本文へジャンプ

2013.12.27

今年最後のブログです。最後は箱根駅伝予想とします。3強とされているのが、駒澤大学、東洋大学、日本体育大学でこれに絡んで来そうなのが、早稲田大学と帝京大学です。私の優勝予想はズバリ、東洋大学です。設楽双子が最高学年で、1万メートル27分台と記録を伸ばしてきていることと、一昨年の優勝メンバーが結構残っていることです。駒澤大学も確かに有力ですが、出雲駅伝、全日本駅伝と順調過ぎて、ピーキングが上手くできるかが気になります。日本体育大学は昨年ができ過ぎで、優勝できるかもしれないというプレッシャーに勝てない気がします。早稲田大学は大迫一人のチームで総合力で苦しいでしょう。帝京大学は、他の有力校にブレーキが続くとひょっとするかもしれません。正月2日の往路 は出かける用事があってワンセグ頼みの観戦ですが、3日の復路は完全に自宅テレビ前で観るつもりです。

2013.12.24

昨日、ソチオリンピックのフィギュアスケートの日本代表が決定されました。男子の3人目は、高橋大輔か小塚崇彦かで議論されたようですが、日本の3枠獲得に貢献した意味で高橋大輔が選ばれたようです。女子のほうは、鈴木明子が完璧な演技で日本選手権を勝ちきりました。出産後1年以内の安藤美姫もそれなりに頑張りました。ソチでは浅田vsキム・ヨナの戦いに向けて、浅田真央に期待です。

2013.12.22

今日はいろいろと充実した休日でした。まずは、テレビ観戦した男女高校駅伝の総括をします。女子の優勝は愛知、豊川高校の4度目の優勝でしたが、ケニア人抜きの純正日本人での優勝は今年が初めてで、立派な優勝でした。その他、岡山、興譲館高校の10年連続3位以内、兵庫、須磨学園の19年連続8位以内入賞というのもすごいです。男子は、私が予想した、世羅、山梨学院大付属、伊賀白鳳に加えて大牟田の4校がトラック勝負となる大接戦で、山梨学院大付属のアンカーのスプリントの勝利でした。ちなみに、山梨学院大学付属は親大学と違ってケニア人抜きです。
 駅伝終了後にワイフと「永遠の0」の映画を観に行ってきました。昨日の封切りでしたが、今日の夕方の映画館は、開演30分前で完売でした。映画は、百田尚樹の原作の良さを残したままの感動作で映画終了後に客席から拍手が起こったほどでした。巷の噂では、某映画監督がこの映画を好戦の映画と批判したとのことですが、立派に反戦の心を描いた名作と思いました。もし、知人や親戚に特攻で死んだ人がいたら、どんな気持ちで見ただろうと思ってしまいました。ゼロファイター役の主演の岡田准一がめちゃくちゃ恰好よかったです。

2013.12.20

いよいよ師走です。大学病院勤務の私は、先週の教室忘年会でだいたいの予定は終了で、あとは年末の「アトピー外来」を残すのみです。従って、私も大学の教官ですが「走る」ほどには忙しくありません。ところで、東京都知事は謎の言葉の残して辞任しました。「アマチュアだった」「魔が差した」です。しかしながら、道路公団の委員も長く務め、石原都政の5年は実質「猪瀬都政」だったと豪語した人が今更「アマチュア」で通るのでしょうか?東京副都知事で、東京都知事選挙の出馬しようとした人が「魔がさして生活費5千万円を初対面の人から借りる」のでしょうか?自民党の都知事選の候補者は小池百合子か橋本聖子のような気がします。

2013.12.18

世の中には不思議な話があるものです。初めて会った人から生活費を5千万円も貸そうと言われて「お気持ちだけ」と言わずに、「親切な人だなあ」と思って、無利子無担保で借りてしまいます。しかも受け取り場所が議員会館。生活費だったら銀行口座に入れればよさそうなものの、わざわざ貸金庫を新たに借りて預けておく。銀行口座に入れればわずかながらも利息がつきますが、貸金庫に入れれば貸金庫使用料がかかります。通常返す時は借用書をその場で返してもらいますが、後日第3者経由で借用書が返ってくる。そもそも日々の生活に使うものを生活費というのですが、使うつもりがなくて借りた生活費というのは何なんでしょう。

