本文へジャンプ

2012.3.31

先ほど、2泊3日の竹原家弾丸ツアーから帰ってきました。とても充実した家族旅行でした。が、ソウルからの帰りにちょっとしたハプニングがあったのでそれを紹介します。まさか、キムチが液体扱いになるとは夢にも思いませんでした。まず、娘がデパートでお土産に大きめのキムチのパックを買いました。それをキャリーバックに入れて手荷物検査場を通ろうとしたところ、係員から荷物を開けるように言われ、なんとキムチは液体だから、手荷物として機内持ち込み出来ないと。結局、息子がもう一度チェックインしなおすことになりました。まさか、まさかといった感じでした。

2012.3.29

3月15日、朝日新聞が1997年から2004年の間に巨人に入団した高橋由伸、上原浩治、二岡智宏、阿部慎之助、 内海哲也、野間口貴彦ら6選手の契約金額が、プロ野球界が申し合わせていた最高標準額を計27億円も超過 していたと朝刊1面で報じました。しかし、冷静に考えてみると読売ジャイアンツが裏金を払って囲い込みをしていた選手は、野間口を除けば全員主力選手に育っており、やみくもに裏金をばらまいていたわけではなく、本当に有望な選手に絞っていたことになります。そういう意味では、読売ジャイアンツのスカウト力は優れていると言えます。野間口君も、きれいすぎる彼女がいなければ野球に専念してエースになっていたかもしれません。

2012.3.28

春休みのアトピー外来の前半が終了しました。月、火、水の3日間で推定160名、診察終了しました。来週も、月、火、水、木で同じくらいの予約数でしょうか?今週は、全般に患者さんの状態は良好でした。ところで明日から、竹原家恒例の春の弾丸ツアーに行ってきます。焼き肉とキムチが有名なところで、国境ツアーにも行く予定です。現地滞在は約52時間くらいです。

2012.3.27

シアトル・マリナーズの川崎選手が1軍に残留しました。凄くよかったです。ところで松井秀樹選手はどうなったのでしょう。日本でプレーすることだけはないと思いますが。あと、井川慶投手の行き先も決まっていないような気がします。

2012.3.26

今日から恐怖の春休み外来です。本日は予約数50名を超え、初診も6名でしたが、開始を30分早めて、何とか午後1時半すぎに終了しました。明日は、午後だけで予約が70名を超えていますが、何とか「チーム竹原」で頑張りたいと思います。

2012.3.23

今日は、日本のプロ野球について書きます。日本ハムの斎藤祐樹の開幕投手はどうなんでしょう。開幕投手は、そのチームの最高評価をされた投手を意味するわけですから、斎藤祐樹にそれに値する実績、または今シーズンの調子があるかと言われれば、答えはノーでしょう。武田かケッペルが順当で、監督が受け狙いの方針でシーズンを始めるならば、パリーグの最下位は決定ともいえるでしょう。あと、読売ジャイアンツの裏金騒動は滑稽です。いまさらながら、騒いだ朝日新聞のほうがどうなんでしょう。昔の制度の話ですし、裏金があったのはちょくちょく報道されていたので、不毛の議論ですね。

2012.3.21

最近のソフトバンクのコマーシャルについて感じることろがあります。例のお父さんのコマーシャルです。「鳥取では糸電話」というセリフが出てきますが、いいんでしょうか。私が鳥取県民なら、馬鹿にするなと怒るところですが、どうなんでしょう。鳥取県知事はソフトバンク社に抗議しないんでしょうか。鳥取県人はユーモアを理解し、寛容な県民性を持っていると感心している次第です。

