本文へジャンプ

2013.10.30

これからサンディゴ空港から帰国します。帰国後すぐに名古屋の中部支部学会に行きます。日本でも、アメリカでも野球のポストシーズンは大詰めなようです。

2013.10.29

アメリカのリウマチ学会で、昨日教室の加治先生の口演が無事終了し、ほっとしています。なんか、アメリカのリウマチ学会なのに、強皮症のセッションはアメリカ人以外が多く参加しているような気がしました。特に、日本人とドイツ系ですかね。終了後、関係者一同で、ガスランプという観光地区内のステーキハウスに行ってきました。味はまあまあでした。

2013.10.28

今、学会でアメリカ西海岸のサンディエゴに来ています。昨夜はあまりすることがないので、ワールドシリーズをテレビで見ていましたが、田澤も打たれ、上原が投げても不運な走塁妨害でレッドソックスが負けてしまいました。あと何日テレビ観戦ができるのでしょうか?頑張れ、レッドソックス。

2013.10.25

昨日、プロ野球のドラフト会議がありました。個人的に残念なのは、阪神タイガースが大阪桐蔭高校の森友哉捕手を1位指名しなかったことです。甲子園で春夏連続優勝した藤浪晋太郎との黄金バッテリーを期待していたのですが…楽天に指名が決定した桐光学園の松井祐樹投手には三振にこだわらず、技巧派投手を目指して欲しいと思います。

2013.10.23

以前、飛行機のシートプログラムであだち充原作の「タッチ」のアニメ版が原作と変わっていて、不満が残ると書きましたが、今回飛行機の中で「ラフ」というあだち充の名作の実写版を見ました。残念ながら、絶妙とも言えるラストのシーンが変えられていてがっかりでした。どうして映画になると、話の本質が変わってしまうのでしょうか?

2013.10.21

今日、プラハから成田空港に帰ってきて、成田便の乗り継ぎ待ちです。プラハでは、最終日の昼食に「ジビエ」と言う獣肉のレストランに行ってきましたが。鴨、鹿、ウサギなど変わった味を堪能してきました。全体に味が濃く、のどが渇いたのが難点でしたが・・・

2013.10.19

ある研究会でチェコのプラハに来ています。午後少しだけ抜け出して、観光地の目玉であるカレル橋に行ってきましたが、銀座の歩行者天国並みに混んでいました。橋のたもとの当の上から写メを撮ってきました。滞在2泊で明日帰ります。

2013.10.16

私のスポーツ談義の相手をしてくれるシュワちゃんこと某社のMR君が転勤になりました。シュワちゃんの得意分野はバレーボールでしたが、後任者はサッカーが得意分野のようです。最近は、陸上競技の談義が可能なMR君も見つかりましたが、まだまだ相手が不足しているので、何とかさみしくならないように友達を募集中しています。

2013.10.13

今週末に、研究会でプラハに行ってきますが、旅行案内本の地図を見ていて、「あれ?」と思ったことがあります。ポーランドとリトアニアに囲まれたような感じで、ロシアの飛び地があるのです。ネットで調べてみるとカリーニングラード州と言うようです。元々ドイツ系の人が住んでいたようですが、スターリンがドイツ系の人を追い出してソ連系の人を移住させたことが飛び地になった経緯のようです。世界中にいろんなところがあるのだと思い、ますます旅行ガイドブックが好きになりました。

2013.10.11

昨日の10月10日は、昔は東京オリンピックの開会式の日にちなんで、体育の日とされていました(現在は10月第2月曜日が体育の日)。最初に東京にオリンピックが決まったのは1940年のことで、第2次世界大戦の勃発で、開催を返上したのは有名な話です。ネットで調べて驚いたことがあります。開催を返上したのは夏季の東京だけではなく、同年の札幌の冬季もだったのです。札幌は、東京から遅れること8年で実際に開催しています。

2013.10.9

自称スポーツコメンテーターの私としては、世界体操に触れずにはいられません。個人総合4連覇の内村航平も凄いですし、床で「シライ」の技で金メダルを取った白井健三も立派です。日本にとってすべてがうまくいって、ライバルの中国はさえなかったような気がするものの、この大会何か違和感がありました。その違和感は、オリンピックと違って団体総合がないためであることにようやく気付きました。団体総合がある場合は、オールランダーとスペシャリストの組み合わせの駆け引きが微妙なようですが、今回は団体総合がないため内村航平も伸び伸び演技ができたように思います。

2013.10.5

本日、ワイフと映画「風立ちぬ」を観に行ってきました。もっと、信州の田舎だけを舞台にした映画かと思っていましたが、東京や名古屋も舞台になった大人のアニメでした。ゼロ戦や戦前の結核について詳しくない若者には、ちょっと難しいかもしれませんが、我々にとってはいい映画でした。

2013.10.4

日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会(金沢大学皮膚科学教室主催)まで、あと2か月足らずになりました。いろいろな運営は教室主体でやっていますが、最近の学会では様々な、外注?、代行?下請け?の業者さんが暗躍しているようで、少し心配です。出来るだけ手作りで、直接協議を原則としてやっていきたいと思います。

2013.10.1

いよいよ10月です。大きな声の隣室のドクターがいなくなり、静かになった半面少し寂しいです。どうでもいい議論をする相手として隣人がいなくなり、どうでもいいことの議論ができるもう一人の息子に嫁が来て、どうでもいいことを議論できる相手がいなくなりました。どうでもいいことを真剣に議論できる相手募集しています(笑)。

▲ページの先頭へ