本文へジャンプ

2013.4.30

昨日の織田記念大会で洛南高校3年生桐生祥秀選手が日本歴代2位の10秒01の記録を出しました。伊東浩司が15年前に10秒00を出して以来の好記録です。昨年出した世界ユース記録よりも0秒18記録を縮めています。日本初、アジア人初の9秒台が期待されますが、この選手はどうやら昨年の秋から急に強くなったようです。全国インターハイでもどれだけ活躍したのかと思いきや、10秒63で全国4位でした。陸上競技小説の「一瞬の風になれ」のように彼はある日風になったんでしょうか?

2013.4.29

プロ野球3・4月のセリーグの月間MVP投手部門が誰になるのか、注目されるところです。先発投手4人が3勝で、読売菅野は防御率2.57、阪神藤浪は防御率1.67、ヤクルト小川が防御率2.08で、防御率では藤浪がリードしています。ただし、小川は負けなしで菅野、藤浪は1敗している点が微妙です。阪神の榎田の防御率は0.61とセリーグダントツ1位ですが2勝2敗では無理でしょう。ひょっとして10セーブを挙げた読売西村が大穴かもしれません。 個人的にはドラフト一押しにした藤浪に取ってもらいたいです。

2013.4.28

いよいよ、当教室創立100周年記念講演会(5月19日)まで、3週間ちょうどとなりました。同窓会員120名を含む約400名が参加してくれる予定で、ホテル日航金沢で開催されます。特別の料理のもてなし、同窓会員に対する100周年記念品、参加者へのお土産などすべてがスペシャルです。前日に、山代温泉にて前夜祭も開催する予定です。

2013.4.26

昨日、世界陸上のマラソン代表が発表されました。私的にショックだったのは女子の選考枠5のうち3人しか選ばれなかったことです。横浜国際日本人1位の那須川瑞穂とか大阪国際3位の渡辺裕子は選んでやってもよかったのでないでしょうか?特に渡辺裕子は伸び代もあるわけですし。ケニア・エチオピア勢が隆盛を極める今、入賞狙いで選手を多目に選んでもよいのではと思います。入賞の可能性のみを重視するなら、男子も同じく3人にすべきです。

2013.4.24

もうすぐ連休です。今年は(今年も)特に大きな予定はないので、じっくり読書でもしようかと思っています。あと気になる映画として三浦しをん原作の「舟を編む」が上映されます。松田龍平と宮崎あおいが主演です。ワイフを誘っていこうかなと考えています。ちなみにワイフは日本語教師(パートタイム)をしていて、日本語の辞書をテーマにしたこの映画を一緒に行く相手としてはぴったりだと思います。連休明けにはイギリスの学会に出かけてきます。。

2013.4.22

今日は野球用語の不思議について書きます。ピンチヒッター、チャンスに出る打者では?フィルダースチョイス(野手選択)、投げるべき相手を誤選択では?ショートストップ、ファースト、セカンド、サードの次はフォースでは?なお、ショートは短いという意味で本来は投手とセカンドベースの間に守っていたようです。

2013.4.21

読売ジャイアンツが好調ですが、その陰で阪神タイガースも好調です。昨日は6年ぶりに先発勝利投手となった小嶋達也が6年ぶりに先発勝利投手になりました。ちなみに小嶋投手は石川県の遊学館高校が創部2年目で甲子園に出場した時のエースです、ここしばらくぱっとしませんでしたが今度こそ頑張ってもらいたいです。もう一人は藤浪晋太郎投手で、調子が悪いなりにも7回を無失点で抑えたのはすごいと思います。甲子園無敗伝説は続きます。

2013.4.19

いよいよ教室創立100周年のイベントまで、ちょうど1か月となりました。構想3年、具体的な準備1年で、もうそこまでになりました。参加者に喜んでいただけるような企画、料理、お土産、そして心に残る思い出をプレゼントしたいです。

2013.4.18

正式決定では無いのではっきりは書けませんが、当教室にとって大変目出度く嬉しいことが今日ありました。本当に心の底から嬉しいです。正式決定は多分6月頃だろうと思うので、その時またブログに書きます。また、タイの政治学の学問を目指していたはずの我が娘の来年度の就職先が決まったようです。これも内定なので具体的には書けませんが、インターネット関係のグローバルな会社で、頭が廻ってしまいそうな名前の会社です。自分で決めたことなので、親としては何も言わずに応援したいと思います。