2012.3.17

昨夜から2晩連続の講演で神戸に来ています。今日は日中時間が空いたので、神戸出身の私が真っ先にすべきこととして、墓参りに行ってきました。ところで、久しぶりにブログにホテルの話題を登場させたいと思います。今回泊っているホテルは、比較的新しいホテルで、夜景がきれいなとてもとてもおしゃれなホテルです。部屋も広くアメニティなども充実しています。が、チェックインがスムーズにいかなかったからか、何か違和感があります。
 ホテル到着時ロビーに入っていくとレセプションデスクが二つ見えました。左側の一席は接客中でしたが、もう一方の右側が空いていたのでほとんど何も考えずにそこに座りました。少し待っていれば奥から人が来て「お待たせしました」と言って作業を始める、それが予想された展開でした。ところが、ロビーにいたスタッフがやって来て「ロビーでお待ちください!」と強い口調で言いました。レセプションデスクもロビーの一部ですから最初は意味がわからず「は?」と反応した。そうしたところもっと怖い口調になって「あちらのロビーでお待ちください」とロビーのソファーのほうを指されました。それならということで移動し、ロビーのソファーで待っていたところ、2~3分後に呼ばれました。 その時点で、接客中だった先客は終了し左右ともにレセプションデスクは空いていました。ホテルのロビースタッフはわざわざ最初に私が座っていた右側を指差し、「こちら側に座ってください。」と言いました。「だったら、わざわざ移動させなくても、ここで待たせてもらってよかったんじゃない?」と聞いたところ、またまた予想外の反応が返ってきました。「優先のお客様がいたので、空けておいたのです。」「意味わからないけど、このホテルにはあとから到着した客を順番飛ばしてチェックインさせる仕組みがあるの?」「予約のお客様ですから!」「チェックインの手続きに予約があるの?」「レストランのご案内の予約ですから!」「それってチェックインデスクでなくてもできるでしょ?」「当ホテルはすべて予約が優先ですから!」なんか、こういう意味不明のことをいう若者が増えてきたような気がします。今から考えると、どうしても右側に座らせないならその席の前にCLOSEDのサインと出しておくべきでしょう。
 最後のチェックアウトの優先扱い予約できるのか今夜聞くべきか、ばかばかしいから聞くべきでないか迷っています。ちなみにこのホテルの従業員は気のせいかみんな怒っているように思われ、朝のレストランのバイト風の女の子だけがにこやかにコーヒーを入れてくれました。

2012.3.15

最近人から時々聞かれる疑問ですが、柏原竜二や今井正人はどうして上り坂で極端に強くなるのかということを考えてみたいと思います。
私的には、腹筋と背筋のバランスで腹筋が強い選手が自然と前傾になり、山登りに強くなる。逆に、背筋のほうが強い選手は自然と後傾になり山下りに強くなる。そんな単純なものでもないだろうという反論もありましたが、どうでしょう。来年も新たな山の神が出現するのかどうか楽しみです。

2012.3.12

日本女子のマラソンが弱体化しているような気がして、2000年シドニーオリンピックの代表選考レースの結果を調べてみました。山口衛里が東京国際女子マラソンで2時間22分12秒で優勝、高橋尚子が名古屋国際女子マラソンで2時間22分19秒優勝、加えて前年の世界選手権で2位になっていた市橋有里の3人が代表です。残念だったのはシドニーオリンピックで銀メダルを取ったリディア・シモンに2秒差で2位になった大阪国際女子マラソンの弘山晴枝で記録も2時間22分56秒という立派なものでしたが、優勝ではないという理由で代表には選ばれませんでした。選考レースで日本人トップという基準で満足して海外勢に全く勝てない現状とは大違いです。

