本文へジャンプ

2011.8.30

昨日はすごいことが二つもありました。民主党の代表選で野田氏が逆転当選したこと。日本、国民にとって、ベターではなくベストの選択肢だったと思います。もう一つは世界陸上で室伏が金メダルを獲得したこと。勝つべくして勝った見事な勝利でした。来年のロンドンオリンピックがさらに楽しみでした。劉翔 の復活は見事で、進路妨害がなければ勝っていたかもしれないです。彼についても来年が楽しみです。アリソンの400mは経験不足が敗因のようで200mの4連覇に期待したいと思います。

2011.8.29

世界陸上で大変なことが起こりました。ウサイン・ボルトがフライングで失格です。今度からルール改正でフライングはすべて1発失格となったことを受けてです。2回目から失格という従来のルールでは、スタートの得意でない選手がわざと1度目にフライングをして、スタートの得意な選手をけん制するという弊害が見られたからです。ウサイン・ボルトもこのルールは承知で準備してきたでしょうし、ライバルが次々と出場取りやめの中、かえってプレッシャーがかかったのかもしれません。とはいううものの、200mもありますし、来年のロンドンに期待したいと思います。

2011.8.27

世界陸上の女子マラソンが終了しました。赤羽有紀子の5位が最高で、メダルはケニアの独占でした。日本人の実力、特に各自の自己最高記録から考えると、こんなものでしょう。レースを分析すると超スローペースで始まり30km過ぎから10000mレースが用意ドンで始まったようで、スピードのあるアフリカ勢の圧勝でしたね。テグの暑さ、湿度もアフリカ勢の味方したかのように思います。それにしても、世界の女子マラソンのレベルは上がってきており、以前より日本人のメダルは難しくなってきていると思います。 ところで、解説の高橋尚子がびっくり発言をしていました。「ケニアの選手は口裏を合わせていましたね。」それって単に「打ち合わせをしていましたね。」ではないでしょうか。 昨日の世界陸上の見どころで書き忘れたことがあります。男子110mハードルのアジアの英雄、劉翔の復活なるかです。

2011.8.26

明日から世界陸上です。韓国テグで開催され、時差がないので夜、用事がない限りテレビ観戦するつもりです。私から見た今回の世界陸上のポイントを書きます。

1)男子100mでボルトの連覇はなるか?いくらなんでも世界記録は今期は無理です。まあ。8割の力が出せれば勝てると思います。敵は他の選手より故障でしょう。

2)日本のメダルは取れるか?可能性があるのは女子のマラソン、やり投げの村上、あとハンマー投げの室伏だけと思いますが、なんとなく難しいかと思います。

3)アリソン・フェリクスの女子200mでの4連覇なるか?最大4個の金メダルが期待されるようですが、金メダルの数より本職の200mに注目です。

4)女子棒高跳びのイシンバエアの復活なるか。前回の記録なしは、慢心、油断から来た作戦の失敗でしょう。要するに世界記録を狙って高いバーから跳び始めたのが敗因です。今回は確実に勝ちに行くでしょう。

5)日本女子400mリレーの日本記録更新になるのか?普通に走れば更新できると思いますが、それでも決勝進出は難しいと思います。決勝進出を目標に頑張ってくれればと思います。カギは福島千里から市川華菜へのバトンパスですかね。

6)なんとなく気になるのが、クロアチアのブラシッチという女子走り高跳びの選手です。ともかく走り高跳びのフォームがきれいです。自己新を出せば世界記録に並ぶかそれ以上です。

7)最後にギランバレー症候群を克服した女子10000mの絹川愛の走りです。成績よりただ普通に走ってくれるだけで嬉しいです。

本当に明日からが楽しみです。

2011.8.23

昨年の8月23日から連続してブログを更新してきました。結構読んでくれている人がいるようなので、1年間毎日更新を目標にして書き続けてきました。でも、明日から当分は毎日ではなく、ここぞと思う時に濃い内容のものを書くように変更したいと思います。

今日は、民主党の総裁選候補について、私観を書きます。

野田さんー前回の代表選でグループが分裂。前原頼みだが、ここにきて苦しい。

鹿野さんー元自民党の2世議員。当選11回の割に、影が薄い。世代交代阻止派に担がれているだけ。

海江田さんー辞め時を誤った人に、国の重要な選択は無理でしょう。鳩山派はもう少し謹慎すべきでは?