2013.4.17

私のブログの愛読者より、スポーツネタと旅行ネタが多いとの指摘を受けますので、今日は読書ネタにします。これまでに読んだノンフィクションの中で私のベストは「ポーツマスの旗」(吉村昭著)で、日露戦争後のポーツマス条約での小村寿太郎のことを書いたものです。同じ吉村昭の書いた「戦艦武蔵」や「関東大震災」も好きです。ちなみに「戦艦武蔵」にはワイフの祖父が登場します、これ本当です。

2013.4.15

昨年10月25日のプロ野球ドラフトに対する私のブログです。

私なりに分析しましたが、今回のドラフト候補のピカイチは大阪桐蔭高校の藤浪晋太郎でしょう。夏の甲子園の準決勝、決勝で完封勝利した点が高く評価でき、肝心なところまでは力を貯めていたことが想像されます。これに対して、花巻東の大谷翔平に対する私の評価は低く、スピードガンでの球速が速いだけで、夏の甲子園の県大会でも決勝で敗れていますし、夏の甲子園の後の国際大会でも、甲子園に出場していない割には特別よかったわけではありません。従って、メジャーでの活躍は厳しいと思います。菅野智之と東浜巨はローテーションピッチャーとしてそこそこやると思います。

これで東浜が勝ってくれると予想がほぼ当たったことになります。

2013.4.12

大阪のPL学園が暴力不祥事で夏の甲子園大会の予選出場が出来なくなりました。PL学園と言えば思い出されるのが、元読売ジャイアンツの桑田真澄投手です。桑田投手は上級生が下級生を殴るのが当たり前だった時代でも全く手を出さなかったようです。2年下の元中日ドラゴンズの立浪選手が「桑田さんは神様のようだった」と言っていますし、桑田投手自身が「殴られて野球が上達することはなかった」と言っています。立派だと思います。桑田投手の同級生のK選手はやっぱり下級生を派手に殴ったのでしょかね?

2013.4.10

昨年、9月22日のブログで紹介した百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」が本屋大賞を獲得しました。出光石油の創始者のことを書いた伝記小説ですが、とっても面白かったので選考結果にうなずけました。

2013.4.8

読売ジャイアンツの連勝が止まりません。なんといってもスタメンの外人の2人が良く打っています。私の持論では、日本で活躍できる外国人プロ野球選手のポジションは、守備の良くない選手が守るファースト、レフト、指名打者(パリーグの場合)にほぼ限定されます。しかし、右打ちの内野手(サードやセカンド)で失敗してきたのが過去数年のジャイアンツで、今年は正しい方向で外国人選手を採用した感じです。ちなみにロペスがファーストでボウカーがレフトです。ただ、そろそろ阿部捕手の後継者を育てつつ、阿部選手を半分くらいファーストで使ってもらいたい感じです。

2013.4.5

昨日、日銀の金融政策が発表され、インフレを目指した流れになりそうです。また、春闘では満額回答が続出してなんかうらやましい感じです。それに反して、我々半公務員は給与をカットされ退職金も大幅カットされ、この上インフレになればどうやって生きていけばよいのでしょう。不条理を感じる今日この頃です。

2013.4.3

私が大のファンである長嶋茂雄・松井秀喜両元読売ジャイアンツ選手に国民栄誉賞が送られることが発表されました。長嶋氏については遅すぎる、松井氏については単独では無理だったのではなどと論議を呼んでいます。長嶋茂雄の引退の時期には国民栄誉賞がなかった、大リーグでの日本人の活躍としては野茂英雄のほうが上ではとかいろいろ言いたくなりますが、国民栄誉賞そのものが歴代内閣の点数稼ぎのようなものですから、ここは素直に両氏におめでとうございますと言わせていただきます。

2013.4.2

一昨日の女子ゴルフで20歳の堀奈津佳という選手が初優勝しました。どうでもいいことですが、所属は「サマンサタバサ」です。前日に、ルール違反疑惑があり、物議をかもした選手ですが、プレッシャーに負けずに勝ち切りました。その他、プロ野球でもジャイアンツの菅野投手やタイガースの藤浪投手が勝ち星にはならなかったものの、上々のスタートを切っています。それに反して、頑張れ、遼!

2013.4.1

いよいよ新年度です。教室にも新しい仲間5人(後期研修医3名、前期研修医2年目1名、修士課程大学院生1名)が加わり、新体制がスタートしました。今日から新しい気持ちで診療をスタートさせることができました。残りの任期7年間、精一杯頑張ります。

▲ページの先頭へ