本文へジャンプ

2011.3.31

日曜日にスペシャルバージョンを見た金八先生について書きます。31年も続いたのはすごいと思いますが、その度ごとに、その時代のテーマについて書き続けた脚本家、小山内美江子さんらに敬意を表したいと思います。中学生の性と妊娠、校内暴力、無気力児童、いじめ、覚せい剤、性同一性障害、モンスターペアレンツな ど、本当に踏み込んだ番組だと改めて思いました。正直、最終回スペシャル以外はほとんど見ていなかったのですが、古いものも見てみたくなりました。TBS系列での再放送を希望します。
あと、今日の夕方より短い休暇を取って、南のほうに出かけてきます。

2011.3.30

昨日のアトピー外来は予約数80名、本日の午前外来は予約数50名でしたが、いつもと同じ時間に無事終了することができました。昨日は午後1時半の外来を12時半から開始し、いつもより一つ多い4ブース診療となりました。今年の春休み外来で印象的だったのは、わずか10人前後の大学受験生の中で、分かっている 範囲でも東京大学合格2名、名古屋大学合格1名いたことです。さらに、付け加えたいことは、これらの患者は皮膚のコントロールの状態が良いのです。受験というモチベーションが治療結果につながったのだと思います。

2011.3.29

日曜日のNHKの将棋番組で、羽生善治名人が未踏の3連覇を遂げました。NHK杯はトーナメントなので3年間で15連勝したことになります。すごいです。羽生善治名人はその著書の中で、30歳過ぎてからの将棋では不必要な手順を直感的に見抜いて、必要なところだけを考えるようにしていると書いています。この話をよく 学生に聞かせるのですが、できる皮膚科医も臨床像より不必要な疾患を除いて必要なことだけを考えるという点で、羽生善治名人の考え方に共通していると。ちなみに私の将棋の棋力はかろうじてNHKの番組の解説がわかる程度です。

2011.3.28

昨夜、金八先生SP4時間を見てしまいました。金八先生は32年間教師をしていたそうで、私の皮膚科医歴より1年長いことになります、教え子からは、本物の国会議員も誕生し、すごいものだと思います。ソフトバンクのコマーシャルに出ている教え子が出演できなかったのは、ちょっと残念でしたが。いろいろ評価の分か れるところのあった番組ですが、昭和55年から断続的に続いたのは立派です。

2011.3.27

民主党にはやっぱり人材がいないのでしょう。有事になって、問責辞めた仙石、馬渕と次々内閣に戻ってくるのは、その証拠でしょう。次は、前原の復帰でしょうか。ツイッターでは、枝野寝ろ、菅起きろ、石原黙れと書かれているようです。

2011.3.26

今朝の新聞にもはっきり「奔走する枝野幹事長、影薄い菅総理」と書かれていました。被災者にとって欲しいのは、目の前の救援物資だけではなく、希望へのメッセージだと思います。変更できる財源はすべて復興に廻し、子供手当や高速道路無料化などの廃止、震災国債の増発、復興に特化した増税(消費税2%)、贅沢感 のあるイベント、すなわちプロ野球、大相撲、歌舞伎や映画などで100円の寄付の義務化などを発表すれば、被災者の勇気になると思います。そろそろ任意の募金より義務の寄付へ移行してもよいのではと思います。

2011.3.25

震災から2週間が経ちましたが、政府の動きが全く見えてきません。仙石さんを官房副長官にしたくらいでしょうか。政府は原発対策のみで、復興は地方行政、民間会社の善意、ボランティアで進んでいるように感じます。週刊誌で報じられていましたが、政府は今回「災害対策基本法」を適応していないというのは、本当で しょうか。子供手当をすぐに全廃して全部の財源を復興災害に充当すべきです。それと、国会議員の歳費の2割くらいはカットして、日本赤十字に強制寄付させましょう。

