本文へジャンプ

2011.7.31

世界水泳で北島選手や入江選手が銀メダルですが、どうやら金メダルの場合のみロンドンオリンピック内定で、銀メダルは駄目なようです。これはちょっと厳しいのではと思います。銀メダルで内定は駄目なのでしょうか?

2011.7.30

昨日京都駅の本屋さんで、百田尚樹の新作本「幸福な生活」を買いました。一晩で一気に読みました。この本は短編集ですが、それぞれのストーリーの「落ち」がページをめくった右ページに1行でまとめられているのです。その1行に込められた作者の表現力に圧倒されました。それと、ページをめくると「落ち」があるという点で、私のアトピー性皮膚炎の本と共通点があるような気がして嬉しくなりました。

2011.7.29

最近乗ったルフトハンザ航空について残念だったことを書きます。機内で見る映画のうち日本語付きのものが1本しかありませんでした。宇宙戦争のSFもので行きも帰りも同じものを見てしまいました。それに比べてハングル付き、中国語付きの映画は2,3本ありました。日本人として残念です。

2011.7.28

今夜京都で講演して明日は娘が通うキャンパスを見せてもらう予定です。イギリス人は紳士的とはいえなんとなくぶっきらぼうで、日本に帰ってくるとほっとします。

2011.7.27

これからロンドンからフランクフルトを経由して関空に向かいます。次の目的地は京都です。

2011.7.26

これからケンブリッジを出発して、ロンドンに1泊して日本に帰ります。大英博物館にちょっと寄ってくるつもりです。

2011.7.25

今学会の昼休みです。ちょっとケンブリッジの大学校舎群を歩いて気分転換してみたいと思います。それにしてもイギリスは白夜で涼しいです。

2011.7.24

今日から強皮症ワークショップです。いつもの学会よりオタク的ですが、ケンブリッジの街からアカデミックな気分をもらって頑張ります。

2011.7.23

昨日ドイツ経由でロンドンに来ました。今日はケンブリッジで開催されるワークショップ出席のためケンブリッジに移動します。2年ごとにあった学会がオリンピックの関係で前倒しになりました。ロンドンは日本と違って上着が必要なくらい涼しいです。

2011.7.22

今日からイギリスのケンブリッジで開催される強皮症ワークショップに出かけてきます。帰りの用事の都合で直行便ではなく、ドイツ経由の乗り換えです。ところで、忘れたころのニュースとはまさにこのことですが、松井秀樹が日米通算500号ホームランを打ちました。600号は打てるのでしょうか。頑張ってほしいものです。

2011.7.21

昨日の外来での話を書きます。アトピー性皮膚炎で通院中の患者さんが、私のブログに登場したいというのです。毎日何をブログに書こうか迷っているので、それはありがたいと登場してもらうことにしました。もともとこの患者さんは医者嫌いで、私の外来にも眼科の先生の説得でやっと受診しました。ところが、初診の第1声が「医者は嫌いだし、自分のアトピーが皮膚科の治療でよくなるとは思えないからすぐ帰る」というものでした。筋金入りの皮膚科医嫌いのようで、まず思ったのは「こんな頑固な皮膚科医嫌いをよく眼科の先生は説得して私のところを受診させたな」というものです。説得は1度や2度ではなかったようでした。この患者さんは最近執筆した書籍の中の登場人物のモデルでもあります。患者さんは「今でも、皮膚科医は好きになれん」と言いつつ、まじめに通ってくれています。

2011.7.20

改めて、なでしこジャパンの勝因を分析します。延長後半でリードされてもあわてなかった。冷静にパスを回して、焦って縦パスをほおり込むことはしなかった。また、同点に追いついた澤の得点パターンはメキシコ戦のコーナーキックからの時と全く同じなので、アメリカの分析が不足していた。言い換えれば、アメリカの油断,慢心があった。それから、前半アメリカのシュートがバーにはじかれたりして日本につきがあったように言われていますが、それは違います。ぎりぎりのところにしかシュートを打たせないように日本のディフェンス陣が体を寄せていたので、バーに当たったのです。試合の当日には大事な講演があったのですが、どうしてもこの試合を徹夜で見ようと思いました。それは男女通じて ワールドカップやオリンピックの決勝戦で日本のチームがプレイするのをライブ映像で観れる人生最初で最後の体験かと思ったからです。でも、来年2度目があるかもしれないと思えてきました。ありがとう、なでしこジャパン。

