本文へジャンプ

2011.1.31

ひどい雪です。金沢に来てからベスト3に入りそうです。それにしても、天気予報ではあと一日だけ悪い予報が延々と続くのはなぜでしょうか。今日でピークを過ぎたかと思うと、今夜からあすにかけて大雪の恐れがと毎日繰り返されるのはなぜでしょうか。ともかく、週刊天気予報は当てになりません。

2011.1.30

昨日のサッカーのアジア杯の決勝は医局旅行の温泉旅館で観ました。日本、よくやりました。身体的スタミナと集中力の持続に感心しました。特に、決勝点のアシストした長友は最後までよく走りまわっていました。次のワールドカップが楽しみです。

2011.1.29

昨日のニュースで西武ライオンズの湧井投手の年棒調整で湧井寄りの裁定が下されました。確かに主力投手で15勝近くして年間先発ローテンションを守って現状維持の球団の判断はかなり辛いと思います。松坂のポスティングで潤ったはずなので、球団もそこまで渋くならなくてもよいのではと思います。それにしても、前田 健太を除いてプロ野球界の代表的投手は、湧井に加えてダルビッシュ、田中、杉内、岩隅、成瀬、小松などパリーグばかりです。

2011.1.28

今日は東京でちょっとした旧友たちとの飲み会がありました。「竹原○○会」と名称されていて、年に2回集まります。さて、明日のサッカーアジアカップ決勝はどうなるでしょうか?私的にはナショナルチームの実力はそのチームに所属するヨーロッパ4大リーグ所属選手数で決まると思うので、日本不利かもしれません。

2011.1.27

そろそろ税金の申告の時期になってきました。私の大学からの年間総給与は昨年より20万円近く下がり、割り切れないものがあります。私は国家公務員ではなく、大学法人の職員ですが、まあ国家公務員に順じることに違いなく、民主党のマニフェストどおり20%下げられなかっただけよかったと思うしかありません。

2011.1.26

昨日の日韓のサッカーは凄かったですね。韓国の粘りもたいしたものですし、PK戦で頑張った川島もよくやりました。ただ、分けの解らないPKが両軍にあり、試合のレベルとするとワールドカップのベスト8レベルには及ばない気がしました。土曜日も応援します。

2011.1.25

一昨日の出来事について書きます。今使っている箱根駅伝の万歩計がけたたましい音とともに電池切れに。まだ、山下りの6区を歩いて(?)いるところで、こんなところでリセットするようなことなら販売元の読売新聞に抗議の電話をせねばと思いつつ、コンビニで電池を買って再起動したところ、なんと6区から再開しました。最近のおもちゃ(?)は頭いい!今日はアジアカップの日韓戦です。

2011.1.24

今日の外来は混雑もなく11時半に終了しました。来週の学生講義のスライドを作る時間が出来て良かったです。大体この時期が例年、暇です。北陸以外から通院中の患者さんの予約も出来るだけいれないようにしていますし、天候が良くないと初診の患者さんも減ります。3月から一気に予約が増えるのでこの時期英気を養いたいと思います。

2011.1.23

今日の都道府県対抗男子駅伝は私の予想に反して、栃木の優勝でした。栃木は3人の高校生のうち2人が区間賞で、しかもそのうちの一人は補欠が繰り上がって出場した選手でした。立派な走りと感心しました。スーパーエース2枚、村沢と上野を擁した長野は2位、私が応援した兵庫は7位でした。竹沢君、来年はまた兵庫代表 で出場してください。

2011.1.22

今脈管膠原病研究会が終了して,宮崎から東京に戻るところです。宮崎の知事さんは交代しましたけど,前の知事さんはやっぱり東京都知事選挙に出るのでしょうか?明日は男子の都道府県対抗駅伝があり,大変楽しみです。私の出身の兵庫県を応援します。

2011.1.21

今日は脈管膠原病研究会で宮崎に来ています。やはり、宮崎はかなり暖かいようです。ちょうど、東国原知事の退任が報道されていますが、彼は今後どうするのでしょうか。本人の希望は既にはっきりしていそうなので、もったいつけないで○○になりたいとはっきり言ってしまったほうが爽やかだと思いますが、どうなんでしょう。

2011.1.20

日は最近微妙に使わなくなって、別の言葉に変化した外来語について書きます。但し、微妙に使わなくなったかは、私の個人的判断です。例えば、アベック→カップルは文句なしですよね。スチュワーデス→キャビンアテンダントは、性別を区別しない名称に移行したという側面もあるかもしれません。クーラー→エアコンは、暖房機能を兼ねるという意味での機能的な変化もあるかもしれませんが、今でも「クーラー弱くして」とか使っていますよね。最後はノークラ→オートマで、これは省略語ですが、ノークラはほとんど使わなくなりました。以上です。また、思いついたら書きます。

