本文へジャンプ

2013.3.27

昨夜のサッカー・ワールドカップ予選対ヨルダン戦で日本は後味の悪い負け方をしました。特に1点目のコーナーキックからの終了間際の失点はあの「ドーハの悲劇」の再現のようでした。本田と長友の存在感が際立ったとも言え、大変残念です。

2013.3.26

昨日から春休みのアトピー診療が本格的に始まりました。昨年暮れから新方式を始めましたが、うまく稼働しているようです。まずは、診療開始を早くし、予約の最終の時間も遅くしています。加えて、30分の予約患者さんを7~10名に限定して、予約時間通りに来院してもらうように呼びかけています。横付きの先生たちが優秀で頑張ってくれているおかげもあり、今のところ大きな待ち時間を出さずに順調に診療できています。かつての、診察室に入ってくる時の待ちくたびれの殺気を感じずに診察できるのは幸せなことです。

2013.3.23

東京では桜が満開です。竹原家も本日大変めでたいイベントがあり、家族の心は満開です。今年の秋には新しい家族が増えるので、嬉しいです。ちなみに、赤ちゃんが増えるという意味ではありません。

2013.3.22

東京では桜がほぼ満開です。仕事で東京に戻っていますが、東京のマンションの周囲も何やら花見気分です。我が家の近くに道路を隔てて有名な花見スポットが2か所あります。一方は千鳥ヶ淵でほとんどがカップル、一方が靖国神社でほとんどがオジサンたちを中心とした宴会花見。たった道路一本で雰囲気ががらりと違う点が、奇妙でもあり面白くもあります。

2013.3.19

 教室の創立100周年記念式典・祝賀会まであとちょうど2カ月になりました。準備は万端と言いたいところですが、まだまだ直前の打ち合わせが続きそうです。
 さて、野球のWBCの3連覇はなりませんでした。ただ、過去2回の連覇も、1勝2敗のつきのあった連覇で、今回はまあ実力通りとしましょう。メジャーリーガーもプエルトリコやドミニカのほうが多いわけですし。第1回の1勝2敗は第2次リーグの成績で得失点差の微妙な差で勝ち上がりました。第2回の1勝2敗は対韓国で、トータルとしては日本の1勝2敗ですが、日本が大事なところで勝って優勝しました。今回の内川の走塁について論議を呼んでいますが、あの場面で行けたらダブルスチールをというあいまいなサインを出したベンチに「喝」です。内川も井端も悪くありません。

2013.3.18

 私のブログの読者から、3月13日のブログの背景が気になるというコメントが寄せられていますが、患者情報は公開できませんので、その後の展開を同じくあだち充のマンガ風に紹介することにさせていただきました。なお、この文章、自分では結構気に入っています。

おーい、素直君,素直君
おーい、素直君、素直君
応答せよ、応答せよ
元気ですかー
まっすぐに前を向いて新しい場所で頑張るのですよ
先生は君のことを信じています

おーい、素直君、素直君
おーい、素直君、素直君
応答せよ、応答せよ
元気ですかー
まっすぐに高いところを目指していますね
先生は君のことを応援しています

頑張れ
頑張れ
君の笑顔は素敵です

2013.3.17

 本日放送された将棋のNHK杯決勝戦で、羽生善治NHK杯選手権者は、渡辺明竜王に敗れ、25連勝、5連覇なりませんでした。私の父は、大の羽生ファンで、20年ほど前にお正月の「帝国ホテルお正月パック」のサービスとしてのイベントで羽生棋士に指してもらったことがあります。ちなみに、父は当時素人初段で、2枚落ちで羽生棋士に快勝しました。羽生棋士はとても気さくで、家族全員での集合写真にも気持ちよく入ってくれました。私も今回のNHK杯戦を応援していたのですが、羽生棋士が敗れてとても残念です。羽生棋士には、ぜひ来年雪辱してもらいたいと思います。
 さて、WBCの話題に戻ります。正直言って、第2次リーグの順位決定戦、日本対オランダ、ドミニカ対プエルトリコの試合は不要と思います。2連勝で勝ち上がったチームを1位とし、敗者復活で勝ち上がったチームを2位にすればすっきりすると思います。やはり、興業的に試合を増やしたいという主催者の意図があるのでしょうか?今後の理想的な展開は日本がプエルトリコに少ない投手起用が勝ち、オランダが対ドミニカでいい投手を使い果たして決勝に上がってくれるというパターンですが、そんなにはうまくいかないでしょうね。これまで、日本はオランダに2勝していますので、対オランダ3戦3勝となれば、それはそれで面白いのですが。

2013.3.15

 月日の経つのは早いものであれから10日です。あれ(!)?
 ところで、来週行われるWBCの準決勝以降の試合の中継が午前中のワーキングタイムと重なるため、ライブ中継を観戦することができません。非常に残念です。第2回の時もアトピー外来をやっていて、観れませんでした。さて、昨日飛行機の中で読んだスポーツ新聞の情報では、準決勝の先発が前田健太、決勝(行ければの話ですが)の先発が田中将大とのことでしたが、マー君の先発は大丈夫でしょうか?私的には、杉内を推したいと思います。あと、昨夜のニュースではマー君が準決勝の先発とも言っていました。

2013.3.13

今日のブログは息子が一番好きだというあだち充という作者のスポーツを題材にした「ラフ」というマンガのラストシーン風に書いてみました。

おーい、頑固・素直君
おーい、頑固・素直君
応答せよ、応答せよ
元気ですかー
まっすぐに前を向いて新しい場所で頑張りますね
先生は君のことを信じています

おーい、頑固・素直君
おーい、頑固・素直君
応答せよ、応答せよ
元気ですかー
まっすぐに高いところを目指して生きていきますね
先生は君のことを応援しています

頑張れ
頑張れ
そしてもう少し笑いなさい!

