本文へジャンプ

2016.2.29

 マラソンをめぐって迷走した話が続きます。男子は東京マラソンでも有力どころが総崩れで、日本人最高は8位で2時間10分も切れません。琵琶湖毎日マラソンで好記録者が複数でなければ、リオデジャネイロオリンピック代表枠は返上すべきでしょう。また、女子のほうも福士と日本陸連が意地の張り合いになっています。福士には何とか名古屋ウイメンズを走ることを自重してもらい、リオだけを目指してほしいと思います。

2016.2.25

 リオデジャネイロオリンピックの女子マラソンの代表をめぐって、日本陸連が迷走しています。大阪国際女子マラソンで、福士加代子が選考基準になる日本人1位で2時間22分30秒以内で優勝したにもかかわらず、代表内定が出ないために、名古屋ウィメンズマラソンにも強行エントリーしたみたいです。これは、日本陸連が名古屋ウィメンズマラソンで好記録が2名出た場合に福士が選ばれない可能性があると言い出したためです。最初から、大阪と名古屋で日本人1位で2時間22分30秒をきった場合は代表決定とすべきで、その場合名古屋で日本人2位であればどんなによい記録でも代表になれないとすべきだったと思います。なぜなら、福士の記録を上回れば代表になれ るとなればあとのレースで走ったほうが断然有利で、大阪で走った福士が損をするからです。昔、高橋尚子の代表落ちでもめたことのある女子マラソンですが、日本陸連ももう少し賢くなってほしいと思います。

2016.2.21

 リスボンでの世界強皮症学会を終了して、帰国します。座長が2回、ポスター発表が一つ、ビジネスミーティングが1回となかなか忙しい学会でしたが、世界遺産の修道院やシントラという街も合間を縫って観光することができて、なかなか充実した学会でした。名物のエッグタルトや元祖カステーラも食べることができました。次回は2年後にフランスのボルドーで予定されているようです。

2016.2.17

 先ほど、強皮症国際学会に出席するためにポルトガルのリスボンに着きました。
 明日の午前中だけは特に用事がないので、ベレン地区の観光に行ってエッグタルトを食べてくる予定です。

2016.2.14

 育休議員の不倫疑惑で宮崎元議員が、議員辞職に至りました。一方で「政治とは関係ない案件なので議員辞職をする必要はない」という評論家の意見もありましたが、歳費をもらいつつ、育休という斬新な政治理念を提唱したその前提での女性問題なので、今回はアウトだと思います。育休宣言さえなければ、辞職には至らなかったと思います。

2016.2.12

 育休議員が議員辞職しました。恐るべし、週刊文春ですね。元野球選手の覚せい剤中毒や大臣の口利き疑惑など、立て続けのスクープですね。
 その昔、私と日本皮膚科学会も週刊文春にアトピービジネス問題でお世話になりました。1回限りの記事のはずだったのですが、最初の記事が出た直後から、週刊文春の編集部に「私も騙された」「こんな療法もアトピービジネスか?」といった電話が鳴りっぱなしになって、結局10回ほどの連続キャンペーンになりました。この連続キャンペーンのおかげで、「ステロイドバッシング」一方だったメディアが「アトピービジネス問題追及」に変わり、週刊文春の記事が一つの潮目の変わり目だったと思います。週刊 誌報道の在り方のすべてを肯定するものではありませんが、メディアを上手に使うことも社会活動には必要だと思った次第です。。

2016.2.8

 昨日、テレビチャンネルを別府大分マラソンに変えたところ、箱根駅伝で活躍した設楽兄弟の片方が先頭で走っていました。設楽兄弟も遂にマラソンデビューかと思って応援していたのですが、途中ですっといなくなりました。実は、ペースメーカーで走っていたようなのです。多分、自分がマラソンで走る時の調整を兼ねての走りだったと思いますが、ペースメーカーでの走りを見ても、見るほうはつまらなかったです。

2016.2.3

 元野球選手の清原和博が覚せい剤所持で逮捕されました。やっぱり週刊文春の記事は本当だったのですね。同じく週刊文春に書かれた女優のSEのほうは離脱したのでしょうか?それともデマだったのでしょうか?SEは最近テレビ出演が増えてきたようで、是非演技で話題になってほしいと思います。

2016.2.1

 週刊文春の記事で甘利大臣が辞職しました。告発者に嵌められたという意見もありますが、大臣室で陳情を受けつけて、キャッシュでお金をもらったらいかんと思います。ちなみに、「今秋発売の週刊文春によれば・・・」と言うニュースのコメントを聞くたびに、「北陸はどうして発売日が1日遅いんじゃい」と思ってしまいます。

▲ページの先頭へ