2011.3.24

震災に対する日本女子プロゴルフ協会と日本プロ野球機構の対応が対照的です。日本女子プロゴルフのほうは、開催中の試合をすっぱりと中止し、その後もトーナメントの開催を自粛して、賞金を稼げなくて多くの選手は大変だろうと思いますが。それに対して人から言われて態度を変更するプロ野球、特にセリーグはいけません。ナベツネさんに、大手町いや今は東銀座ですね、で街頭募金に立たせたいと思います。

2011.3.23

来週春休みの外来予約がとてつもないことになっています。例えば、火曜日の午後のアトピー外来だけでなんと80人越えの予約です。医局長の計らいで4ブース使えることになり、横付きも4人ついてくれるようなので、何とかなると思います。ただ一つ心配なのは、これだけ多くの患者さんやその家族と話をすると声がかすれてくるのではないかということです。おやじギャクは控えめにしようと思います。

2011.3.22

今朝の新聞の片隅に東国原氏が、東京都知事選に立候補したと報じられていました。出し惜しみの証文とは、彼のためにあるような言葉です。まあ、石原現知事が圧勝と思いますが、東国原氏は自民党に「総裁の席を用意するならば」と言った時点で終わった人だと思います。

2011.3.21

今日コンビニに電池を買いに行ったら、ほとんどカップラーメンやスナック菓子が消えていました。東京都内の話です。買い占めではなく、メーカーが出荷せずに救援物質として現地に送っているせいもあると思います。ちなみに私が買いに行ったのは丸型の電池でこれは売っていました。箱根駅伝万歩計用の電池です。それ から、ワイフの友人でアメリカに住む人から我が家に救援物資が来ました。ありがたいことです。

2011.3.20

愛媛地方会に昨日出席して、今日飛行機で東京まで帰って来ましたが、昨日の下りはほぼ満席で、今日の上りはガラガラでした。春休みということもあり、みんな田舎に疎開しているのでしょうか。それにしても、テレビのCMで仁科亜季子とオシムの顔を見あきてしまいました。事情はあるのでしょうが、何とかならないので しょうか。なぜか、すき屋の牛丼のCMは良くやっています。

2011.3.19

今空港でブログを書いています。9日ぶりに地震から救出された人がいるようで、素晴らしいことだと思います。
ところで、昨夜のニュース23クロスでは夕方の菅総理の会見を全く報道していませんでした。賢明な判断だったと思います。この期に及んで「そう遠くない将来に」とか「決死の覚悟で」とか「命がけで」とか抽象的なことを言われても、むなしく響くだけです。今の状況で失言を恐れて言葉を選んで原稿を読んでいるリーダ ーにはレッドカードを突きつけたいと思います。

2011.3.18

昨夜所用で東京に戻って来ました。街は全体に暗く、エスカレーターは止まり、店舗の休業も多く、道行く人に笑顔はないのですが、節電に協力している街の様子に「この国も悪くはないな、子供達の世代に希望を残せるかな、日本人としての誇りを失わないでくれるかな。」と少しセンチメンタルな思いがこみ上げてきました。日本に欠けているのは希望を託せるリーダーです。

2011.3.17

テレビ番組も昨夜から通常に戻りつつあります。今回の震災で学んだことは、情報の大切さです。どのテレビも比較的冷静に的確に報道していたと思いますが、情報の供給という意味で政府の危機管理の甘さが目立ちました。菅さんに失言されないように、出番を周囲からコントロールされていたのかもしれませんが、日本の リーダーとして物足りません。国民に勇気と希望を与えるようなスピーチを期待します。

2011.3.16

今朝のニュースで衝撃の事実が報道されていました。メーカーが政府に対して寄付した大量の電池がほとんど現地に送られていないと。政府によると、その理由は現地から電池が足らないという具体的な要請がないからだと。一部のメーカーは自主的に送ることを決めたようです。普通に考えて、災害時にプライオリティの高 い援助物質は、水、食料、トイレ関連施設と用品、毛布などの防寒用品、照明、固定電話や衛星電話を含めた通信手段、医薬品、その次くらいに電池でしょう。日本全体が力を合わせて国難を乗り切るべき時に、何も自分で考えられない政府関係者は万死に値します。