2012.3.11

 今、名古屋ウイメンズマラソンが終了しました。たった今まで名古屋のホテルのテレビで見ていていて、これから京都に移動します。よく考えてみると昨年はこの大会は震災で中止になり、世界選手権の選考が保留になった記憶があります。名古屋ウイメンズマラソンという名称で午前中に開催されるのは今年が初めてです。
  昨日名古屋での研究会の情報交換会で名古屋ウイメンズマラソンの予想を聞かれたので「全般にスローペース、野口と渋井はブランクが長すぎて難しい。日本人同士の勝負にこだわったレースになるだろうから、記録は望めない。できれば伏兵的な若手に勝って欲しい。」結果はロシアのマヨロワ選手が優勝し、日本人最高は尾崎好美選手でした。正直、ペースメーカがいなくなった25km~30kmのペースがガクッと落ちてロシアの選手の追い上げを許してしまったようです。ちなみにこの選手は、ロシアのオリンピック代表候補のぎりぎり3番手ですし、先週のびわ湖毎日マラソンの優勝のケニアの選手はタイム的にケニアのオリンピック代表は絶望的です。日本のマラソンは今や世界の三流国なのです。
 今日のマラソンでは終始トップでペースを作った中里麗美選手にあっぱれを上げたいと思います。尾崎選手が予選を3回も走って一番いい成績だけで選ばれるのがどうかという点と、将来性という意味で中里選手を応援しながら見ていました。そうであれば私の前日の予想も完全に当たっていましたし。
 ところで試合前は日本人以外のオリンピックメダリストとしてルーマニアのシモンとかケニアのヌデレバとかも紹介されていたような気がしていたのですが、レースが始まってからは全く紹介されなかったかのように思います。ルーマニアのシモンは日本で特に人気はありますが、ほとんどまともに走れないわけですから、もう呼んであげなくてもいいかと思います。

2012.3.9

このブログで、なでしこジャパンの宮間選手を絶賛してきましたが、専門家も同じようにみているんですね。アルガルべ杯の最優秀選手に、2試合連続でハットトリックを達成したドイツの選手を抑えて、宮間選手が選ばれたようです。もはや、日本の宮間ではなく、世界の宮間ですね。ロンドンオリンピックでも頑張ってほしいと思います。

2012.3.8

なでしこジャパン、アルガルべ杯決勝で惜しくもドイツに敗れました。ただ、ベストメンバーで必勝を期していたというより、控えの選手の評価狙いの試合だったようで、惨敗しなかっただけでよしとすべきでしょう。今度の日曜日は名古屋ウイメンズマラソンで、いよいよロンドンオリンピックの代表が決まります。その日の午前中は名古屋にいますが、やっぱりホテルのテレビで観る予定です。

2012.3.6

なでしこジャパンがアルガルベ杯でアメリカを下しました。PK戦以外でアメリカに勝ったのは初めてだそうです。テレビ中継で観ていましたが、ずっと攻め込まれていたワールドカップと異なり、なんか勝てそうな自信にあふれた試合運びでした。得点を挙げたのは高瀬選手ですが、CKをうまく上げた宮間選手にあっぱれです。そういえばワールドカップの時の澤選手の同点ゴールも宮間選手のCKからでした。宮間選手が世界一のプレースキッカーというのに賛成です。

2012.3.4

今日、オリンピックマラソン男子代表選考を兼ねたびわ湖毎日マラソンがありました。最後は失速しましたが、初マラソンで30km過ぎまで先頭集団に付いた青山学院大学の出岐雄大選手にあっぱれです。記録も2時間10分2秒で立派でした。優勝はどんでん返しのどんでん返しで、堀端宏行選手や中本健太郎選手が失速して、一般参加の山本亮選手が勝ちました。ですが、いったん後方につけて後ろから追い上げていくという戦法はどうなんでしょう。ロンドン派遣は、藤原新選手と中本選手は確実ですが、3人目は出岐雄大選手でもいいような気がします。

2012.3.1

昨日、男女のサッカー日本代表の試合が連続してありテレビで観戦しました。結果は、男女で明暗が分かれてしまいました。見ていて思ったのですが、先に失点して、浮足立って勝てないんじゃないかという空気が漂う男子と、まだ何とかなるという女子が対照的でした。20歳未満の若手を使う余裕があった女子と無かった男子という意味でも空気が違っていました。ただ女子については京川舞が目立った分、岩淵真奈の影が薄くなったのが気になります。

▲ページの先頭へ