2011.1.19

今週からTBSのニュース23クロスで取り上げている中国特集について書きます。この特集はなかなか優れもので、昨日は上海に進出したクロネコヤマトを取り上げていました。特集の趣旨は日本的な高品質のサービスも、いまや中国に受け入れられると考えて進出している企業が少なくないというものでしたが、全くその通りだと思います。家族旅行で最近何度か中国を旅行した経験でも、街中にゴミはなく、トイレもきれいで、タクシーの列を守らない人はいませんでした。日本的な繊細なサービスが中国に受け入れられるのはとても良いことだと思います。

2011.1.18

先日の都道府県対抗女子駅伝の総括を書きます。京都が2年ぶりの優勝ですが、高校が立命館宇治、大学が立命館と佛教大学、実業団がワコールと揃っているので下馬評どおりの優勝でした。2位の岡山は高校が興譲館、実業団が天満屋、これに対して私の出身の兵庫は高校の須磨学園とそのOGでの構成なので苦しい戦いになりました。来週は男子の都道府県対抗駅伝です。

2011.1.17

昨日の羽田から小松への飛行機運行状況を調べたところ,アナは5便中4便が欠航、ジャルは6便とも飛んでいました。この差はどこからくるのでしょうか。今日は金沢で学生の講義と夜にオリバー君の講演があります。

2011.1.16

禍転じて福となすとはこの日の私のためにある言葉ではないでしょうか。結論から言うと都道府県対抗女子駅伝をライブで見てしまいました。 朝小松に向かうために羽田に行ったところ雪のためキャンセルに。予定していたバックアップ第一案を発動させて新幹線での京都経由で金沢に向かうことに。都道府県対抗女子駅伝が京都であるのは気になっていてネットでチェックしたりワンセグで見たりしていたのですが、そのうちタクシーで金閣寺に向かいました。あれ っと気がつくとなんと対向車線を京都代表の福士加代子が先頭で走ってくるではないですか。そのうち、岡山、福岡、兵庫と。やっぱりテレビに映って走るような選手にはオーラがありました。京都の双子の九馬姉妹は走ってなかったようでそれが残念です。

2011.1.15

今日は私にとって一年間のうちで一番長い日です。強皮症研究会議と厚生労働省の班会議の合同会議でした。50題近い演題が集まり、時間が押すくらいの盛況でした。皆様、御苦労さまでした。

2011.1.14

今日メールをチェックしていて笑うに笑えないパプニングがありました。JALカードからのメールを開けようとしたら、「詐欺メールの可能性があります」とウイルスソフトが認識してしまいました。やっぱり開けるの止めました。今日は強皮症研究会議に招待したオリバー君を迎えに成田空港に行ってきます。

2011.1.13

今日のネットニュースを見てびっくりしました。たちあがれ日本の与謝野馨氏が離党して連立内閣に入るというのですが、いったいなんなんでしょう。つい最近、「反民主・非自民」を結党の精神として自民党を離党した人がどういう理由で民主党政権に入るのでしょう。また、与謝野氏は選挙区で民主党の海江田万里氏をか ぶっています。菅政権の延命のための数合わせは御免です。政治家すべてが考え方をリセットして夏ごろに解散総選挙をすべきです。

2011.1.12

連日のニュースで「伊達直人」騒動が拡大しています。恵まれない子供のために、ランドセルを寄付することはいいことだと思いますが、単なる一時的社会現象に終わるのではとも思います。正直、メディアが派手に取り上げるから、便乗して寄付を始めた人も多いようで、社会に根付いた運動にならないと大きな意味が無いように思います。

2011.1.11

先日からとても寒いです。日本の政治の状況も寒いです。近く内閣改造があるようですが、問責決議を受けている仙石隠しに他ありません。今の政権はどこに向かって進んでいくのでしょうか。私は個人的には小沢さんは好きではありませんが、小沢切りを政権浮揚に使用している菅さんはもっと嫌いです。達成できるはずも ないが訂正もされないマニフェスト、数合わせのためだけの連立模索、パフォマンスとしてだけの仕分け、にっちもさっちもいかない沖縄基地問題、だれもが必要と分かっているのに進める勇気のない消費税値上げ、もううんざりです。先日のテレビのニュース番組で解説者が日本の政治家の質の劣化を憂いていました。私的には解 散総選挙を希望します。

2011.1.10

今日は成人式連休の最終日で東京から金沢に戻ります。この連休は読書三昧の予定でしたが、残念ながら1月から2月にかけての講演の準備のスライド作成でほとんどつぶれました。1ヶ月後の講演を突然依頼されたのが予定外でした。断っても良かったのですが、私の話を聞きたいというありがたい人がいるならと、引き受け ることにしました。実際読めたのは東野圭吾の「時生」と百田尚樹の「風の中のマリア」の2冊でした。

