本文へジャンプ

2013.6.29

陸上競技男子100mの日本歴代2位の記録保持者の桐生祥秀選手について、彼の指導者にひとこと言いたいです。「こんなにも過密スケジュールで、彼をつぶすつもりですか?」と。元々、高校総体(県大会→近畿大会→全国大会)の路線と世界選手権(日本選手権→世界選手権)の両方を走るのもクレージーと言いたいほど過密ですが、昨日のニュースで興業的な試合のヨーロッパでのダイアモンドリーグに出場すると聞いて驚愕しました。陸上競技の短距離では、記録が上がれば上がるほど、故障のリスクが上がります。高校総体路線も、学校別の総合優勝狙いもあるようで、もっと本人を大事に使ってやってほしいです。そういえば、この陸上部の顧問は体罰問題で謹慎させられたことがあるはずですよね。

2013.6.28

中日ドラゴンズの山井投手がついにノーヒットノーランを達成しました。あの日本シリーズの幻の完全試合から6年、あと一人で落合監督に交代させられて消化不良の感じが続いていましたが、なんかすっきりした感じです。というか、山井投手には頑張って完全試合にもトライして欲しいと思います。

2013.6.26

今年の梅雨は雨が少ないと言われていますが、ふとどうして、梅雨はウメのアメなのか気になりました。意外とみんな知っていて、自分だけが知らないのではとハラハラしながらネットでチェックしてみましたが、どうもはっきりした語源は分からないようです。。

2013.6.24

今年の誕生日に子供たちからプレゼントされた電子書籍について書きます。まず、長所です。目に優しい。軽い。購入するのに手間がかからない。どこまで読んだかが記録されている。実際の立ち読みより本の概略が分かる。短所は、書店より選択肢が少ない、バッテリーが自然放電する、くらいでしょうか?現在1冊目の吉村昭作「海の史劇」で日露戦争のロシア第2太平洋艦隊(いわゆるバルチック艦隊)の動向を描いたものを読んでいます。電子書籍は三省堂のものです。

2013.6.21

「この100年間にこんなことがありました」の続編です。意外と昔からあったなと思うことを今日は書いてみました。

・1915年、現全国高校野球(当時の全国中学野球)が開始
・1919年コカコーラ輸入販売開始
・1927年、日本初の地下鉄開業
・1930年、初の自動公衆電話設置
・1931年、初のエアーガール(現CA)採用
・1932年、日本ダービー開始
・1940年、ナイロンストキング流行
・1941年、国産初のカラーフィルム発売
・1946年、「サザエさん」連載開始

サザエさん以外は戦前ですね。

2013.6.19

今日は金沢大学皮膚学教室創立100周年記念誌の中で、自分が書いた「この100年間にこんなことがありました」より、自分で「これって意外と最近のことなんだ!」と感心した事項について書いてみました。

・ソフトバンクモバイル社設立、2006年
・六本木ヒルズ開業、2003年
・ユーロ現金流通開始、2002年
・ETC一般利用開始、2001年
・関西空港開業、1994年
・国鉄民営化、1987年
・テレホンカード式電話開始、1982年
・日本初のカーナビ、1981年
・ラジカセ、ビデオデッキ発売、1976年
・日本初のしゃぶしゃぶレストラン開業、1952年
・将棋実力名人戦スタート、1937年

こんなところでしょうか?

2013.6.16

以前から疑問に思っていたことを、昨夜のNHKのサタデースポーツの解説者も言っていました。このままだと、プロ野球セリーグは大幅に負け越したチームがクライマックスシリーズに出場することになりそうです。やはり、勝ち越しをクライマックスシリーズ出場の条件にすべきと思いますが・・・

2013.6.14

今週は日本皮膚科学会総会が横浜で開催されます。ちょっと遠回りになりますが、これから横浜に向かいます。

2013.6.12

国際線のシートプログラムで連休中に読んだあだち充の「タッチ」の劇場アニメ版をやっていました。90分ものでしたが大変不満の残るものでした。特に不満なのは原作は双子の弟が事故死した後、ぐうたらな兄貴は2年間かかって自分を鍛え直して甲子園に行くのですが、映画では1年生の緊急代役で甲子園の地区予選で勝ってしまうのです。原作のほうが100倍「深い」作品だと思いました。

2013.6.11

ヨーロッパリウマチ学会出席のため、マドリードに来ています。羽田発のフランクフルト行きの夜行便はなかなか優れもので、乗ってすぐに寝れるところが自然で楽でした。しかしながら、フランクフルトからマドリード行の便が、フランスのストの影響とのことで3時間も遅れてしまいました。早く着いたのもあり、結局空港に7時間くらいいたことになり、いささか疲れました。明日から、勉強します。

2013.6.9

今日飛行機に乗っていたところ、6月9日は皇太子の成婚記念日で、ドナルドダックの誕生日でもあるとアナウンスしていました。実は、私の誕生日でもあり、まさに今日、戸籍上家族が増えた日でもあるので、とても目出度い日になります。加えて、子供たちから電子書籍の誕生日プレゼントをもらいました。重い本を持ち歩いて肩を凝らさないようにという趣旨のようで、大変嬉しいです。早速、何冊かダウンロードして、明日からのマドリードへの海外出張中に読みたいと思います。