読者のみなさん、意味不明のブログを読ませてすみません。

2013.3.10

昨日、名古屋に仕事で来てホテルに宿泊し、今朝名古屋ウイメンズマラソンをテレビ観戦しました。今シーズン、日本国内の大きな試合では、初めて日本人ランナーが優勝しました。やや、気温が高い中、ケニア、エチオピア勢に勝った木崎良子選手にあっぱれです。この選手は、佛教大学時代から、将来を期待されていた選手で、ロンドンオリンピックの日本代表でもあり、個人的にもずっと応援してきた選手です。また、長い故障から復活の走りを見せて、3位に入った野口みずき選手にも、あっぱれです。マラソンが終わって、NHKの将棋にチャンネルを変えたところ、NHK杯戦の準決勝で羽生善治棋士が大逆転で勝ちました。

2013.3.9

昨夜のWBC台湾戦は、本当に目が離せない試合でした。本当に、最後に日本を救ったのは中日ドラゴンズの井端選手でした。ブラジル戦でも、井端選手は日本を救いました。井端選手に「大あっぱれ」です。井端選手を最後に日本代表チームに残した山本監督に「小あっぱれ」です。そして、台湾戦でもブラジル戦でもヒーローインタビューの最初に井端選手を呼ばなかったテレビ局に「喝」です。それにしても最初フロックと考えていたオランダの強さは本物のようです。すでに過去の大会の準優勝国や3位の国から金星を挙げているわけですから。

2013.3.7

そろそろ大学入試も終盤戦です。ちょうど40年前に私も入試を受けていたわけです。さて、昔を振り返って、どんな気持ちで高校時代、勉強をしていたのか思い出してみました。記憶の中にあるのは、成績が下がると部活をやめさせられる、成績が下がらない限り部活はやれるところまで続けていいという暗黙の了解が親との間にあり、部活を続けられるようにという理由だけで勉強していたような気がします。結局、夏の山形県での全国インターハイまで陸上競技を続けられました。青春の1ページでした。ちなみに、東京大学医学部の入試の結果を誰よりも喜んでくれたのは、京都大学医学部卒の父親でした。

2013.3.6

昨日はちょっとした出来事があって東京に帰って今朝、診療のためにまた金沢に戻ってきました。少し遅れての外来診療でしたが、心折れそうになって来院したアトピー性皮膚炎の若者が何人もいて、スケジュールを調整して帰ってきて良かったと心の底から思いました。また、脈絡のない話ですが、親孝行ってなんだろうと思考があらぬ方向に飛んでしまいました。

2013.3.3

昨夜からWBCの野球が始まりました。それにしても、鉄板のはずのブラジルに大苦戦で、侍ジャパンは大丈夫でしょうか?レジナットという3番打者一人にやられていた感じです。やはり、打てない、長打が出ないのが問題だと思います。今夜の中国戦も応援します。

2013.3.2

私の旅行好きが高じて、今回は自称旅行コンサルタントに変じて、とあるMR君に迷惑かけているかもしれません。「お節介」「有難迷惑」「押しつけがましい」なあんて外野からヤジが飛んできそうです。
さて、事の顛末を紹介します。あるMR君が来年結婚して、新婚旅行に行くというのです。「新婚旅行はどこに行くの?」と聞いたところ「まあ、ハワイかグアム」との返事で「語学に自信がないなら無難な選択だね」と返したところ、横にいた所長が「彼は外大卒で、スペイン語ペラペラなんですわ。」との情報が入りました。新婚旅行は夫婦生活の原点ですから、ここでアドバンテージを利用しない手はないということで、スペイン旅行を勧めました。「きっと、ツアー客の中で一人スペイン語が話せるとかっこいいよ。」と煽ってしまいました。その後の展開でMR君の彼女も同意してくれたようで、その線で話が進んでいるようです。おまけに、「スペインツアーは結構バス移動が多いから、少し高くても、飛行機移動と新幹線移動が組み合わされたプランがいいよ。」とか「マドリードの美術館は夜間無料ですいているからお勧めだよ。」なんてお節介の上塗りをしてしまいました。でも、思うんです。思い出はお金で買えないけれど、思い出はお金でより良いものにできるのではないかと。ちなみに、私の新婚旅行は31年前のカナディアン・ロッキーでした。お城のようなホテルに泊まったのが大切な思い出です。。

▲ページの先頭へ