前原さんーJNNでも取り上げていましたが献金問題がネックでしょう。それと出たいのにポーズ取り過ぎましたね。

馬渕さんー論客倒れで長妻さんと同じになるのでは?実績がなさすぎます。

小沢さんーよく知りません。

樽床さんー大臣もやっていないのに総理をできるんでしょうか。選挙対策の売名行為という話も。

正直、政権交代で日本国民が得たものは何だったんでしょう。

2011.8.22

民主党の代表選の様子について納得がいきません。国のために何をしたいと思っている人ではなく、自分が総理大臣になりたいだけの人が乱立しているように思います。まあ、野田さんに決め手がないからだとも思いますが。重要閣僚や党運営の中心的な役職の経験のない人の自信はどこから来るのでしょうか?あと、どうして任期1年の総裁を選ぶのでしょう。ここで、リセットして2年の任期にすべきです。1年任期の日本の総理大臣は、安倍、福田、麻生、鳩山、菅、そしてあと一人・・・。

2011.8.21

今週末から、韓国テグで世界陸上が開始されます。ウサイン・ボルトの走りに注目ですが女子200mで3連覇しているアリソン・フェリクスにも注目しています。最大4つ、200m、400m、400mリレー、1600mリレーの4つの金メダルが期待されるそうです。女子棒高跳びのイシンバエアのリベンジにも注目です。

2011.8.20

今日高校野球の決勝が行われますが、私が記憶している中で、高校野球で際立って注目され、なおかつプロ野球でも特に目立って活躍した選手を思い起こしてみました。投手では、江川卓、桑田真澄、松坂大輔、田中将大で、野手では、清原和博、松井秀喜、中田翔(まだ評価は早い?)になりそうです。結局これらの選手は投手は10年に1度の逸材、打者は20年に1度の逸材という表現がぴったりだと思います。

2011.8.19

最近、自分のアトピー治療について新たに思うところがあり、その考え方について書きます。金沢大病院皮膚科を初診で受診される人の大半はこれまで受けてきた治療でも全くうまくいっていない。企業経営に例えてみれば、通常経営をしていても経営破たんしかけている。言ってみれば、私の診療は倒産寸前の会社経営の経営再建をするようなものです。そのためには、最初に思い切った再建策を講じることが必要で、よくないのは兵力の逐次投入に例えられるような、不十分な治療をなんとなくだらだら続けることです。大学病院への通院回数も限られているので短期決戦のつもりで治療戦略を構築することが大切です。十分改善したのちの年2,3回の通院は経営再建後の企業監査のようなものです。

2011.8.18

夏休みの休暇中にあった不愉快な出来事について書きます。避暑地のあるレストランのレジのところに『お米の産地分かります』という表示がありました。現在、放射能で汚染された米が流通されているわけではないのに、なんだと思いました。非常に神経質で聞いてきた人にだけ答えればいい話で風評被害を肯定するかのようなレストランの対応はいかがなものかと感じました。

2011.8.17

お盆明けの初診日の今日、アトピー性皮膚炎の初診患者さんが9人来院されました。再診の予約も多かったのですが、どういうわけか順調にアトピームンテラを12時半から開始できました。外来がすべて終了したのが午後2時半で充実した1日でした。

2011.8.16

今日からお盆明けで仕事再開です。ところで、終戦記念日に誰がどこにお参りに行こうといいじゃないですか。メディアも報道しないでほしいと思います。

2011.8.15

今日は病院がお盆休みなので今日までが私の夏休みです。昨日の午後は同じ時間帯にプロ野球ジャイアンツ戦(BS日テレ)、女子バレーボール(TBS)、女子プロゴルフ(フジテレビ)、ベルリン世界陸上総集編(BSTBS)と4つもスポーツ番組がかぶっていたので、チャンネルをあちこち変えて大変でした。2週間後の韓国テグでの世界陸上が楽しみです。

2011.8.14

夏休みもほぼ終了です。今年は読書三昧で、一週間で計10冊読み切りました。ジャンルはミステリー系が5冊、経済小説が2冊、ノンフィクションが3冊です。 ノンフィクション系のうち、野球関係が2冊で野茂英雄と甲子園で優勝した佐賀北がテーマです。結論として満足いく読書週間でした。

