本文へジャンプ

2019.7.30

 参議院選挙が終わりましたが、どうも「れいわ新選組」という政党名に疑問を持ちます。障害者を当選させたことは評価できるのですが、池上彰氏が指摘したように、「新撰組」は体制側の雇われ私的警察組織のようなもので、何らかの政治的な改革を目指した組織ではありません。徳川幕府から京都の治安維持を命じられた会津藩主松平容保が外注したガードマン組織のようなものです。正直元俳優の党首の政治的センスに疑問を持ちます。

2019.7.29

 東京オリンピックのチケットはやはり高いです。近畿日本ツーリストからのツアーで、水泳の決勝とホッケーの予選、都内ビジネスホテルの2泊がついて213,000円でした。夫婦で買うと実質水泳の決勝を見るだけで426,000円です。それならばテレビ観戦がいいですよね。

2019.7.24

 JTBのオリンピックツアーが販売されました。開会式、閉会式が付いてホテルも京王プラザでほとんどが決勝か準決勝のチケットです。そそられますが、夫婦で900万円は高すぎます。

2019.7.20

 昨日紹介した近畿ツーリストの全33競技観戦ツアーの日程をさらに詳しく紹介したいと思います。
 7月25日ボート,馬術,26日スケートボード,カヌー,水泳,27日サーフィン,柔道(決勝),28日テコンドー,フェンシング,29日バドミントン,ラグビー,30日ゴルフ,ハンドボール,31日アーチェリー,テニス,ボクシング,1日トライアスロン,バレーボール,ウエイトリフティング,2日自転車,陸上競技(男子100m決勝),3日射撃,体操競技(男子種目別決勝床等),4日セーリング,5日卓球(女子団体決勝),スポーツクライミング,6日空手,レスリング(女子決勝等),7日女子ホッケー,近代五種,6日野球(3位決定戦),男子サッカー(決勝戦),9日バスケットボール(女子決勝)です。開会式や閉会式はありません。女子のソフトボールもないようです。

2019.7.19

 近畿日本ツーリストから来年の東京オリンピック観戦ツアーの案内が来ました。申し込み後に抽選のようです。全33競技17日間銀座(厳密には築地)のビジネスホテル宿泊付きで一人180万円で,二人で360万円です。お値打ちは陸上競技男子100m決勝Bが含まれていることです。あとの目立ったチケットは柔道の決勝が含まれていることでしょうか?ちなみに、私はホテルは不要ですし、陸上競技中心に観戦したいので申し込みません。

2019.7.15

 この連休中に「永遠のPL学園」というノンフィクションを読みました。PL学園のOBだけでも最強チームが組めそうでここでPLベストを組んでみました。 細かいポジションは省略しました。

投手:桑田真澄,前田健太
捕手:木戸克彦
内野手:小早川穀彦,清原和弘,立浪和義,松井稼頭央,
外野手:吉村禎章,福留孝介,新井宏昌


2019.7.11

 今日はマラソン男子前日本記録保持者設楽悠太の兄設楽啓太が最近どうしてるのかを調べてみました。長い故障に苦しんで、昨年から復帰しているようですが、まだマラソン2時間14分台と実力発揮とはいかないようです。MGCには出れませんが、長い目で弟と両方応援したいと思います。

2019.7.8

 本日は陸上競技の0.099秒の悲劇について書きます。先日の日本選手権の男子110mハードルの準決勝での出来事です。日本記録保持者の金井大旺選手ですが、完璧のスタートをしたのですが、規定のピストルから0.1未満の0.099秒にスタートしたということでフライングになりました。本人にフライングの自覚はなく、わずかに0.001秒の飛び出しです。ちなみに0.1秒未満がフライングというのは、厳密な検証で決められたわけではないようです。今後、0.09秒と0.1秒の間の場合には、やり直しで失格にはしないという救済処置を取るべきではないでしょうか?

2019.7.1

 陸上日本選手権でサニブラウンが男子100mと200mを制しました。我が家で東京オリンピックのチケットで当たっためぼしい競技は男子陸上200mの準決勝です。サニブラウンの決勝進出をかけた走りの応援をしたいと思います。

▲ページの先頭へ