本文へジャンプ

2014.9.29

昨日のアジア大会陸上競技の決勝で男子100mのアジア記録9秒93が出ました。ところが、アジア人初の9秒台は持ち越しのようで、優勝したカタールの選手はナイジェリア人だからです。陸上競技は、長距離種目だけではなく、短距離種目も帰化選手が増えているようです。

2014.9.27

昨日、読売ジャイアンツがセ・リーグの優勝を決めました。そこで気になってきたのが、MVPです。必ずしも優勝チームから選ばれるわけではありませんが、今年のセ・リーグでは、まったく候補者が浮かんできません。強いて言えば、勝ち頭の菅野投手でしょうが、夏場の長期離脱はマイナスポイントです。過去には例が無いようですが、該当者無しが私的な結論です。

2014.9.24

スポーツ観戦大好きの私にとっては、現在毎日放映されているアジア大会は時間潰しにはもってこいです。しかしながら、水泳やバトミントンを除いて、柔道や体操などでは世界選手権などの大きな大会と時期が近いせいで、主力選手が欠場している種目も少なくありません。全体として、日本記録が出た種目もあまりありません。それでも、日本選手を本気で応援してしまう毎日です。

2014.9.20

テレビでアジア大会のライブ中継を観ていますが、柔道の決勝で男女の選手がモンゴル選手になすすべもなく敗れています。相撲のように、柔道もモンゴルに制覇される時代が近づいているのでしょうか?それから、ロンドンオリンピック代表の福見友子が解説で、山岸絵美が選手だったにもかかわらず、「福見、銀メダル」と本人を前に間違えたTBSのアナウンサーに「喝」です。

2014.9.18

いよいよ、スコットランド独立を決める国民投票が始まります。相当以前のことですが、英会話学校の先生が“I am from Great Britain”というので“Are you English?”と聞いたところ、強い口調で“No, I am Scottish!”と回答されました。多分、英国の中ではそれぞれの国に日中韓ぐらいの意識の違いがあるのだろうと思います。でも、なんとなく個人的には否決される気がします。ちなみに昨年学会でエジンバラに行きましたが、ロンドンと違う国にいるという感じは全くしませんでした。

2014.9.15

先日「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」という本をアマゾンで買いました。facebookで58万人がいいね!と反応したサイトをまとめた本で、絶景の写真、行き方、ベストシーズン、実際の投稿コメントなどが紹介されています。なお、この本での1番人気はイタリアのランペドゥーザ島でした。定年後に、シチリア島とセットで行ってみたいと思います。

2014.9.12

昨日、私がブログでも批判した朝日新聞が、福島原発についての誤報について正式に謝罪しました。ただ、ニュースを見ていて思ったことは、この社には本当に国益を損ねてしまったという真摯な反省があるのかなという点です。社長も、即刻辞めるべきでしょう。サンゴ事件の時でもすぐに辞めたのに、今回の方がトップの責任の取り方が甘いのは、納得できません。

2014.9.10

昨日の全米テニスの錦織圭の準優勝は立派でありかつ残念でした。テニスの世界も世代交代を思わせました。必ず次は優勝と過剰な期待はせずに、今後数年以内に多分4大大会のどれかに勝つと思って、じっくりと吉報を待ちたいと思います。同じように、陸上男子100mの桐生祥秀の9秒台もそのうちいつかという気分でじっくり待ちたいと思います。

2014.9.7

錦織圭が全米テニスで決勝に進出です。ベスト4だけでも大したものだと思っていましたが、まさかジョコビッチに勝つとは感動です。決勝の相手のチリッチも世界ランキングベスト10に入っていない選手で、big4以外の選手同士の決勝になるのは本当にすごいことです。前から気になっていたことで、以前も調べたことがあるのですが、テニスの点数の数え方が不思議な理由を改めて調べてみました。その結果は、45をどうやら言いにくいという理由で40に省略したようですが、なぜ15の倍数になるのかは、時計の画面の4分割等の説があって、良く分からないようです。ついでに、決勝の放送は何とか実現しないのでしょうか?どうやら、WOWOWが権利を持っているようで すが。

2014.9.5

先日の新聞社批判のブログにポジティブな反応がありましたので、その続きを書きます。10年以上前のことですが、ステロイド批判を続けるA新聞の記者さんと議論をしたことがあります。「竹原先生は、ステロイド外用薬は50年の歴史があり、正しく使用すれば問題ないと言われますが、60年後には何も起こっていないと言い切れますか?」と言われたので、「使用開始60年後の経験は誰にもありません。ただし、60年の歴史が無い薬はほかにもたくさんあるはずなので、それらの薬すべてを60年後の安全性が担保されていないとおたくの新聞は批判するべきでしょう。どうして特定の薬だけを狙い撃ちにするのですか?」と切り返したところ、返事はありませんでした。今週も私の外 来にステロイド が怖くて脱ステロイドに走って、結果離職してしまったというお気の毒な女性が2名、初診で受信されました。A新聞等による、根拠に乏しいステロイド批判で人生の目標や輝くはずの青春を手放した人は数限りなく、それらを集計して失われた国益は計り知れないものがあります。本当にやりきれない気持ちです。

2014.9.3

私のブログではあまり政治的な話題には触れないようにしていますが、本日は昨今話題になっているある新聞社の報道姿勢についてコメントします。我が国においては、表現の自由が保証されていますが、二つの明らかな誤報によって国益が大きく損なわれた場合は、そのメディアは直ちに世界に向けて誤報であったことを真摯に謝罪すべきです。ちなみに、この新聞社は過去にいわゆるステロイドバッシングにもずいぶん貢献しましたが、皮膚科医に対する謝罪はありません。

2014.9.1

軟式高校野球連盟に「喝」です。延長50回投げさせた上に、2時間後に決勝戦というスケジュールは鬼です。なんか、中京高校が優勝してほっとしたのは私だけでしょうか?1047球投げた松井投手と相手チームの石岡投手に「アッパレ」です。

▲ページの先頭へ