2011.3.15

地震後の菅総理の影が薄いと思います。財政発動させるとか、仮設住宅の目途をいつまでにするとか、一国の総理からの言葉として伝われば、被災者の勇気となることもあるでしょう。具体的な情報が総理から出ることが大切なのです。別の話ですが、昨日のテレビで災害評論家が早くコンビニをオープンすればよいとしたり 顔で解説していました。石を投げたくなりました。

2011.3.14

地震による生活への影響が続いています。関東地方の計画停電もうまくいっていないようです。ここ、2,3日、ほとんどずっとニュースを見ていましたが、そろそろ意識的に明るい話題を中心にしてもらえないかと思います。阪神淡路大震災の時も、神戸新聞がある時を境に明るいニュースに切り替えたと聞いたことがあり ます。日本はこれまで、どんな災害にもたくましく立ち直ってきたのですから。

2011.3.13

地震の混乱が続いています。東京でもまだ揺れ続けています。ニュースを見ていて思うのことがあります。やれ銀行が通帳なしで使えるとか、公衆電話がただとか、メーカーに協力してもらって食料を送るとか総論的な報道されていますが、もっと情報の一元化をして、どの避難所にどの程度の援助をしているとか、土の集落 に孤立者がいて救助隊がどういう作業をしているかとか、前向きの具体的な情報が管理されているのか、そうならそれを報道すべきと思います。メディアも各社ばらばらにヘリコプターを飛ばしても意味がないので、そのヘリコプターで行政が情報収集にあたったほうがよほど良いと思います。救助で頑張っている方はご苦労様と思 いますが、政府や自治体のトップはもっと具体的な情報を出さないと、ただ頑張っているでは済まない段階だと思います。提案ですが、官房長官は2時間おきとか、3時間おきとか一定の時間に必ず会見をすればよいと思います。不定期にやるから、情報が出てこないとか、隠そうとしている事実があるかもしれないとか、口裏を合わ せているとか、憶測が飛び交うのだと思います。

2011.3.12

昨日はすごい地震でした。東京にいましたが、一瞬やばいと思いました。外出していたのですが、マンションのエレベーターが止まって、自宅に戻るのは大変運動になりました。娘はタイ人の友達と横浜に行っていて、帰宅難民になり、今朝帰って来ました。息子が夜帰ってきてどこのコンビニも何も食べるものが残っていな いと言っていましたが、コンビニというのは住人全体としては非常用の備蓄倉庫の役割を果たしていると妙に感心してしまいました。ワイフは今朝から家の中で散らばったものをかたずけています。私は今日の2つの会合がキャンセルになりました。どれだけの被害かまだ判明していませんが、避難されている方の一日も早い救出と お亡くなりになった人たちのご冥福を祈りたいと思います。

2011.3.11

民主党の土肥隆一議員の問題があまり大きく報道されないのが意外です。外国人から献金をもらったとか、議員宿舎に女性を連れ込んだとかいうより、知らない間に日本の国会議員が竹島の領有権放棄に賛同していたなんてありえないことです。このような国会議員は万死に値し、最低でも党員資格停止、通常は議員辞職でしょう。

2011.3.10

昨夜はいつもより早く帰宅して、2時間スペシャルバージョンの相棒season9最終回を観ました。話が劇場版パート1や2などとも関連していてかなり見応えがありました。劇場版で死んだはずの官房長が出てきたのには、いささか驚きました。でもやっぱり劇場版のほうがアップテンポでいいですね。現実的ではない話ですが、水谷豊の杉下右京は味があって面白いです。

2011.3.9

3月ですが、まだ雪が降っています。とはいうものの、例年通り3月になると急に患者が増えてきています。2月は何をするにも腰が重いのと、春休み前倒し受診があるからでしょう。このまま、春休み大混雑に突入しそうです。

