本文へジャンプ

2010.8.30

それほど真剣に見ていたわけではないのですが、昨日日本テレビの24時間テレビで、はるな愛が「愛は地球を救う」というテーマで走っていました。とってもとってもご苦労様だと思いますが、どうして彼女(?)が走ると地球が救えるんでしょう。それに、このマラソンをやるに当たって、かなりの経費がかかりそうです。最初は、間寛平が阪神淡路大震災の復興を願って走り出したようなのですが。それから、みんな100km走るかと思いきや、はるな愛は85kmしか走っていませんでした。ネットで調べてみると、最初の司会者の萩本欽一はギャラを全額寄付したようですが、いまはどうなんでしょう。スポンサーの広告料も寄付には廻らないのでしょうか?チャリティーなら、すべてノーギャラ、ノー収益にしたらどうでしょう。例えば、アイドルと握手すると五千円にして武道館に行列を作るとか、中小企業が広告を10秒3万円でできるとか、みんなで市民マラソンをして1万円ずつ参加料を払うとかです。

2010.8.29

何年かに一度の国勢調査に凄く真面目に協力していたつもりですが、百二十歳とか二百歳が戸籍上生きているってなんなんでしょう。勿論詐欺とかで捕まった人も悪いと思いますが、死んだ人を生きていることにしても、年金とか貰えてしまう行政のいい加減さに呆れます。

2010.8.28

TBSの報道特集で、民主党の代表選について抵抗感のある小沢さんと存在感のない菅さんの最大不幸の争いと言っていましたが、そもそも代表戦の制度に問題があるのではと思います。例えば、オリンピックチャンピオンは4年に一人なので値打ちがあるので、半年ごとにオリンピックを開催したら有難味が無くなります。そも そも、鳩山さんが辞任した時点で、リセットして次の代表の任期を3年として後任を選べば良かったのです。まあこれからどうなるか面白いといえば面白いのですが、日本の将来を国民の一人として真剣に心配しています。。

2010.8.27

やはり、民主党の代表戦に小沢さんが、出馬するようです。今日、小沢派の女性代議士が検察の調べで小沢さんの潔白が証明されたわけで・・・と話していましたが、この意見には異議があります。検察は有罪とするに十分な証拠が揃わなかった結果、不起訴としたわけで潔白であると認定したわけではありません。私は、以前アトピービジネスと戦ってましたが、ほとんどのアトピービジネスは法律に違反するかどうかのぎりぎりのところで悪事を働いており、個々の業者を刑事告発することは叶わなかったため、総論としてのアトピービジネスという悪の存在を世に訴えたわけです。小沢さんが勝っても負けても民主党は分裂でしょう。分裂しないとすれば、小沢さんが負けて、分裂しようにも誰もついて行かない場合だけでしょう。日本の政治を混乱させたいう意味では、鳩山さんの罪は万死に値すると思います。

2010.8.26

小沢さんは本当に、民主党の代表選に出馬するのでしょうか。多分、鳩山さんや菅さんのあまりに稚拙な政治に耐えきれなくなったのではないかと思いますが、やはり政治と金の問題はクリアーすべきです。具体的には、国会の証人喚問をクリアーするということが、日本の総理大臣への条件です。それにしてもおかしなのは鳩山さんです。総理経験者は、影響力を残すべきでないから次の選挙で引退すると言っていた人が、暗躍しすぎでしょう。政治の空白があってもいいから、政界再編、総選挙で日本の政治をリセットしてみたらいいと思います。

2010.8.25

円高が進んでいます。日本の政府は何をしているのでしょう。注意深く見守ると いうのは、日本の官僚的対応ですね。円が強いと言うことは、世界全体を見渡す と日本が金持ちになっているということですよね。ただし、製造業が日本から出 て行って、日本がカラになることが心配です。

2010.8.24

先日のブログでも書きましたが、携帯が不調なので昨日ドコモショップに行って 来ました。機種変が必要かと思いきや、5万円以上と言われ焦りました。ところ が、アンテナ部分が折れているので、修理か故障交換はどうかと言われました。 どちらも5千円ということでしたが、何故か故障交換を勧められるので、そうし たところ本部からの電話を渡され、同一機種がないので同じ系統の新しいもので いいですかと。結局最新機種への変更が4千円で、できちゃいました。長く使っ ているので更に千円引いて貰いました。新しい機種と実際の交換は来週になりそ うですが、ラッキーでした。

2010.8.23

今日は久々にアトピー性皮膚炎の患者さんの初診が7名も来院されました。そのうち、石川県在住の人は、わずかに2名で北陸外も3名いました。遠くから来て頂けることは医者冥利に尽きることですが、近くでなんとかならなかったのかと思うと本当にお気の毒です。最近気付いたことですが、外用さえきちんとすれば1週後には痒みがほとんど無くなっているはずですよと言っても、まず信じてもらえないのです。翌週の患者さんの笑顔を想像することで、ますます外来が楽しくなりました。

2010.8.20

最近気になっていることを書きます。数日前に、国会議員が交通機関の議員特権パスを悪用して家族に利用したことが問題になっていました。でも、どうして国会議員から民間の会社であるJRや、航空会社が料金を徴収できないのでしょう。不思議です。国会議員として必要な移動費は、一旦本人が払って後日国が払い戻しす ればいいのです。国鉄や国策の航空会社の時代の、悪しき習慣が残っているのではないでしょうか。