2013.12.16

来週日曜日の高校駅伝の予想をします。毎年、暮れのこの時期には予定が被らないので、10年以上見続けています。陸上競技マガジンの予想では、男子は世羅と山梨学院付属、女子は立命館宇治と山梨学院付属が有力と予想していますが、私的には男子は三重県の伊賀白鳳、女子はケニア人とのハーフの1年生を擁する大阪の薫英女学院に注目したいと思います。ちなみに、箱根駅伝で昨年日体大の優勝の立役者になった「新山の神」服部翔大選手は、高校駅伝花の1区で日本人歴代5位の記録を持っていました。高校時代から凄かったのですね。

2013.12.13

先日のニュースでの報道ですが、西武ドラフト1位指名の大阪桐蔭高校の森佑哉捕手が、駅でプラットホームから落ちた盲人をチームメイトと一緒に助けたとか。そのあと、名前も告げずに立ち去ったのです。森君、格好いいですね。プロ野球での活躍も期待しています。

2013.12.11

最近の日本語で気になる言葉があります。何か問題を起こした時の謝罪の言葉で「ご心配とご迷惑をおかけし・・・」の「ご心配」の部分です。某航空会社の経営破たんの時や東京都の某都知事の政治献金疑惑釈明会見の際にもこのフレーズが使われていましたが、「勝手に心配されていると思わないでほしいんだけど・・・。」と思っていました。最近、見過ごせぬトラブルがあってある製薬会社に抗議文を送りましたが、見事なまでの定型文で「ご心配とご迷惑をおかけし・・・」と書かれた手紙が送られてきました。おまけに何の具体的な反省もなく「略儀ではございますが、取り急ぎ書面にてお詫び申し上げます。」と勝手に完結されてしまいました。お詫びをする側が勝手に「略儀」にするのも、いか んと思いますが、どうなんでしょう。

2013.12.9

先日故郷の神戸に行った時の話です。自宅の近くにあった有名なケーキ屋さんが無くなっていたので、タクシーの運転手さんに聞いたところ、有力な職人さんが独立して田舎に帰ったところ、本店は徐々に寂れてついに閉店したとのこと。ほんの小さな街のケーキ屋さんでしたが、一時期はデパートや新大阪駅に支店を出すほどに栄えていました。その職人さんは、兵庫県の山奥の三田市に店を出したとか。そこで、思い出しました。1カ月ほど前に、日本テレビ系列のROCK YOUという番組で、兵庫県三田市に遠方から買いに来る人がいるほどに人気のケーキ屋さんがあると紹介されていました。神戸市のケーキ屋さんが無くなったのは残念ですが、その味が別の場所で引き継がれていると思うと少しホッとしました。

2013.12.5

学会も終了して一息ついたところと言いたいところですが、昨日講演で徳島に招かれ、今日は私用で生まれ故郷の神戸に寄ってきます。たまたまですが、今日からルミナリエが開催されるので、ちょっと見てこようと思います。お墓参りにも行って、学会の成功を報告してきます。

2013.12.2

昨日無事に当教室が主催する第43回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会が終了しました。自分で言うのもなんですが、質の高い学会として運営することができたと自負しています。そのポイントを総括します。

1)一般演題の時間を例年の質疑合わせて5分から10分に倍増させました。質疑が盛り上がらずに、時間が間延びすることを心配していましたが、ほぼすべてのセッションで十分なディスカッションの元に盛り上がりを見せたようでした。

2)初めての試みとして「興味深い症例報告」のセッションをプレナリー的に設けました。研究より症例報告を重視したという点で、本学会の特徴を出せたと思います。

3)学問以外のことですが、懇親会で用意した「北陸尽くし」の料理を約1時間ちょっとで完食頂きました。お寿司、のどぐろ海鮮鉄板、能登牛ローストビーフ、ブリ大根、冶部煮、白エビかき揚げそば、氷見うどんなどなどを用意させていただきました。おいしいものを期待して学会に参加したという皆様のご期待に添えられたのかと思います。
なお、初日の全員参加のウエルカムドリンクも好評頂きました。

4)5つのシンポジウムを企画しましたが、例年とは異なる若手中心のオーガナイザーで企画いただきました。シンポジウムでも、新しい風を吹き込めたのではないかと思います。

5)また、2人の特別講演者、2人の教育講演者の方にも学会をよりアカデミックなものにしていただきました。4人の先生、本当にありがとうございました。

6)市民公開講座でも、予想を大きく上回る100人以上の市民の方にご参加いただきました。演者の川原先生、江藤先生ありがとうございました。

7)今回の学会では15の企業セミナーを実施しました。ご参加いただいた企業の皆様、ありがとうございました。

8)最後に、私の思い通りの学会を実行してくれた教室員並びに教室関係者、学会運営会社及びホテル日航金沢の皆様に心より御礼申し上げます。

以上です。

▲ページの先頭へ