本文へジャンプ

2017.4.26

  復興大臣が暴言で辞任しました。それはそれとして、森友学園問題、築地市場移転問題、妻子ある政治家がハワイで愛人と結婚式を挙げたスキャンダル、横浜の病院での老人連続殺人事件、最も新しいところで相次ぐ路上現金または金塊強奪事件、いったい、いつどのように解決するんでしょうか?それにしても、警備会社を雇わずに大金や金塊を持ち運ぶ人が意外と多いのにびっくりしています。

2017.4.24

  14歳のプロ棋士藤井聡太4段が羽生3冠に完勝しました。すごいですね。名人になるまでには最低5年はかかりますが、竜王とか他のタイトルはまもなく取るのでしょうか?ちなみに、羽生3冠は過去10年の7冠、述べ70人のタイトルホルダーの半分35人で、過去20年だと述べ140人のうちの72人が羽生のようです。でも、世代交代があるのでしょうか?これからが楽しみです。

2017.4.16

  昨日、長女竹原かろなの結婚式及び結婚披露宴が、赤坂プリンスホテルクラシックハウスで、大勢の親族、恩師、友人などに祝福されながら厳かに執り行なわれたことをこのブログで報告します。娘と縁が深かったタイからも6人の友人が参加してくれました。なお私のたっての希望で、新婦から両親への感謝の手紙朗読は割愛してもらいました。そのおかげで、泣かずに済みました。両親への感謝の花束の中に感謝の手紙が入っていましたが、もしその手紙を実際にその場で読まれていたら私は号泣していたと思います。ワイフはもし読まれていたとしても、さんざん迷惑かけて白々しいので泣かなかったと言っていますが・・・。竹原家的には、感謝の手紙セレモニーは、人様の前で家族内で感謝しあうということになってしまい、美学に添いません。
  次に、以前クイズ風に書いた日光の件を本日報告させて頂きます。たまたま、日光金谷ホテルに滞在して外が寒いのでブライダルサロンで時間つぶしをしていた娘夫婦に後日、結婚式のプロモーションのモデル依頼があったのです。家族も含めて結婚式を日光東照宮で挙げ、写真モデルになる代わりに宿泊費や貸衣装代等すべて無料になりました。日光東照宮の陽明門のリニューアルに際してのホテルの新規ブライダルプロモーションへの協力を依頼された次第です。陽明門は本年3月10日にリニューアルオープンされ、娘夫婦は翌3月11日に結婚式を挙げ、リニューアルオープン後最初に結婚式を挙げたカップルになりました。私が葵の御紋の羽織袴を着たのは、日光東照宮が徳川家康を祀った神社であるからです。雑誌に出るというのは、ゼクシィなどの結婚関連の雑誌の広告に使われるらしいということです。おまけの結婚式のようなものですが、2回の結婚式で娘の和装と洋装の花嫁姿を見れてよかったです。まあ、ともかくいろいろありました。

2017.4.13

  浅田真央が引退しました。残念とも、ソチで終わりでもよかったのではとも言われていますが、記録ではなく記憶に起こる代表的なアスリートだと言えます。 明後日、竹原家にとって大きなイベントが東京であります。大変大きなイベントです。泣かないように頑張ります。

2017.4.10

  昨日テレビのライブ中継で体操日本選手権の内村航平の10連覇を見ました。あっぱれです。ニュースではあまり強調されていませんでしたが、田中佑典が0.050差まで迫りました。また、,白井健三以外の東京世代といわれている大学3年生が予選では高順位を占めたものの、決勝では力を発揮できなかったことも報道されていませんでした。あと、大学1年生の有望選手も出場していましたが、よく考えると大学1年生というのは入学して1週間ですよね。よくエントリーできたと感心します。

2017.4.5

  中学生将棋棋士の藤井聡太4段がプロデビュー以来11連勝だそうです。仮に、実力が同じ棋士同士で勝つ確率2分の1で11戦戦うと11連勝する確率は2000分の1を下回ります。藤井聡太恐るべしです。いろいろな勝負事の中でも、将棋は経験や努力よりも才能が大事なような気がします。藤井聡太AIに勝ってほしいと思います。

2017.4.3

  2代目「山の神」柏原竜二が引退しました。実業団では目立った成績を上げられず、残念です。箱根の20km強とマラソンの40km強とはそんなに違うのでしょうか?違うから、箱根の名選手もみんな苦しむんですよね。

▲ページの先頭へ