本文へジャンプ

診療案内

腫瘍外来

 腫瘍外来では悪性黒色腫、基底細胞癌、有棘細胞癌、乳房外パジェット病など、主に皮膚癌の診療を行っています。皮膚癌は年々増加する傾向にあります。皮膚癌も他の内臓の癌と同じように、進行すると転移をきたして生命に関わる場合もあります。できるだけ早期に癌を発見・診断し、早期に治療を行うことが大切です。
 診断に際しては、ダーモスコープという特殊な拡大鏡や、皮膚の一部を顕微鏡で確認する病理検査で皮膚癌の部位を詳細に検討します。疾患によってはPET検査やCT、MRIといった画像検査も併用して内臓への転移の有無も評価しています。リンパ節の転移の有無についてはセンチネルリンパ節生検という手法で比較的負担が少なく、かつ正確に評価が可能です。
 皮膚癌の治療の要は手術による切除ですが、病気の進行度や患者様の全身の状態・年齢に応じて放射線治療や化学療法(抗癌剤)などを組み合わせた治療を行っています。とくに悪性黒色腫は近年抗癌剤の開発が進んでおり、抗PD-1抗体のオプジーボ®、BRAF阻害薬のゼルボラフ®、抗CTLA-4抗体のヤーボイ®といった新規薬剤が使用可能になりました。
 手術に関しては、外来で局所麻酔下の日帰り手術から、全身麻酔下での手術(入院が必要になります)まで、腫瘍の状態、患者様の状態に併せて方針を考えます。
 また、治療後の定期診察・検査についても腫瘍外来で一貫して診させていただきます。
 良性腫瘍でも、部位や大きさによっては入院や全身麻酔下での手術が必要になる場合もありますので、そちらの手術相談も承っております。
 当科には形成外科診療班もございますので、連携して最適な手術・再建法を選択させていただきます。

 

診察日: 毎週火曜日 13:30~15:00
毎週金曜日  9:00~11:30 (火・金とも完全予約制)

 

▲ページの先頭へ