2011.1.9

今日は箱根駅伝の特番が二つもありましたが、佐久長聖高校出身の選手が目立って活躍していたことがわかりました。まず、2区でごぼう抜きをして金栗杯を獲得した東海大の村沢、6区で東洋大を山下りで逆転した早稲田大の高野、同じく6区で区間新を出した駒沢大の千葉、1区で独走した早稲田大の大迫、1区で2位につけた 日本大の堂本、エース区間の2区で早稲田大で快走した平賀などです。本当にすごい高校だと思います。ただ、地元出身の選手は少ないと聞いたことがあります。

2011.1.8

最近東野圭吾がブームで、今夜も「容疑者Xの献身」の映画がテレビで放送されます。先日旅行したアモイの街の中の本屋さんでも、中国語に翻訳された東野圭吾の本がいろいろ売られていました。確か「嫌疑者X的献身」がタイトルだっとように思います。個人的には百田尚樹という作家にもはまっていて、「永遠のO][BOX!] [モンスター」「影法師」と続けて読みました。特に「影法師」という時代ものが良かったです。

2011.1.7

今年は正月明けからウォーミングアップなしに、いきなり3日続けての午前午後外来でした。私は複数のブースを使って外来をしているので、よく歩きます。というか、ブースの移動は走っています。娘からクリスマスプレゼントで貰った箱根駅伝万歩計によると外来だけで、2千歩歩いています。箱根駅伝はもう終わりですが 、私は4区を走ってます。

2011.1.6

正月我が家で盛り上がっていた、ネットおせち事件が昨日ニュースになっていました。我が家では息子が正月三が日中に、見本のおせちの写真と本物の写真を見せてくれました。この問題は日本のネット社会としての問題点を象徴したかのように思いますが、ネットで写真を見ただけで、一万円で満足行くおせちが買えると期待した人にも問題あると思います。私なら、たとえ見た目が同じものが来たとしても、怖くて食べられません。

2011.1.5

昨日駅伝オタクの息子から受け取った箱根駅伝に関するメールの内容が面白かったので、紹介します。最下位に沈んだ名門日大の区間ごとの成績ですが、2-2-20-19-19が前半で、20-20-17-19-20が後半のようです。結局まともに走ったのは、1区の堂本と2区のベンジャミンだけのようです。日大の来年の予選通過が危ぶまれます。

2011.1.4

私の予想に反して早稲田大学が箱根駅伝で優勝しました。東洋大学も8区、9区、10区と区間賞でしたが、それでも粘り抜いた早稲田はたいしたもんです。勝因はエ-ス格のの二人を欠いたものの4年生の1万メートル29分台の猪俣,高野、 北爪、中島の頑張りでしょう。また、シード争いでも4校が1秒差で争うはらはらドキドキの展開でした。ますます駅伝が好きになりました。

2011.1.3

箱根駅伝の復路が始まる前に予想を書くことにしました。月刊陸上競技マガジンで、東洋大学と早稲田大学の復路の選手の1万メートルの持ちタイムを比較したところほぼ同等で、厳密にはわずかに東洋大学が上回ります。ちなみに、早稲田大学は有力選手が4人、東洋大学は2人補欠になっていて、これらの選手が故障とかで なく、全員出てきたらの話です。どちらも1万メートル28分台の選手が3人ずついます。その他の有力大学は28分台の選手はほとんど使いはたしているようです。早稲田に勝機があるとすれば、西脇工業出身の1年生の志方、同じく西脇工業出身の2年生の八木の二人が大活躍したときでしょうが、そう考えていたら志方は出ないようで す。従ってなんとなく東洋大学3連覇の予感がします。早稲田大学の渡辺康幸監督の采配に疑問が残るからです。これから駅伝を観てから、金沢に戻ります。

2011.1.2

今日は、箱根駅伝で堪能しました。東洋大学の柏原は不調が伝えられていましたが、さすがの走りで東洋大学の往路優勝です。区間新が出せなかったとはいえ、3年連続区間賞で、逆転優勝をもたらした柏原は大したものです。来年も5区で逆転優勝と区間賞の走りが見れるでしょうか。各校の選手がそれなりに頑張り、特に帝 京大学や国学院大学のがんばりも立派です。明日も早稲田と東洋の争いに目が離せません。その他の大学もそれほど離されていないので、2強にブレーキがあるとどこが勝つかまだわかりません。ところで、息子に「区間記録作った帝京のランナーの名前なんて言ったっけ?」と聞いたのを横で耳にした娘が「おたく!」。「はっ? 」と聞く私に「そういうどうでもいい細かいことをうれしそうに会話する人たちを世間ではおたくっていうのよ!」はい、私と息子はスポーツ観戦おたくです。

2011.1.1

あけましておめでとうございます。竹原家の正月は駅伝観戦で始まり、駅伝観戦で終わります。今日は男子実業団駅伝です。ラスト400mまで3チームが競り合うハラハラドキドキの展開で見どころ十分でした。アンカーで一番実力に劣ると考えられていたトヨタ自動車が、富士通、日清食品グループに競り勝ちました。トラッ クのタイムどおりにならないところが、駅伝観戦の楽しいところです。新人3人を使った監督に敬意を表したいと思います。

▲ページの先頭へ