行できるチャンスももうほとんど無いと思いますが、あと一度行けるとすると、台北に行きたいです。

▲ページの先頭へ