2011.3.8

昨日のニュースでインターネットでの薬剤の購入の禁止措置が、行政で仕分けされていました。インターネットで自由に購入できるようになると副作用が増え、対面販売だと副作用が減るという議論のようでしたが、その理屈がよく分かりません。薬害のリスクを減らしたい人は対面販売で購入するようにし、自己責任で利便性を優先するという人はインターネットで購入してもよいのではないでしょうか。正直、風邪薬によるスティーブンスジョンソン症候群が対面販売では防げないように思います。

2011.3.7

昨夜、前原外務大臣が辞任しました。次期総理候補、ナンバーワンのアクシデントにびっくりです。外国人からの献金問題による辞任ですが、当初問題となっていたのは、架空の名義の献金や脱税で捕まった人からの献金です。これらの問題についての説明無く辞めても納得いきません。

2011.3.6

今日は朝早く名古屋から金沢に戻ってきて、ちょうど金沢に着ていた娘とタイ人の友達姉妹をクルマで白川郷に案内しました。ちょっとハードな一日でしたが、娘の大切な親友に喜んでもらえて良かったです。

2011.3.5

今新幹線で品川から名古屋に向かっています。とても天気が良くて富士山がきれいに見えています。ほとんど裾のほうまで雪が被って白く見えています。日本の政治や大相撲がスッキリ白くなるのはいったいいつのことでしょうか?期待せずに待っています。
昨日のニュースで日本女子ツアーに小学生の女の子が出場したと報じていました。予選会から勝ちあがっての出場で、日本プロツアー最年少の出場とのことです。昨日の成績はパットが決まらず最下位だったようですが、ゴルフを始めてから、3,4年でトーナメント出場とは驚きです。用具の発達も関係しているのでしょうか 。それにしても、沖縄の女性はなぜこんなにまでゴルフが上手なのでしょうか。

2011.3.4

京都大学入試不正の犯人が逮捕されました。意外なことに単独犯だったようです。いくら携帯機能が発達しているとしても、それなりの操作が必要なはずで、京都大学の監督体制に問題があったのではと思います。以前、皮膚科学会の専門医試験の委員会で出た議論ですが、受験生が不正をする可能性を論じるのではなく、受験生が不正をする余地を限りなくゼロにすることが重要であるという結論になりました。携帯の持ち込み事態を禁止すべきで、テレビで「それは個人のプライバシーの問題だからできない」などというおかしな意見をメディアは報道しないでほしいです。

2011.3.3

昨夜のニュース23クロスの李忠成先週の特集がよかったです。彼のおじいさんが自分が日本人だと思ったまま、鹿児島から特攻に行く直前で目を悪くして、特攻から離脱したという話には驚きました。彼のように日本に帰化した人は「在日」「在日韓国人」ではなく、韓国系日本人と表現するべきではないでしょうか。いずれにせよ、メディアがあおるほどには韓国人も中国人も日本が嫌いなはずありません。嫌いならその国のファッションを真似するはずないからです。

2011.3.2

金沢市内で行方不明になっていた主婦の死体が見つかりました。が、疑問が残ります。元NHKの嘱託カメラマンともともとどういう関係だったかはわかりませんが、一介の一般人の高利の投資話に何百万もなぜ投資してしまうのか。メディアはもっとリターンの高い話にはリスクも高いということを強調して報道すべきです。

2011.3.1

京都大学に端を発した入試不正問題が大問題となっています。解答を解析すれば不正実行者が特定できると新聞に書かれていますが、本当でしょうか。不正実行者の目的はカンニングではなく、入試制度の欠陥を暴く愉快犯ではないかと思います。したがって、ネットのベストアンサーを本当の答案用紙に書き写しているとは 思えないのですが、どうでしょう。また、実行犯は3人以上のグループだと思います。

▲ページの先頭へ