本文へジャンプ

2014.12.30

 2泊3日の中国青島家族5人の旅行の報告をします。27日土曜日の午前に出発し、午後には青島空港に到着。予約していた現地ツアーの会社の人が空港に迎えてきてくれていて、そのまま市内観光に。ドイツ租界の雰囲気の残る旧市街を散策。小魚山公園、旧ドイツ総督官邸・迎賓館、青島のシンボル桟橋、天主教会などを見学し、最後の青島ビール工場を見学してろ過する前のビールとろ過した後のビールを試飲。その後、山東料理のレストランでガイドさんや運転手さんとも一緒に夕食。出来たばかりのハイアットリージェンシーのオーシャンビューの部屋にガイドさんの特別料金で宿泊。
 翌日は午前は、青島郊外の道教の修行場所である労山観光 、午後は万国建築 博覧会と言われる「八大関」という外国建築の保存村、五四広場という青島のシンボルマークのある広場に、北京オリンピックの際のマリーンスポーツの会場施設見学など。夕方4時半ぐらいにホテルに引き上げて、夕食は一休みしてからホテル内で北京ダックを家族で丸1羽を含む豪華中華料理を格安で食べました。竹原家の掟に従って、夕食は今年初給料を貰った娘の奢りでした。その後、ホテルのラウンジでお茶して就寝。翌日は、朝遅めに起床して、ホテル前のビーチをしばらく散策して、11時に前日までの運転手さんが迎えに来てくれて空港に。空港で買い物と最後のお茶をして無事成田に帰ってきました。コンパクトにまとまった旅行でしたが、とても楽しかったです。唯一の問題はググれなかったことです 。

2014.12.26

 今日が今年最後の外来日です。アトピー性皮膚炎の特別外来で午前午後で105名の患者さんの予約が入っています。かなり多いと思われるかもしれませんが、金沢大学皮膚科では、外来システムが確立しているため、順調に診察できると思います。現在午前8時ですが今から頑張ってきます。
 それから、箱根駅伝の予想を披露したいと思います。優勝はズバリ駒澤大学です。理由は、現役日本人学生でただ一人1万メートルで27分台の村山謙太がいることで、全体の主導権を握れるからです。村山謙太は1区から3区までの前半で起用されるでしょうが、彼がどこに来るのか読めない有力校は、結果としてエース格、准エース格の選手を前半で使い切り、選手層の厚さを誇る駒澤大学有利と考えるからです。昨年優勝の東洋大学は設楽兄弟が抜けたため、3位以内も難しいと思います。駒澤大学に対抗するのは早稲田大学、青山学院大学、明治大学ですが、青山学院大学に注目したいと思います。早稲田大学は5区の山本選手の出来次第で2位か3位が可能と思います。

2014.12.24

 今日はクリスマスイブです。今年は金沢で一人で味気ないクリスマスを過ごすのかと思っていましたが、当日になってサンタさんが素晴らしいプレゼントをくれました。本日受診した中学3年生のアトピー性皮膚炎患者さんからの贈り物です。
 彼女は3年前に重症アトピー性皮膚炎で私の外来を受診しましたが、その後順調に改善していきました。現在は学校の休みごとの年3回の受診で、本日もほぼ皮膚症状の無いほどに完璧にコントロールされていました。その患者さんから思いがけない話を聞かされました。石川県の中学生の英語弁論大会で、私との診療体験を‘The Doctor who gave me a dream ’というタイトルで話したというのです。更に、優秀賞をもらったとのことでした。
 その原稿を頂きましたので、ご本人の了解を取って一部を紹介させていただきます。
・My dream is to become a doctor. One of the main reasons is that I 've met a doctor who is a special and important person to me.
・‘Your illness will get better in three months’ I was so surprised because I had been troubled by my skin for twelve years.Three months later, I found that he was right.
・Now, nobody ask a me about my skin. I enjoy my life without pain and hurt. Being free from illness also has taken away heartache.
・I realized that it was very important for doctor‘s jobs not only to cure patients of physical problems but also to heal their hearts.
・My doctor gave me my dream. I 'll keep studying hard to make my dream come true.
ちょっとというか、相当照れくさいものがありますが、素直にこの患者さんを応援して夢を実現してくれることを祈っています。

2014.12.23

 週の真ん中の祭日は東京に帰ることもできず、なんとも暇なものです。今日は、午前中のレースの録画とはいえ、富士山女子駅伝の放送があったので楽しめました。結果は立命館の圧勝でしたが、2020年のオリンピックにつながる予感を感じさせた選手が二人いましたので、紹介したいと思います。4区区間新の鹿屋体育大学の鍋島莉奈と6区区間新の立命館大学の太田琴菜です。6年後も私の予感が当たることを祈ります。。

