本文へジャンプ

2011.6.30

今日は公務員のボーナスディですが、素直に喜べません。どうして毎年我々のボーナスは着実に下がっていくのでしょうか。民間も下がったところが多いでしょうし、東日本大震災復興に少しでも財源が必要というのは分かります。ただ、一律問答無用に下げるというのは納得いきません。また、多額の借金を踏み倒した会社でもボーナスが出ているそうですが、これっていいんでしょうか。

2011.6.29

今夜いよいよ日本ハムファイターズの斎藤祐樹投手が久々にロッテ相手に先発するようです。大丈夫でしょうか?比較的素直な球筋で、どちらかと言うと「軽い」ストレート主体で、ホームランを打たれやすい弱点があるように思います。TBSの番組解説で桑田真澄が「斎藤投手についてのコメントは勘弁してください」と言っていたのが印象的でした。

2011.6.28

テレビに総理大臣の顔が出るたびに不快になるのは人生で初めてです。エネルギー再生法に意欲を燃やすのは分からなくはないと思いますが、その成立まで総理大臣を続けるといわれると、法案そのものが総理大臣の職の延命策と言わざるを得ません。日本の将来を決定するエネルギー政策については、年単位で話し合って決めていく必要があると思うからです。
 それから、自民党からの政務官の引き抜きは、サッカーの故意のハンドのようなもので、ルールを守った政党政治をしてもらいたいと思います。引き抜くにしても、事前に自民党を離党した人を指名するならともかく、指名されてから離党するというのは下品極まりない行為です。

2011.6.27

いよいよ暑くなってきました。冷房は当分入れるまいと思っていましたが、先週から来客の皆さんが気の毒という理由で教授室で使用するようになりました。しかし、本当に電力危機となるのはすべての原発が停止するであろう来年の夏でしょう。一般生活よりも産業の空洞化が心配です。

2011.6.26

今日はテレビドラマ「仁」の最終回2時間スペシャルでした。まあ、意外な結末で楽しめましたが、今一ついわゆる「落ち」が難しかったです。それと今もって海外でもすごい人気のわけが分かりません。日本史の背景を知らなくても物語が理解できるのでしょうか?坂本龍馬とか西郷吉之助とか普通は知らないですよね。あと、最終回の視聴率はどこまで伸びたのでしょうか。結果が楽しみです。

2011.6.25

今日は東京で二つの研究会がありました。一つは乾癬に対する新薬の発売記念講演会で、もう一つは内緒ですというか、書けません。明日は朝一で金沢に戻って北陸地方会と教室の同窓会です。震災の影響もあって6月と7月は忙しいです。夏休みを楽しみに頑張ります。

2011.6.24

毎日同じようなことを書きますが。「歴史に名を残す」という言葉がありますが、「結果として名前が残った」というのが自然で「名前を残すために頑張る」というのはいかがなものでしょうか?正直、毎日テレビで菅さんの顔をみるたびに不愉快になります。

2011.6.23

世の中に「ごね得」という言葉があります。今の子供達に、日本国総理大臣がその見本と教えて良いのでしょうか?なにかスキッとする政治ニュースはないのでしょうか…

2011.6.22

まさかと思うようなことが、ネットの記事にありました。菅総理は何とか9月まで粘って、そのあと「脱原発」で解散総選挙を考えているのではと。頭がくらくらしてきました。

2011.6.21

今日、外来で電力関連の会社に勤めている人に思わず話しかけたことを紹介します。浜岡原発を早急に菅総理が止めたのは失敗だったのではないか。早晩、日本の原発はすべて止まるだろう。電気代が上がり、製造コストが上がったり、供給が不足する。来年の夏には、電力ドミノで日本全体が大変なことになっている。患者さんも、「その通りですが、我々の立場ではいえません。」との返事でした。「ええかっこしー」の菅さんの責任はだれが取るのでしょうか?

2011.6.20

昨日でプロ野球のセパ交流戦が終了しました。今年もパリーグの圧勝でした。パリーグから有力選手がFAでセリーグに移籍するのにどうしてでしょうか?やはり、パリーグのほうがスカウトがしっかりしていて、エースの輝きが違うからとしか思えません。ダルビッシュ、田中、杉内、和田、涌井、成瀬などなどです。

2011.6.19

NHKの大河ドラマで以前から気になっていることがあります。Exileのメンバーの一人が武士として出ているのですが、彼だけ頭に剃り込みがありません。なので、他の出演者から浮いています。どうも気になって仕方ありません。

2011.6.18

今日は土曜日ですが、午後から富山県に講演に出かけて来ました。アトピー性皮膚炎の講演でしたが、自分の本のタイトルどおりに楽しい気分で講演することができました。 夕方からは自宅で読売ジャイアンツのプロ野球中継を見ていましたが、今年は使用球の変更で、本当にホームランが減ったと思いました。その分、締まった投手戦が増え、昨年までのように野球中継が始まった時には、事実上勝負ありということが減りました。今夜も2対1の投手戦でジャイアンツの内海投手が9勝目の完投です。「あっぱれ」です。

2011.6.17

今日は外来のない日なので1日中デスクワークです。とりあえず2年後に計画している教室の100周年のことをいろいろやっています。多分「まだ2年」ではなく、「あと2年しか」と考えるのが正解でしょう。頑張ります。

2011.6.16

昨夜は少し早く家に帰って、テレビで読売ジャイアンツvsロッテマリーンズの試合をみました。そこで印象的だったのは、ロッテのセンターを守っている岡田という選手の守備です。スーパーキャッチが1試合に3回ありました。これぞ、プロの技でした。「あっぱれ」!