2013.6.8

時間の経つのは早いもので、100周年からほぼ3週間が過ぎました。ここで、100周年を巡る裏話を紹介して、そろそろこの話題も一区切りつけたいと思います。

・ホテル日航金沢との相談はちょうど3年前、前夜祭の葉渡莉との相談は2年半前、料亭つる幸への参加依頼も2年半前でした。ちなみに、ホテル日航金沢からパーティレセプタント50名の発注も2年前だったそうです。気が早いといろいろな人から笑われましたが、準備は早いほうが良いに決まっています。

・いろいろと検討した結果イベントの日を5月19日としましたが、大きな学会を外し年度初めや梅雨、台風シーズンなどで消去法で行くと、ほとんどこの日しか残りませんでした。 2年前では、自由に日を選べなかったと思います。

・教室員の記念事業である研究教育機器更新のための寄付について毎月の積み立ても3年前の2010年4月から開始しました。私自身は5000円×36か月プラス追加12万円で30万円寄付しました。委任経理への寄付として、免税にしたのが良かったと思います。

・記念品である写真立てはちょうど1年前からワイフと探しました。記念の文字を写真立ての表に入れるか裏に入れるかで少し夫婦喧嘩をしましたが、素敵な記念品を見つけてくれたワイフに感謝・感謝です。

・お土産の選定を開始したのは半年前でした。日持ちのするホールの洋菓子で、直接ケーキに祝百周年の文字を入れるという条件を満たしてくれるところを探しましたが、なかなか難航しました。いろいろなお店で「熨斗紙に書けばよいことを、どうして直接書くのですか」「真空パックにするケーキに細工をすることは無理ですよ」「メッセージカードを付けたらどうですか?」と言われましたが、結局ワイフがオレンジケーキの味について強く推薦してくれたグランドパレスホテルが引き受けてくれました。結果、金箔の文字で大変おめでたくなり、よかったです。グランドパレスホテルでも試行錯誤を繰り返し、完成までに3か月ほどかかったようです。今日版プロジェクトXみたいです。

・100周年記念誌も原稿をいっぱい集めました。歴代幹部・夫婦や親子・基幹病院や開業の代表・秘話・同門以外の人(秘書さんや技官さん、名物MRなど)など色々な切り口で原稿依頼をしました。

・学術記念講演会も企画して良かったと思います。海外からの特別講演や国内からの招待講演はもとより、教室関係者による「忘れられない症例」12演題も好評でした。長めに設定した昼食休憩も、記念写真や昔話の貴重な時間になりました。

・記念式典の最後の私の挨拶ですが、2日前までは1分程度の簡単なものにするつもりで全く準備していませんでしたが、外国人の来賓もいるから英語でも謝辞を述べたほうが良い、それならば日本人への謝辞も長くしたほうが良い、いっそ英語の部分で日本語では照れてしまうサプライズをやろうかなということになりました。ざっと、原稿を書いて見ると約10分のスピーチになり、結局全部暗記するために当日までに2日間で約70回練習しました。よっぽど、原稿を読もうかと思ったのですが、せっかくのセレモニーなので退路を断って、原稿を手元にも置かず、覚え切ることにしました。実際相当緊張しましたが、無事スピーチを終えた時はやったと思いました。

・今思い出すことなのですが、ホテル日航金沢のスタッフの人たちのいい意味での殺気とも言える本気が感じられました。このイベントをなんとしてでも成功させようという気持ちが伝わってきて嬉しかったです。

・最後に、やっぱり今回の100周年記念行事が成功したのは2人の医局秘書さん・教授秘書さんの貢献が大で、二人とも楽しみながらもきっちりと予定のプランを実行してくれたことに感謝・感謝です。

また、思いついて100周年の話題に触れるかもしれませんが、今日はこれぐらいで・・・

2013.6.6

現在、自分のパソコンで100周年記念事業の写真集の原案を作っています。なんか、みんなの嬉しさが込められているようで、作業が楽しいです。ちなみに、ホテルから写真の生データをもらったのが1週間前のことですが、あと1,2ページを残してほぼ見本がパワーポイントで出来上がりました。本物が待ち遠しいです。

2013.6.5

昨夜、日本代表がブラジルワールドカップ出場を決めました。PKを正面に決めた本田圭介選手にあっぱれです。ただ、昨日の試合はワールドカップ上位を狙う戦いではなかったように思います。最近、本田圭佑選手のFKが以前ほど無回転でストンと落ちなくなってきたことが気になります。

2013.6.2

週刊誌に前から気になっていた事件の顛末が紹介されていたので、ここでも書きます。少し複雑な話なので、箇条書きにします。

・あるサラリーマン(年収800万円)が、市販の競馬予想ソフトを改造して、自家製ソフトを作成した。
・ネット上でソフトが自動的に全レースの馬券を購入した。
・3年間で28億7千万円の馬券を購入して、30億1千万円の配当を得た。
・差引1億6千万円の利益を得ていた。
・税務調査が入った結果、配当金総額に課せられ、5億7千万円が課税された。
・その際、ハズレ馬券の購入費は一切経費として認められなかった。
・その後、裁判ではハズレ馬券の購入費が経費として認められ、税額は5200万円に引き下げられた。

まあ、妥当な結論だと思います。でもこのソフトを作った人は賢いですね。

2013.6.1

今日から6月です。当教室の長谷川稔先生が福井大学の皮膚科の教授として本日付で赴任します、私は東京での挨拶回りを済ませてこれから、長谷川先生の教室祝賀会に参加するために金沢に戻ります。

▲ページの先頭へ