本文へジャンプ

2013.8.31

今夜のスポーツニュースであの選手が紹介されていました。北京オリンピックで落球し、バッシングを受けたGG佐藤です。オリックスを解雇された後、イタリアに移籍したのは知っていましたが、帰国後富山のクラブチームに所属し、今年から千葉ロッテマリーンズに所属しているようです。ここのところ頑張っているようで、今後も頑張れと応援したくなりました。

2013.8.30

昨夜のニュースでヤクルトスワローズのバレンティン選手のインタビューが放送されていました。アナウンサーからの今年のバッティングについて気を付けている点の質問の回答として、本塁打より打率を意識している、センター返しにコンパクトな打撃を心がけている、三振を減らして四球を稼ごうとしているとのことでした。何やら、コーチの指示の受け売りのような気もしますが、それでも結果として本塁打を量産しているから大したもんです。先日ブログで書いた日本で活躍する助っ人外国人の条件として、変化球に対応できる能力を加えたいと思います。あと、ある野球評論家がこれまでバース、カブレラ、ローズなどは残り試合数試合で王貞治の選手に近づいたので敬遠が増えて新記録が阻まれてき たけれども、今年はぶっちぎりの残り試合数で王貞治の記録に並べば、残り20試合すべて敬遠なんてできないだろうと書いていました。バレンティンの新記録に期待します。

2013.8.28

ブログの訂正です。先週、8月21日のブログで紹介したアトピー性皮膚炎の患児は小学3年生ではなく5年生でした。まあそれはともかく、昨日ほぼ完璧な状態で来院され、次回の予約は冬休みとしました。お母さまが「皮膚がこんなに柔らかくなったんです。」と喜んでおられたのが印象的でした。また、薬の塗り方も「先生からこんな風に塗るように言われたはずだよ。」と子供のほうがお母さんを指示していたようです。おそるべし、小学校5年生。このまま順調に成長して地元の国立大学の医学部を目指してほしいと思います。
 ところで、今年の夏休みに呼んだ電子書籍について総括したいと思います、総計9冊で、吉村昭のノンフィクションが4冊、堂場瞬一のスポーツ小説が4冊、その他が1冊でした。やっぱり電子書籍は軽くて便利です。息子と娘に感謝感謝!

2013.8.26

今朝の読売新聞の朝刊の地方版に驚愕の事実が報道されていました。金沢二水高校の高校3年生の女子が高校総体陸上200mで全国優勝、且つ100mで4位、400mで3位とのことです。進学校でのこの成績は「あっぱれ」で、将来福島千里のように育ってほしいと思います。

2013.8.23

今日はプロ野球ネタで行きたいと思います。イチローの日米通算4000本安打は立派なもんです。このままのペースで行けば、あと2年後のシーズン終了後までにメージャー3000本安打と、ピートロズの通算4256本を抜きそうです。自身がインタビューで答えていたように5000本も視野に入れて頑張って欲しいです。ところで、日本ではヤクルトのバレンティン選手が王貞治の年間55本の本塁打記録を抜くのでしょうか?現在、46本で残り試合が37試合ですから10本は軽く打てそうです。これだけ本塁打を量産しているので打点もダントツかと思いきや、DeNAのブランコが113打点とバレンティンの99打点を大きく引き離しています。このままいくと、非常のよく飛ぶボールを使っていた時代の小鶴誠の161打点を更新するかもしれ ません。日本で活躍する外国人は、デブ、足が遅い、守備が下手、レフトかファースト、年齢は若くてメジャーの実績が乏しいという竹原説が今年も証明されそうです。

2013.8.21

一昨日来院した患者さんのことを書かせてもらいます。小学校3年生でアトピー性皮膚炎で来院した患児の予診票に「同級生の○○さんからの紹介」と書いてあったので、「同級生のお母さんから勧められたのですか?」とお母さんに聞いたところ。「いや、本人が○○君が良くなっているのを見て、『ぼくも同じお医者さんにかかりたい』と言ったんです」との回答が返ってきました。9歳でも自分の道を切り開いていく子がいるんだと感動しました。とても礼儀正しく、受け答えもしっかりしていてさすが○○の小学校の子はしっかりしていると感心してしまいました。ちなみに一昨日のブログに登場した頑固君の同級生の弟の同級生ということにもなります。一人の患者さんを全力で治療するとその周囲に幸せ の輪が広がっていくような気がして、私も幸せな気持ちになれました。