2014.12.21

 本日開催された高校駅伝の結果の総括です。まず午前中の女子です。ケニア人とのハーフでスーパー高校生の高松望ムセンビのいる大阪薫英女学院が優勝しました。このチームも気にはなっていたのですが、高松望ムセンビ中心のチームと思っていて優勝候補からは外して考えていました。ところが、、2区の高松望ムセンビ選手自体は期待されたほどの快走ではなかったものの、彼女以外の純日本人選手の走りが素晴らしかったです。1区2位の1年生の嵯峨山選手、3年生双子の加賀山選手の走りが良かったです。優勝候補の常盤と豊川は1,2区の出遅れで躓きました。立命館宇治は4区までは理想の展開だったと思いますが、4区以降でスピードランナーを残していた大阪薫英女学院に かわされました 。ちなみに、石川県の星陵高校は過去最高の14位でした。あっぱれです。
 午後の男子は、下馬評通りの世羅高校の優勝でした。お決まりの3区のケニア人で決まってしまうという大味なレース展開でした。過去12年で調べてみるとケニア人なしで優勝したのは、佐久長聖(のちに早稲田で活躍した大迫選手や東海大で活躍した村澤選手がいました)、鹿児島実業(大東文化大で今年も箱根駅伝を走る市田双子兄弟がいました)、昨年の山梨学院大附属(ちなみに高校ではケニア人抜きです)の3校だけです。そこで提案です。せめて留学生区間を最後のほうの6,7区に限定できないでしょうか?前半で優勝校が決まってしまうのは駅伝ファンとしてはつまらないです。 

2014.12.20

 昨日京都であった前宮地良樹教授の退官記念地方会からの帰りで、金沢に戻って教室忘年会に参加します。今年も実質あと1週間になってきましたが、27日土曜日からか家族みんなで中国の青島に旅行する予定です。飛行機は5人分私のマイルで手配し、現地ツアーの会社も用意万端です。青島ビール工場と労山という道教の聖地に行ってきます。

2014.12.19

 今年のスポーツ感動ベスト3を選びます。素直に、ジャンプのレジェンド葛西、ソチオリンピックとグランプリファイナルで感動をくれたフィギュアの羽生、全米オープン準優勝の錦織でしょう。野球のまー君、ゴルフの松山、相撲の白鵬あたりが次点でしょうか。

2014.12.17

そろそろ今週末の高校駅伝の予想をしたいと思います。男子はケニア人留学生を擁する世羅高校が有力です。対抗するのは大牟田、九州学院、鹿児島実業などの九州勢でしょう。女子は、群馬の常盤高校と愛知豊川高校が有力です。京都立命館宇治の巻き返しにも注目です。あと、見所としては岡山興譲館高校の11年連続3位以内が継続されるかです。兵庫の須磨学園の19年連続入賞記録は今回不出場のため途切れてしまいました。2020年の東京オリンピックに繋がるヒーロー、ヒロインの活躍を期待しています。

2014.12.15

総選挙の結果を総括します。自民党は横ばい、民主党、共産党、公明党が躍進、維新は公示前との比較では横ばいで、いったいどこが減ったのだろうかと考えてしまいました。要はみんなの党18議席、未来の党(現職滋賀県知事が党首だった党)9議席が空中分解したのと、激減した次世代の党(19→2)と生活の党(5→2)の議席が、民主党、共産党、公明党に流れたようです。

2014.12.12

もうすぐ総選挙です。ついては我が家での出来事を紹介します。先日、突然ワイフから「あなたは非国民ね。選挙の投票用紙をごみ箱に捨てたでしょ」と言われました。「いやいや、期日前投票に行ったので捨てたのだよ」と回答して納得してもらいました。与党有利の予想が出ていますが、私の心境もノーモア民主党です。

2014.12.8

サッカーJリーグはまさかのガンバ大阪の大逆転優勝でした。それにしても、残り3試合で勝ち点1しかあげられない浦和レッズの勝ちきれない弱さは何なのでしょう。今年の7月30日のブログでアギーレ監督についてネガティブな意見を述べましたが、既に雲行きが怪しくなってきたようです。

2014.12.5

松坂大輔が日本に復帰するようです。どれくらい活躍してくれるか楽しみですが、かつての伊良部や石井のことを考えると年棒4億、3年間に見合う活躍は難しいのではないでしょうか?私の予想を上回る活躍を祈りますが。

2014.12.3

来年の箱根駅伝について書きます。函嶺洞門の通行禁止によって、5区と6区の長さが変わり、これまでの記録が参考記録になるそうです。それにしても、4年連続5区の区間賞を取った柏原選手はすごいです。それから、監督の運営管理車からの声がけに制限が加わると今朝の新聞に書いてありました。5kmごとで1分以内とのことですが、これは箱根駅伝そのものがつまらなくなったり、選手の不安が増えたりして、改悪だと思います。残念です。

2014.12.1

いろんな人から質問を受けるので、ブログで答えを公開します。来年3月以降、北陸新幹線が開通したら東京との行き来に飛行機を使うか新幹線を使うかというテーマです。腰痛には時間の短い飛行機のほうが良いかと思うのですが、金沢⇔小松、都心⇔羽田の時間のロスを考えるとやはり新幹線になりそうです。従って、航空会社の上級会員も今年の実績が反映される来年までと思います。

▲ページの先頭へ