2011.6.15

「地位に恋々とする」という言葉があります。今の日本の総理のためにあるようなものです。昨日のニュースで笑ってしまいまいた。2次補正予算案ではなく、1.5次補正予算案とは一体何なんでしょう。誰がやるかではなく、何をやるかも政治家にはもっと真剣に考えてほしいと思います。なぜ義捐金が被災者に届かないのか、なぜ瓦礫がかたずけられないのか。不思議なことが多すぎます。

2011.6.14

一体菅総理はいつ辞めるのでしょうか。菅総理に限らず、今の政治家には「命を賭して頑張る」という気概が感じられません。だから、見苦しいのです。だから、国民にも見透かされるのです。国難を乗り切るために、大胆かつ勇気あるリーダーの出現を望みます。

2011.6.13

昨日、テレビで中継していた陸上競技日本選手権で、絹川愛という選手の頑張りに感動しました。5000mの優勝者でA標準突破で、世界陸上代表内定です。高校生で大阪世界陸上に選ばれ、北京オリンピックの有力候補でしたが、直前にギランバレー症候群という奇病に侵され、ここ数年は引退説がささやかれていました。苦しい試練を越えての再起「あっぱれ」です。

2011.6.12

昨日の陸上競技の日本選手権の女子100mで福島千里が貫録を見せ、1位で世界選手権出場を決めました。その陰でスーパー高校生として秘かな注目を集めている土井杏南という選手が4位に入りました。この選手が世界選手権の400mリレーのメンバーに入るか注目です。

2011.6.11

今日は完全休養日で、同じような傾向の新書を2冊読みました。藤原正彦著「日本人の誇り」文春新書、竹田恒泰著「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」PHP新書です。どちらも、自虐的な日本論を批判して日本人的良さを思い返そうという主張の本です。後者の本で、外国人サッカープレーヤーに最も人気のある日本人プレーヤーが現在バルセロナでプレーしていることが分かりました。下の名前が翼という選手です。

2011.6.10

どうでもいいことですが・・・昨日総選挙がありました。国政ではなくアイドルを選ぶ選挙です。夕方のニュースでやっていましたが、ソウルや香港の映画館でも有料で生中継して、チケットは完売だったようです。東北にも新しいチームを作れば震災復興にならないでしょうか?

2011.6.9

ダルビッシュが止まりません。44イニング連続無失点。3連続完封。神がかり的です。比較で出てくる投手が、杉浦とか金田ですからね。どこまで行くのでしょうか。来年はどこで投げているのでしょうか。とっても楽しみです。

2011.6.8

スポーツ観戦が好きな私としてはサッカーはあまり得意分野ではありませんが、昨日のキリンカップでよく分からないことがありました。本田選手は元来MF,長友選手はDFと思っていましたが、この試合では本田選手はFW,長友選手はMFのポジションでした。慣れないポジションで大丈夫かと心配してしまいました。

2011.6.7

連日、新聞やテレビで大連立が取りざたされています。ただ、不思議なことがあります。民主党は次のリーダーが決まらないのに、そんな大事なこと決定できるのでしょうか?謎です。

2011.6.6

昨日からにわかに時限付き大連立の話が出ています。復興が進まない理由の一つに現政権が世事主導にこだわるあまり、官僚を排除し過ぎているということが言われています。大連立は賛成ですが、時限付きであっても与野党がしっかり政策協議をして、復興への道筋をつけてもらいたいと思います。

2011.6.5

昨日本屋さんに出かけたところ、大沢在昌の新宿鮫の新刊が出ていたので、すぐ買いました。新宿鮫Xとなっていたので、エックスとは?と一瞬思いましたが、よく見るとシリーズ10作目でした。大好きなシリーズなので一気に読みました。鮫島警部健在です。

2011.6.4

日本の政治がますます分からなくなりました。角福戦争の頃から玉虫色の解決なんてよくありましたが、今回はなんなんでしょう。菅総理の震災に対する対応は良くなかったが、とりあえずしばらく続けるべきを多とする世論調査が一番正しいのではないでしょうか。なぜなら、総理を変えると必ず良くなる保証は無く、もっと悪くなる可能性もあるわけですから・・・

2011.6.3

日本の政治が混乱しています。本当に日本は不幸な国です。なかでも、昨日テレビで「嘘です」と叫んでいた総理経験者は何なんでしょう。「沖縄基地県外移設可能」「無駄な財源10兆円以上削減可能」「天下り全面廃止」とか、全部実現できなかったご自身は「嘘つき」ではないのでしょうか。やはり、宇宙人には日本国の国会議員の被選挙権を与えるべきではなかったという気がします。

2011.6.2

今テレビで内閣不信任案の国会中継をやっています。菅さんは近く辞めそうですが、やっぱり私の考えている「日本国総理サミット花道退陣論」は今回も当てはまるかもしれません。あと、可決されそうになってから賛成から棄権に転じた共産党の態度は解せません。

2011.6.1

政治の混乱が続いています。それにしても、鳩山さんの行動は何なんでしょう。行き詰って総理を辞めた人が次の政権に対して影響力を持とうというのは間違った考えです。また、菅さんが総理として適任とは思いませんが、不信任案の造反というのは過去にも良い結果を残したことはなく、政党政治の原理原則に反します。愚かな行為はやめるべきです。

▲ページの先頭へ