2011.8.13

昨日の産経新聞に興味深い記事がありました。次期の民主党総裁選で最も有力な野田氏のウィークポイントとして菅総理の支持があることだそうです。なんか分かる気がします。

2011.8.12

いよいよ民主党の総裁選です。あまり名前や考え方の分からない軽い候補者が乱立する気配です。やはり日本のリーダーですからしっかりした人を選んで貰いたいと思います。

2011.8.11

暑いです。が、昨夜の日韓戦のサッカーでは燃えました。久々の快勝です。特に香川の活躍が印象的でした。この調子でワールドカップ予選も頑張って欲しいと思います。

2011.8.10

今休暇中で、2008年に書かれた「ベイジン」というタイトルの本を読んでいます。日本が技術協力して中国に建設した原子力発電所の危険性を描いた小説で、電源総喪失、建屋内火災、メルトダウン、想定外の出来事など最近よく聞いた言葉が中国内での出来事として登場します。ちょっと複雑な想いで読みました。

2011.8.9

高校野球が始まりました。以前に比べて150km近くの速球を投げる投手が多いようです。単に体格が良くなったせいでしょうか。150kmの速球を投げても全く打たれないわけでもなさそうです。スピードガンの仕様が変わったわけではないかとも思いたくなります。

2011.8.8

東京で会議があり、今新幹線で休暇先に向かっています。91歳になる私の父親を中心に毎年避暑地に集まるのが一族の決まりです。昨年はアトピーの本の原稿を書いていましたが、今年はとことんリラックスする予定です。

2011.8.7

各種スポーツ雑誌を買ってなでしこジャパンの勝因について再分析しました。意外だったのは決勝のアメリカ戦でも、ボール支配率は53%で日本が上回っていた。あと、決勝戦での澤の同点ゴールは最後、ワンバックに触れてコースが変わっていた。また雑誌ナンバーで、オシム元全日本男子監督が「遠藤や中村は澤を見習うべきだ。」と書いています。そろそろマスコミへの露出は控えてオリンピックに専念してほしいと思います。自称ビジュアル担当の丸山選手は毎日のようにテレビに出ているような気がします。

2011.8.6

昨日から女子バレーのワールドグランプリが始まりました。先日のTBS系列のニュースで女子バレーボール日本代表の新戦力の狩野舞子という選手を紹介していて、早速起用されていました。185cと大柄で中学生の時から全日本に招集された逸材だそうです。両足のアキレスけんを切断するも現在はイタリアのトップリーグで活躍中とのこと。今後の活躍に注目してみたいと思います。

2011.8.5

昨日で夏休み外来の前半が終了しました。月曜日から木曜日までで約200名弱を診察しました。ずいぶん患者さんを待たせたと思いますが、何人もの患者さんから「先生、混んでいて大変そうですね。」と言っていただきました。ありがたいことだと思います。正直,横付きの先生が随分頑張ってくれたのでとっても助かりました。

2011.8.4

遂に心配していたことが起こってしまいました。松井秀喜の打率がイチローの打率を超えてしまったのです。最近の松井秀喜が極めて好調とも言えますが、ありないことが起こってしまったような気がします。松井秀喜はホームランで頑張ってもらい、イチローは200本、3割目指して欲しいと思います。(今朝の速報ではイチローは3安打のようです)

2011.8.3

なでしこジャパンの国民栄誉賞について書きます。正直政治的に利用されたかと思います。オリンピックに向かってモチベーションを上げるべきチームに頂上を見せてしまうのはマイナスでしょう。例えば5年後に振り返ってワールドカップの優勝に与えることもできたはずです。例えば高橋尚子の場合でも現役中とはいえ、頂上を極めた感がありました。スポーツの政治利用なんて冷戦時代に戻った感じです。菅さん早く辞めたらどうですか。

2011.8.2

最近の週刊誌は一部のニュース番組で民主党大物議員の灰色の政治資金が話題になっています。中には、北朝鮮系の団体に巨額の寄付をした政治家もいます。行為自体が合法と居直っているようですが、こんなんでいいんでしょうか。自民党政権時代よりひどいという気もします。

2011.8.1

先週の木曜日の京都でのアトピー性皮膚炎についての講演について書きます。講演終了後、あるご開業の先生から「アトピー性皮膚炎診療が楽しくなる」にサインを求められました。臨床皮膚科学会で購入いただいたとのことです。その先生からのコメントで「これまでの本に書いてないけれど、自分で正しいと思っていたことがこの本に書いてあり、ほっとする部分が随分あった。」と言っていただきました。あとがきにこの通りのことを書いておいたので嬉しくなりました。

▲ページの先頭へ