本文へジャンプ

2012.9.30

昨夜、家族全員が大好きだった番組が放送開始から5年後にひっそりと終了しました。日本テレビ系・午後11時半からの番組で「週末のシンデレラ・弾丸トラベラー」というタイトルです。タレント(なぜかモデルが多い)が現地のホテルは1泊のみというルールで旅行してみたいところに行く様子を放送するというもので、旅行大好きの竹原家向きの番組でした。その番組で放送された中で最も印象的だったのは、ボリビアにあるウユニ塩湖で、定年退職して時間が自由になったらペルーのマチュピチュやエクアドルのガラパゴス諸島とまとめて行ってみたいと思います。

2012.9.29

もうすぐ10月です。今、学会で札幌に来ていますが、やっぱり北海道は少し涼しいです。それにしても、2大政党の党首選やその後の執行部決定がこれほど盛り上がらなかったのも珍しいと思います。正直、今の2大政党は全部ばらばらにして一度シャッフルしたらどうでしょうか?いつ、解散総選挙なのでしょうか?あと、一定のマニフェストが実現できなかったら2年なり3年で解散するというのも公約に入れてほしいと思います。

2012.9.26

たった今、自民党の総裁選が終了して安倍晋三氏が次期総裁に選ばれました。最初の投票で全体1位及び地方党員票1位の石破氏でもなく、最初の投票で国会議員票1位の石原氏でもない人が選ばれました。投票の中継を見てて思ったのですが、地方党員票の1位と2位の得票を持ちこしたまま(3位以下の分は無効扱い)、国会議員の2度目投票をする方法もあるのではと思いました。といっても、特に石破氏になったほしかったというわけではありません。

2012.9.23

WBCの監督の選考が難航しているようです。現役監督は負担が重すぎるという意見と現役監督以外は勝負勘が鈍っていうので現役監督がよいという意見の両者があるようです。ただ、ここ数回のオリンピックとWBCの両者の結果を考えると現役監督がよいと思います。これも、最初からルールを決めて、前年の日本シリーズの優勝監督とすればよいと思います。したがって、今回はソフトバンクの秋山監督がベストではないでしょうか?

2012.9.22

先週から、大変面白い本を読んでいます。百田尚樹(「永遠のゼロ」という小説のベストセラー作家です)の新作で、いわゆる「伝記小説」にあたるものでしょうか。タイトルは「海賊と呼ばれた男」で、上下2巻です。小説には、「国岡鐡造」という主人の物語で、戦後の日本にあった外国石油資本の影響力を排除した唯一の会社である「出光興産」の創業者の 話というのはすぐにわかりましたが、「日章丸事件」をはじめとしてどんなすごい話が日本の戦後の石油業界にあったのかと思わず小説に引きこまれてしまいました。戦後、海外の支店が解体された時も現地の社員にまで退職金を払い、日本に引き上げてきた社員全員を解雇しなかったというのはどうやら本当の話のようです。

2012.9.17

自民党総裁選挙ですが、どうやら石原伸晃は「サティアン」失言などもあって、石破茂、安倍晋三候補に後れを取りそうな予想です。石原伸晃は現山崎派所属ですが、よく考えてみると協力を断った谷垣現総裁とは「加藤の乱」においてともに涙を流して加藤紘一を止めた同志だったようです。山崎派は谷垣派も長年蜜月関係だったので、山崎派自身も複雑な思いで石原支持を表明したと思います。長老達の支持が決め手で立候補したというのも石原伸晃にとってはマイナスの印象しか与えないでしょう。惨敗すると彼の政治生命にも致命的なダメージを残すかもしれません。

2012.9.14

政治の話を続けます。某政党の幹事長を「平成の明智光秀」とはよく言ったもんですね。確かに幹事長というのは城代家老のようなものですから、城主を差し置いて天下を取ったら次の城代家老にどんな人を置くのか興味ありますよね。それから、週刊誌の記事で自殺したという憶測のある大臣もずいぶんひ弱だなと思います。それに比べて、某プロ野球球団の監督や某市長はたくましいものです。

2012.9.12

衆議院解散総選挙の前に民主党、自民党ともに総裁選挙のようです。自民党の総裁選挙が事実上の次期総理大臣を決めるのでしょうか?ところで、どうして日本の政党はしょっちゅう総裁選挙を行っているのでしょうか?根本的な問題は、だれかが辞任した際に残任期間のみの総裁選挙をすることと、そもそも総裁の任期が2年と短すぎることにあると思います。確かに、しょっちゅう選挙をしている方がより多くの人に総裁、強いては総理大臣のチャンスが回るので変えたくない気も分かりますが…私の提案は誰がどういうタイミングで辞めても次期の総裁は任期3年で最初からやってもらう、これで細切れ総裁は解消されるはずです。