2011.7.19

昨日の早朝の女子ワールドカップ決勝について日本の勝因を分析しました。
1)前半、圧倒的に押されながらも無得点で抑えた。
2)澤選手が言っていましたが、本当にあきらめない気持ちが切れなかった。
3)押されているようで、セットプレーをあまり許さなかった。
4)延長戦の後半リードされてからのほうが、細かいパスプレーが増えてきた。
5)後半のほうがアメリカが疲れてきてミスが出た。
6)ゴールキーパーの海堀がよく止めた。
7)最後にPKを決めた熊谷はよくぞ左上角に決めた。これはふかしやすいので、勇気がいる。
ちなみに澤選手のPK戦のキック順はキーパーより遅い10番目だったそうです。 最新ナンバーを買いに行きます。

2011.7.18

女子ワールドカップの決勝を神戸のホテルで見ています。
20分経過。一方的に押されています。日本は前線にパスがつながりません。でも、よく守っています。
30分経過。ワンバックに危ないシュートを打たれましたが、安藤もシュートを打ち、何とか頑張っています。
前半終了です。0点でしのいでよかったと思います。それにしても、最初のアメリカのシュートはビデオで見ても入ったかと思いました。
後半15分です。前半より良くなってきている感じです。
後半24分、失点です。選手交代が裏目に出たか?
後半35分。宮間が同点ゴールです。すごい。
後半戦が終わって延長戦です。今日はほとんど寝れません。
延長前半膠着状態かと思いきや、ワンバックに得点を許してしまう。
奇跡が起こりました。澤のゴールで同点です。
それにしても2度追いついたのは凄すぎる。
これからPK戦です。
勝った。勝った。勝った。
それにしてもすごい試合でした。感動です。
これから寝ます。朝7時です。
2時間半だけ寝ます。おやすみなさい。
以上、女子サッカーワールドカップ決勝戦中継バイタケハラでした。

2011.7.17

昨日のネットニュースを読んでのけぞりました。日本国総理大臣が数千万円の費用を使って自家用ジェット機でドイツまでサッカー観戦に行こうとしたという話です。行きたければ、さっさと総理大臣を辞めて自費でエコノミークラスで行けと言いたいですね。多分、人気稼ぎのプランを周囲が冷静に判断して止めたというのが真相でしょう。もし、私がなでしこジャパンの監督なら、不人気の総理大臣が政治的ポイント稼ぎのために来ていろいろと雑音が入ると大迷惑でしょう。菅さん、おとなしくテレビ観戦してくださいね。 今夜はリウマチ学会講演のため神戸のホテルに泊まりますが、明日早く起きて応援します。なでしこジャパンに勝機は十分あると思います。

2011.7.16

昨日の移動中の飛行機で読んだスポーツ新聞に、日本女子サッカーについて驚くべきことが書いてありました。日本代表選手でも、サッカーで収入を得ていない選手が少なくない。アルバイトしながらサッカーしている。海外で活躍している選手は個人でスカウトされたのではなく、サッカー協会が窓口になってあっせんしたケースが多い。そのかいあって女子も海外組が増えてから強くなった。調べてみると、現在ドイツに安藤、永里、フランスに宇津木、アメリカに東電から移籍した鮫島、それ以外に澤にも2度の渡米歴があるようです。決勝が本当に本当に楽しみです。

2011.7.15

今日は学会のための移動日です。金沢から甲府です。甲府は盆地のため暑そうです。そのあと、神戸でも学会があります。とても暑いので、移動中と学会参加時の服装に悩みながら家を出ました。結局、移動中と学会聴講時は、ジャケットと柄物のボタンダウンのノーネクタイで、座長時、自分で講演する時は、ジャケットにおとなしめの柄のボタンダウンのシャツとカジュアルなタイにしました。スーツは移動中暑苦しいので止めました。座長と講演が終わったらすぐにネクタイを外せるように考えています。ホテルはどこも節電していないようで、行く先々で温度が変わるのも辛いものがあります。

2011.7.14

今日は寝不足です。朝3時40分に起きました。女子ワールドカップサッカーの準決勝をテレビ観戦するためです。なでしこジャパン快勝でした。運動量、ボールのキープ率、シュート数、ファールの少なさ、すべてに完勝でした。世界ランク的にはスウェーデンとほぼ互角でしたが、内容は圧倒していました。決勝戦は神戸のホテルで観ることになりそうです。頑張れなでしこジャパン!

