本文へジャンプ

2016.9.29

  昨日から学会でウィーンに来ています。仔牛のカツレツを食べる予定です。

2016.9.23

  先日、リオオリンピックの特番を観ていて、なぜ伊調馨は四連覇出来て、吉田沙保里は出来なかったが理解できた気がしました。それは国民栄誉賞をすでにもらっていたかの違いです。イチローが国民栄誉賞を現役続行中は辞退しているのは広く知られている事実ですが、吉田沙保里も現役続行中には、受賞すべきではなかったと思います。受賞したことによって達成感が生じて、今後へのモチベーションが下がることが考えられます。

2016.9.19

  アメリカの女子メジャーゴルフのエビアン選手権の結果に驚きです。1位韓国、2位タイ2名韓国、4位中国、5位韓国です。アジア選手権と言っても過言ではありません。恐るべし、韓国女子ゴルフ。

2016.9.14

  やはり、民進党の代表候補者は二重国籍だったようです。それよりも、某野党の責任者が「父親が外国籍だからということで排除するような議論は極めて差別的だ」と言っていることのほうが問題だと思います。今、問題にされているのは父親の国籍ではなく、本人の国籍だからです。頭を冷やして考え直せといいたいです。

2016.9.11

  広島カープ優勝です。黒田博樹の男気にあっぱれです。それにしても、前田健太なしでよくやりました。神ってるですね。

2016.9.10

  テレビの報道に違和感を感じます。少し前までは、実刑間違いなしと報道されていた若手俳優が、示談が成立して不起訴になっただけで俳優の○○さんと紹介されていたからです。当初の逮捕に事実誤認があっての釈放なら、それを主張すべきです。

2016.9.8

  そろそろ涼しくなって、雨が多くなってきました。さて、今日はまたまた政治のことに軽く触れます。日本の首相を目指す人が、自分の国籍がどうなっているかも調べないと答えられないというのは、いかんと思います。以上です。

2016.9.6

  そろそろオリンピックから話題を変えたいと思います。日本の政治の未熟な点について触れたいと思います。アメリカの大統領は最大4年2期の8年です。然るに、日本では小泉内閣、現安倍内閣と人気があるから期間延長というのはいいんでしょうか。あのロシアのプーチンですら、一旦大統領から首相に格下げになってから、大統領に復帰しています。特に、東京都が主催する東京オリンピックに合わせて自民党総裁任期を延長するとしたら、本末転倒だと思います。決められた任期で全力を尽くすのが本来の政治ではないでしょうか?

2016.9.1

  前回の続きです。オリンピックに神様が下りてくることはめったにありません。神様が下りてくるにも、それなりの条件が必要です。ただ、絶対王者は神様を必要としません。神様が下りるというのは、それなりの実力があり、かつ神様が後押しする場合があるということです。過去に神様が下りたと思うケースを選んでみました。
 1.リオオリンピックの陸上男子100x4mリレー銀メダル
 2.バルセロナオリンピック競泳女子平泳ぎ200m岩崎恭子金メダル
 3.アテネオリンピック競泳女子800m自由形柴田亜衣金メアダル
 4.アテネオリンピック柔道女子78㎏超級、準決勝で圧倒的不利だった中国選手に抑え込みされながら、
  抑え込みを逃れているうちに逆に抑え込みの状態になって逆転優勝した塚田真希、金メダル
 5.長野冬季オリンピックのモーグル里谷多英金メダル
 6.札幌冬季オリンピック70m級ジャンプ、金銀銅独占日の丸飛行隊
 7.最後は、圧倒的に不利だったリオオリンピック女子レスリングの最後の10秒で、相手が思わずタックル
  に来てくれて大逆転した伊調馨選手でしょうか?

▲ページの先頭へ