本文へジャンプ

2015.7.31

 今朝の読売新聞に、「新国立、常設サブトラック断念」と報道されていました。その理由の一つとして、味の素スタジアムや日産スタジアムなど常設サブトラックを持つ競技場が首都圏に複数あるためとのことです。ウーム・・・・・、新国立競技場は東京オリンピック後は主としてサッカー場やラグビー場として使用され、陸上競技場としては使われないということになります。そう言えば、「新国立競技場」と表現され、「新国立陸上競技場」とは言われませんね。陸上競技経験者の私としては、とてもさみしいです。

2015.7.28

 貧打に悩む読売ジャイアンツに、新外国人選手が緊急入団します。読売新聞によると、「二塁打を三塁打にするスピード」と「外野手登録だが内野も守れる」という守備力が売りのようです。残念ながら、読売ジャイアンツは、またまた同じ間違いをしたようです。日本で活躍する外国人選手は、デブで足が遅くて守備が下手で、DH、一塁手、レフトのどれかしか守れないが打撃はよいという選手です。思いつくだけでも、バレンティン、バース、ブーマー、ローズ、フランコ、ウッズ、ラミレス、ブライアント、カブレラ、などです。例外は横浜で二塁手だったローズぐらいでしょう。読売ジャイアンツのフロントには、「デブを連れてこい」と言いたいです。

2015.7.27

 現在、夏の高校野球の県予選の真っ盛りですが、昨年問題になっていた、連投禁止問題はどうなったのでしょう?結局、今年も熱投、「肩壊れても、仲間の為に」という、止めてほしい美談は続くのでしょうか?

2015.7.23

 新国立競技場問題について、追加のコメントを書きます。要は、オリンピックという目出度いイベントだから若干高い価格で進めてもだれも文句言わないだろうと、関係者だれもがたかをくくっていたのではと思います。いわゆるジェネコンの言いなりの値段で、ぼったくられているのはわかっていたままでも、値下げ交渉などせずに価格が最終決定されたのでしょう。そこに、安全保障関連法案問題で安倍内閣の支持率が下がり、安倍首相が矛先をかわすために、新国立競技場建設案の白紙撤回を言い出したのは明白です。ジェネコンも今更、前の値段はぼったくりの値段だから割り引きますとも言えないのでしょう。なお、オリンピックの会場の陸上競技場が、 ターバンを巻いたような変な形になるのは理由があります。オリンピックの陸上競技は屋外競技場でなくてはならず、しかも世界記録のようなレベルの高い記録を狙ってもらうためには、風ができるだけ吹き込まない構造がよいからです。ベストは、100mのコース側の真上に屋根がある構造です。

2015.7.21

 新国立競技場の立替計画が白紙になり、物議をかもしていますが、昨日の読売新聞に驚愕の事実が書かれていました。現在の案では、新国立競技場にはいわゆるサブトラックがなく、東京オリンピックの間だけ一時的に軟式テニス場を借りてサブトラックに代用するそうです。東京オリンピックが終了後は、サブトラックがない競技場は第一種競技場にはなれず、世界陸上はおろか日本選手権や国体も開催されない、国立競技場で記録を出しても公認されない可能性があるとのことです。競技者目線に立った計画を期待します。

2015.7.19

 昨日は東京自宅で日本のオールスターゲーム第2戦を観戦しました。特に目を引いたのが西武ライオンズの森友哉選手で、高めのボール気味の中日大野投手の速球をフルスイングで振りぬいてホームランを打ちました。あと、セリーグの先発メンバーですが、投手黒田、捕手相沢、ファースト新井、セカンド菊池、ショート田中と広島の選手が5人先発していて、マツダスタジアムでの開催とはいえ、赤ヘル軍団の活躍が目立ちました。全38球ストレートで勝負した前田健太にもあっぱれです。

2015.7.16

 今朝のニュースで元ナチスの94歳の隊員がアウシュビッツのユダヤ人の虐殺にかかわったとして禁固4年の刑になったと報道されていました。この問題には時効はないのですね。94歳に禁固の刑罰はちょっとかわいそうに思いました。しかも、軍の業務としていたわけですから。アメリカの軍人で広島に原爆を落としたエノラゲイの飛行士にも大量虐殺の責任を問いたい気持ちです。
 あと、安保関連の強行採決は小選挙区制の弊害ですね。私個人も、憲法解釈を閣議決定で買えるのはやりすぎで、今回の法案は憲法違反だと思います。有事に際しては、今まで通り特措法で対応するか、本当に憲法を改正するかが筋だと思います。小選挙区制 で与党が簡単に3分の2を獲得できるので、総理大臣の権力が肥大化しすぎた結果だと思います。何らかの方法で、隣国の軍事肥大に対応することは必要だとは思いますが。