2012.9.7

ロンドンオリンピックのうんちくの正解を発表します。


1.藤井瑞希と福原愛は青森山田高校の同級生です。ちなみに、藤井選手は熊本県の、福原愛は宮城県の出身です。
2.内村航平は母親に花束を渡し、内村航平の母親は息子にブラックサンダーというお菓子を渡しました。このお菓子は内村航平の大好物ですが、ロンドンオリンピックに向けて我慢していたようです。私もコンビニで買って食べてみましたが1個30円ほどでおいしかったです。
3.水泳男子400mメドレーリレーの自由形の藤井卓郎は個人ではバタフライの選手としてオリンピックに選ばれました。自由形に適当な選手がいないため、自由形も得意な藤井選手が自由形を泳ぎ(100m自由形の日本記録保持者)、バタフライは個人で200mで銅メダルを獲得した松田丈志が泳ぎました。マイケル・フェリプスのように自由形とバタフライは両方得意な選手が多いようです。
4.ボクシングは頭部へのダメージを伴うスポーツなので、1つの大会の間で一人の選手が2回敗戦することが無いよう配慮され、準決勝で敗戦した選手同士の3位決定戦を行わないそうです。
5.ポール・マッカートニーのギャラは1ポンドです。自国民ということで事実上のボランティアですが、契約上の問題で1ポンドの値を付けたそうです。その他の有名人も同様のようです。ただし、一般のダンサー等には通常のギャラが払われたそうです。
6.東洋大学ボクシング部の部員が不祥事を起こし、活動が自粛となりあわや廃部となりそうだったため自らが復帰して汚名を晴らそうとしたそうです。そういえば、箱根駅伝で柏原で優勝した最初の年も東洋大学は何かあり、胴上げ自粛でしたね。
7.女子レスリング63kg級の伊調馨です。吉田沙保里はオリンピック直前に一度敗戦して連勝記録が止まったために、伊調馨よりオッズが悪くなったようです。
8.自転車とボートです。道理で日本人には印象が薄いはずです。

以上です。

2012.9.5

残念ながらヤングなでしこ、ドイツに完敗です。パス回しのサッカーより、個人のフィジカルの強さによる決定力のドイツに敗れた感じです。でも、今回のヤングなでしこは実は飛車角抜きでの戦いなのです。A代表経験者の岩渕真奈と京川舞を欠いているのです。ですから、ベスト4でも立派で、土曜日の3位決定戦もしっかり応援したいと思います。

2012.9.4

もう少しだけ、ロンドンオリンピックのうんちくを続けたくなりました。以下の8つの問題みなさん分かりますか? 3日後に正解を発表します。

1.女子バトミントンダブルスの藤井瑞希選手と卓球の福原愛は大の仲良しだそうです。それでは二人はどこで知り合ったのでしょうか?
2.内村航平は表彰式後にスタンドにいた母親と何かと何かを交換しました。何と何でしょう?
3.水泳男子400mメドレーリレーの最終泳者、自由形の藤井拓朗は個人ではどんな種目で参加したでしょう?
4.男子ボクシングバンタム級で清水聡は銅メダルを取りました。ボクシングでは3位決定戦が無いため、準々決勝を勝った時点でメダルが確定しましたが、どうしてボクシングでは3位決定戦が無いのでしょうか?
5.開会式に出演していたポール・マッカートニーのギャラはいくらでしょうか?
6.男子ボクシングミドル級の村田諒太選手は一旦はボクシングから引退し母校東洋大学のコーチをしていましたが、あるきっかけで現役復帰しました。そのきっかけとは何でしょう?
7.オリンピック開催前のロンドンのブックメーカーのかけ率で、すべての選手の中で最も金メダルの確率が高いと予想されていたのが内村航平というのは有名な話ですが、全日本人選手の中で内村航平に次いで2番目に金メダルの確率が高いと予想されていたのは誰でしょう?
8.大会当初、主催国のイギリスの金メダルが伸び悩んでいましたが、最終的には全体で3位の金メダル数となりました。どんな種目で活躍したのでしょう?

2012.9.1

月も変わったので久しぶりに政治ネタについて書きます。で、このところの政治の閉塞感は何なんでしょうか。参議院で可決されるはずのない法案を衆議院で強行採決した民主党も民主党ですが、問責決議案で消費税増税を非難にした他野党の案に賛成した自民党もひどいです。総選挙をやりたくない民主党から「やるべきことをやってから解散」という主張が聞こえてきますが、丸3年間何もできなかったのが与党民主党です。そもそもは、自分たちが政権を取れば10兆円以上の財源が予算の組み替えで確保できると言ったわけですが、その財源が見つけられなかった時点ですべて終わっています。「近い将来に」が「近いうち」に変わり、また「しかるべき時期に」に変わる「永田町言語」は何なんでしょう。 今日本に必要なのは、民主主義の精神を持った強いリーダーでしょう。解散総選挙はすぐにでもやるべきですが、思い浮かぶリーダーがいないことが残念です。ちなみに、某市長さんは大風呂敷商売人で真の意味で日本の政治のリーダーにはなれないと思います。

▲ページの先頭へ