2011.7.13

ネットのニュースで女子ワールドカップ主催国のドイツメディアが日本のチームを絶賛していると報じられていました。監督が試合直前に震災のビデオを選手に見せて、団結を呼びかけたそうです。本当に完全アウェーの中で素晴らしい勝利でした。また、別のニュースによると元東電所属の選手も二人チームにいたようです。準決勝も頑張ってほしいです。明日の早朝、観るつもりです。

2011.7.12

プロ野球ではヤクルトスワローズが快進撃を続けています。昨年小川 淳司監督に代わってから、すごいもんです。野手では青木、投手では館山、ヨシノリ、イムぐらいしか名前が浮かびませんが、今年の活躍はまぐれではなさそうです。ジャイアンツは今年完全に力負けしています。

2011.7.11

なでしこジャパンが快挙です。そもそも○○○ジャパンと名前がつく団体競技は北京オリンピックあたりから、野球をはじめとしてぱっとしないというのが相場でしたが、今回はスポーツニュースを見る限り実力での番狂わせ(?)と思います。少なくとも、オリンピックで男子がブラジルに勝った試合よりまぐれでないと思います。

2011.7.10

金曜日からずいぶん暑いと思っていたらどうやら突然梅雨が開けたようです。電気の足らない関東地方は大変だと思いますが、一日中ではなくもっと午後から夕方に限定した節電をすればよいかと思います。ただ来年は日本中の原発がすべて止まっているだろうと思います。海江田大臣は、味方のはずの部隊長から後方から銃を撃たれた気分でしょう。

2011.7.9

過去3カ月の自分のブログネタについて分析してみました。政治ネタは4,5,6月と6→5→16と最近急増しています。得意のスポーツネタは10→9→7と微減です。芸能ネタは4→5→3と横ばいです。やはり、自分自身の政治不信が高まっているようです。

2011.7.8

今日はプロ野球について書きます。メジャーで松井が不調ですが、来年日本に帰ってきて日本球界復帰することがいいのでしょうか?私の考えは松井は今シーズン限りではないにしても大リーグで野球生活を終了すべきというものです。なぜなら、日本で活躍している外国人選手は、比較的若手で守備、走塁などにやや問題があって、メジャーに定着しきれないで来日した選手です。逆に、一旦はメジャーでクリンアップを打ったがその後レギュラー落ちをした選手はまず日本に来てもだめです。そういう意味では松井は後者に分類されます。

2011.7.7

九電の偉い人と言うのはそんなに頭悪いのでしょうか。メールのやらせなんてレベルの低いことはやるに違いないだろうと見張られているとは思わないのでしょうか。具体的に指示しなくても積極的に参加、意見を表明してくださいぐらいでも、身内には意図は通じたでしょうに。

2011.7.6

松本復興相が失言で辞任しました。思えば民主党内閣で最初に辞任した柳田稔法相も失言でした。「法相は二つ覚えておけばいい。『個別事案は答えを差し控える』と『法と証拠に基づき適切にやっている』だ」でした。失言で辞めるのは、本音で思っていることで言ってはならないことを発言してしまうケースがほとんどで、思ってもないことは言ってもあまり問題になりません。今回も自分が特別偉くなったと錯覚しての失言でしょう。所詮大臣の器ではなかったということですね。総理の座にしがみついている人も器ではないような気がします。

2011.7.5

日本の大臣で3通りの人を不快にさせた人がいます。東北の被災者、九州出身者、血液型がB型の人です。どうして新しい職に気負い過ぎていたと素直に謝罪できないのでしょうか。

2011.7.4

各新聞の世論調査でも菅さんは早期に退陣すべしとの民意が表れているようです。「脱原発」は現在では「理念」ですが、具体的な「政策」ではない。そこのところをあいまいにしたまま、首相の座に居直る日本の総理に怖いものを感じます。なぜなら、具体的な政策の代わりに理念のみを語り保身に走る彼はもはや政治家とは言えないからです。

2011.7.3

現在テレビで「脱原発」の議論をしています。原発を再開させることについいては、日本の産業のために必要と思いますが、本当に完全に「安全」かどうかは何とも言えないと思います。1000年に1度の災害に対応できても、1万年、100万年、1億年に1度の災害ならどうなるのでしょう。あと、ある評論家が、おいしいところは菅さんが会見し、都合が悪いところは海江田さんに任せているって言ってます。また、別の評論家は菅さんは意図的に理想とする目標と現実にできる政策を混同させるようにスピーチしていると。その通りだと思います

2011.7.2

昨日から、研究会で札幌に来ています。2つかけもちですが、一つは当初東京で予定されていたものが、海外講演者が原発事故の影響で東京に来たがらないという理由での会場が変更になりました。まあ、東京よりは涼しくてラッキーかなとも思いますが。

2011.7.1

浜田和幸参院議員がネットの記事で「一本勝負を懸けるという意気込みだけだ」と語っていますが、彼は自民党参議院議員でなければ復興担当の総務政務官には絶対に選ばれなかったということを自覚すべきです。先日も書きましたが、指名されるのを待って自民党を離党というのは政党政治の理に反する行為で、100歩譲っても先に離党すべきでしょう。日本の政治が下品になってきたようで気分悪いです。

▲ページの先頭へ