2015.7.13

 ともかく毎日暑いです。真夏が突然やってきた感じです。予約が満タン状態の夏休みまであと2週間です。今週末の連休で少し英気を養って夏休みに備えます。ところで、昨日乗った羽田→小松の夕方の便は満席でした。ANAも頑張っているみたいです。訳あって、東京との移動は少しだけ飛行機を増やしています。

2015.7.10

 そろそろ、なでしこジャパンの話も終わりにしようかと思っていましたが、もう一つ。前回のワールドカップで活躍した、美人選手としても有名な丸山桂里奈選手に関しての話題です。今回のワールドカップではテレビで解説をしていたので、てっきり引退したのかと思っていたら、単にメンバーから外されただけのようでした。それが分かったのは、今日発表された東アジアカップの暫定メンバーに丸山選手の名前があったからです。前回ワールドカップのドイツ戦の決勝ゴールは素晴らしかったです。

2015.7.8

 ワールドカップ女子決勝の日本の敗因を総括します。日本はアメリカにフィジカルで負けたのではなく、スピードと緻密さで負けたのだと思います。コーナーキックからの1点目の失点ですが、ロイドがあれだけ下がった位置にポジションを取っていたわけですから、何らかのサインプレーだと予測すべきで、マークした選手がいとも簡単にスピードでマークを外されシュートを決められました。2点目のフリーキックも同じです。4点目の失点ですが、キーパーのポジションミスかと思いながら見ていましたが、あの距離で正確なシュートを放ったロイドにアッパレです。あと、ワンバックに奥さんがいるという話を読んで少し驚きました。

2015.7.6

 ワールドカップ女子サッカー決勝は、なでしこジャパンまさかの惨敗でした。前半だけテレビ観戦して外来に行きましたが、前半だけで勝負は終わっていました。日本の敗因は、最もマークすべきロイドのマークが甘かったことに尽きます。残念ですが、また4年後に夢を見させて欲しいと思います。前日のインタビューで、宮間選手が決勝で勝って女子サッカーをブームではなく文化にしたいと言ったのが、印象的でした。4年後にその言葉を実現して欲しいです。

2015.7.4

 明後日、このブログがアップされる頃には結果が出ていると思いますが、女子サッカーワールドカップの決勝の結果を予想したいと思います。日本が勝ちます。理由は、神がかり的に日本がついているからからです。決勝トーナメントも、日本側の山には世界ランキング4,6,7,8位で、逆の山には世界ランキング1,2、3,5位が入りました。更に、世界ランキング7位で強敵と言われていたブラジルがオーストラリアに負けて消えてくれて、対戦しなくてすみました。これまでの戦い方でも、少ないチャンスで確実に得点する強さは本物です。準決勝でも、オウンゴールもそうですが、最初のPKもビデオでよく見ると相手ディフェンダーが有吉の足を引っかけた場所はゴ ールエリアの微妙に外でした。つきも実力のうちです。アメリカの要注意選手はモーガンですが、日本の岩淵選手の活躍に期待したいと思います。

2015.7.3

 今、新幹線で東京に向かっていますが、飛行機と違って新幹線では耳栓が必需品です。まさか、午前7時台の新幹線の中でビールを飲みながら真っ赤な顔をして騒いでいる4人組に遭遇するとは思いませんでした。どこからまでが談笑でどこからが騒いでいるという線引きは出来ず、ルールではなくモラルの問題なので、我慢して耳栓で対応するようにしています。まだ、新幹線開通でお祭りムードが残っていると思います。

2015.7.2

 なでしこジャパンが、女子ワールドカップの決勝に勝ち進みました。たいしたもんです。これで、ワールドカップとオリンピックの決勝は3度続けて日本とアメリカの対決になりました。今回の決勝は、残念ながら外来と重なってしまうのですが、前半だけは見る予定です。ところで、4年前に書いた前回ワールドカップ決勝当日のブログを紹介します。

 どうしてもこの試合を徹夜で見ようと思いました。それは男女通じて ワールドカップやオリンピックの決勝戦で日本のチームがプレイするのをライブ映像で観れる人生最初で最後の体験かと思ったからです。でも、来年2度目があるかもしれないと思えてきました。

 なでしこジャパン、すみません。3回も見れることになりました。本当にありがとうございます。

▲ページの先頭へ