2013.8.19

自分の夏休みは世界陸上と同時に終了し、今日から本格的に診療が再開されました。3月13日のブログで紹介した頑固君(その後に素直君)が今日、5カ月ぶりに再診し、はにかみながらの笑顔とほぼ完璧に整えられた皮膚の状態を見せてくれました。予想はしていたもののホッとしたというのが本音です。

2013.8.17

世界陸上で悲劇が起こりました。女子200m決勝で、アリソン・フェリックスが肉離れで転倒しました。リレーはダメそうなので、27歳の彼女ですが、2年後、4年後の世界陸上や3年後のオリンピックに期待したいと思います。

2013.8.16

今夜の世界陸上では、女子200mに出場するアメリカのアリソン・フェリックスを応援します。理由は彼女の走り方がただただ美しいからです。頑張れ、アリソン。

2013.8.14

昨夜の世界陸上の女子棒高跳びのイレーナ・イシンバエワの優勝をライブで観戦していた時には鳥肌が立ちました。女王とはいえ最近不振が続き、今回で引退が伝えられる中、金メダルは難しいだろうと予想しつつ、応援していました。追い詰められた中、4m89を1回で飛んで大逆転でした。エレーナにあっぱれです。

2013.8.12

世界陸上でウサイン・ボルトが100mで貫録の勝利でしたが、女子10000mの新谷仁美の堂々たる5位に感動しました。エチオピア、ケニア勢の圧倒的強い10000mで、9000mまでトップ集団を走る積極レースで、5位入賞でうれし泣きかと思いきや、メダルを取れなかった、最後の1周で勝負が出来なかったという悔し泣きでした。新谷は高校駅伝のころから注目していた選手で、現在は小出義雄監督の秘蔵子です。これからも上を目指して頑張ってほしいと思います。

2013.8.11

世界陸上が始まりました。女子マラソンの福祉加代子、銅メダルはよく頑張りました。男子100mの予選の桐生、山縣はいずれも惜しかったですが、まだ力不足だと思います。室伏広治の男子ハンマー投げの世界記録は1986年のソ連の選手の記録がまだ破られていません。同じ年の世界歴代3位のソ連の選手の子供も今回参加しています。そんなに古い世界記録がいまだに破られていないのはやっぱりあれでしょうか。やっぱりあれですよね。それを考えると、、室伏広治の自己記録は世界歴代5位、2000年以降の3番目の記録は立派です。

2013.8.9

日本に帰って来る時の飛行機のシートプログラムで最高の未公開映画を見ることが出来ました。映画のタイトルは「42世界を変えた男」で、黒人初の大リーガー、ジャッキー・ロビンソンを描いた実話に基づく作品です。ジャッキー・ロビンソンの背番号42はメジャーリーグ全球団共通の永久欠番になっていますが、初期の黒人選手の道を切り開いた困難な過程を描いています。また、黒人選手を起用しようという英断を下したブルックリン・ドジャースのGMブランチ・リッチーとの交流も描かれていますが、その俳優はハリソン・フォードに似た老人だなあと思っていたところ、映画の最後でハリソン・フォードその人だと分かりました。映画の中で出てきた「仕返しをしない勇気を持つんだ」というセリフが好 きです。なお、ジャッキー・ロビンソンはメジャー昇格後4年間盗塁死が記録されていません。凄いもんです。

2013.8.7

ボストンの学会も今日で終わりです。最後にボストン美術館に寄ってきましたが、観たかったモネの「日本娘」は展示されていませんでした。残念です。

2013.8.3

今、ボストンのフェンウエイパークから帰ってきたところです。学会開始前の土曜日の夜、レッドソックスの試合を観に行ってきましたが、理想的な展開で田澤と上原の両方が登板しました。田澤は8回ノーアウト満塁の3対1からで、1失点、上原は9回のイニングの最初からで5対2の場面でした。8回裏にレッドソックスに2ランホームランが出た時に、スクリーンに上原の「ラッキー」と言ってそうな顔がアップで映りました。結果はそのまま上原が抑え切り、田澤のホールド、上原のセーブでした。理想的な展開で、本当に予約して観戦して来てよかったと思います。明日からしっかり強皮症の勉強をします。

2013.8.2

今、ボストン行のユナイテッド便をシカゴで待っています。ボストンは日本から直行便があるのですが、どうしても乗りなれたほうの航空会社に乗ってしまいます。今のところ順調で、明日は学会のスケジュールが夕方だけなので夜にグリーンモンスターに出かけてきます。

▲ページの先頭へ