2010.8.19

読売ジャイアンツがピンチです。ついに3位転落です。先発投手が崩壊しているうちに、打撃が駄目になりました。あえて問題点を述べると、投手についてはここ数年外国人、FA選手などに頼りすぎ、自前の投手が育ってこなかったことでしょうか。現在の自前選手は、内海と東野ぐらいでしょう。今年の先発では、ゴンザレ ス、オピスポ、グライシンガー、藤井、朝井など、生え抜きではありません。ここ数年のドラフトにも問題があったのかもしれません。若手育成を望みます。

2010.8.18

今週から外来ですが、昨日と今日で100人以上診察しました。でもあまり疲れていません。先週の休みでリフレッシュしたというよりは、以前に比べて肩の力を抜いた診療ができるようになったからだと思います。自然体での診療というものをもう少し極めてみたいと思います。

2010.8.16

今「甲子園が割れた日、松井秀喜5連続経験の真実」という本を読んでいます。ちょうど18年前の1992年8月16日の試合のことです。松井敬遠の是非についてはいまだ竹原家の未決着の論争です。私は、勝つためにルール内で認められた作戦だから可ではないか、息子は甲子園の野球は教育を兼ねたものだから監督が選手に強要する敬遠は非ではと。この本を読んで分かったことは、明徳義塾の河野という投手は元々野手で、あまり松井との勝負にこだわっていなかったが、メディアが本当は勝負したかったという話をつくってしまったということです。あと、明徳義塾の監督が事前に全打席敬遠を指示していたのは明らかですが、1回2死3塁、3回1死2塁3塁、9回2死3塁は当然敬遠のケースで、5回は2点差の1死1塁、7回は1点差の2死ランナーなしで、自然の流れでも5連続敬遠はあるかなと思いました。また、明徳義塾の監督は、星陵の5番、6番、7番を徹底的に研究マークしていたようです。また、3番、エースの山口が4番なら敬遠した結果も変わっていたのではともという意見も書いてありました。松井のあとの5番の選手は球場が騒然として野球どころではという雰囲気になったようですが、ともかく怪物伝説が誕生したのが、18年前の今日です。

2010.8.14

今から東京に戻りそのあと金沢に帰り、来週から診療です。今年のお盆休みは大渋滞もなく、世間を騒がす大事件も無く、比較的平和に時間が過ぎていきます。強いて言えば、円高と高校教師殺害事件ぐらいでしょうか?この休み中に久しぶりに本を4、5冊読みました。主としてミステリー系です。

2010.8.13

今週は夏休みでくつろいでいます。先日兄弟一族、12人が集まって父親の90歳の喜寿のお祝いをしました。戦争で20歳で死ぬ覚悟をしていたけれども、追加で70年余分に生きられたという父の挨拶がありました。終戦記念日を明日にこの一週間は父にとってお盆休みではなく、戦争を思い出す一週間でもあるのなだと改めて思いました。

2010.8.12

今週は休暇で長野県に来ています。今いるところはネットが繋がりにくいためコンピューターを持って来なかったところ、携帯も受信機の劣化の為か繋がりにくく、何年ぶりかにコンピューターと携帯の使えない環境にいます。まあ最初は不安な気持ちもしましたが、10年前は当たり前だったと思えばこれはこれでいいかなと思うようになりました。

2010.8.10

最近欧米系の飛行機に乗って気になっていることがあります。どうして40歳以下のCAが存在しないのか?重労働のわりにペイが悪いからなのか?逆に居心地が良すぎて辞めないからなのか?20年後の日本はどうなっているのでしょうか?

2010.8.8

アメリカから、さっき帰ってきました。どうして、アメリカ人はレストランのウエイトレス、ウエイターを除いて笑わないのでしょうか。アナの飛行機に乗って、CAさんが笑顔で迎えてくれるとほっとします。今週は夏休みで、大学病院が来週の16日、月曜日ががお盆休みなため後8日間休みです。少しのんびり過ごしたいと思います。

2010.8.7

今からアメリカより戻るところで、ニューヨークの空港のラウンジでブログを書いていますが、ボストンの球場で最も印象に残ったことを書きます。電光掲示板にハッピーバースデイだれそれのコメントが出て、有料でのサービスだなあと思ってみていたところ、Will you marry me, Carol? Bill なんていうプロポーズのコメントが出てきました。日本の野球場でもやってみたらどうでしょうか。このサービスにいくらぐらい払うのかが気になりました。

2010.8.3

学会もあと1日です。ところで、今回ボストンに来て、昨年のフィラデルフィアと違う点があることに気づきました。それは、何故だかボストンの方が英語が通じやすいことです。土地によって、同じ英語が通じやすいとか、通じにくいとかいうのも変な気がするのですが。

2010.8.2

昨日と今日で強皮症づけになっています。今日の新しい治療のセッションには期待していたのですが、ほとんどが効くかも知れないが、後の結果はTo Be Continued という発表ばかりで、がっかりでした、後二日しっかり勉強してこようと思います。

2010.8.1

今ボストンに強皮症のワークショップで来ていますが、到着の昨日は生涯忘れられない日になりそうです。ちょうど松阪が登板するという情報を得て、午後2時到着で、4時からの試合の切符を日本人向けの旅行代理店に手配してもらっていきました。松阪は立ち上がりにタイガースの4番に2ランホームランを打たれたり、味方のエラーなどで4失点でしたが、しり上がりに調子を上げ7回まで投げました。リリーフは去年まで阪神にいたアッチソンや岡島で、結局9回裏まで2対4で来ました。1アウト2,3塁でユーキリスを迎えましたが、なんと敬遠でオルティーズと勝負。オルティーズは期待に応えてサヨナラの2ベースでした。地元のレッドソックスファンは大興奮の幕切れでした。出発の直前に息子にメールしたらうらやましがられました。

▲ページの先頭へ