本文へジャンプ

研究内容の紹介

膠原病の研究

1. 自己免疫機序の解明に向けて
 膠原病に共通する特徴として、自己抗体の産生がほとんどの疾患や症例にみられます。その自己抗体の意義はいまだ不明ですが、自己抗体の出現は症状の出現に先行してみられること、自己抗体は臨床症状とよく相関することから、その産生機序と病態には深い関わりがあると考えられます。
 自己抗体はB細胞から産生され、以前はB細胞は単に抗体を産生するだけの細胞と考えられていました。しかし、近年B細胞は抗体産生以外にも、抗原提示、T細胞の活性化や分化の制御、サイトカインの産生など多彩な機能を持つ免疫担当細胞であることがわかってきました。また、最近のトピックスとして、B細胞の中には自己免疫が炎症を抑制するサブセット”制御性B細胞”も存在することがわかってきました。
 これまでに、全身性強皮症のB細胞ではCD19などのシグナル制御分子の発現が上昇していること、B細胞のホメオスターシスに異常がみられること、強皮症の動物モデルであるタイトスキンマウスではB細胞が活性化しており、B細胞を抗体治療により消去すると皮膚硬化や自己抗体産生が抑制されることなどを明らかにしてきました。さらに、抗CD20抗体によるB細胞除去療法の分子学的抗体を明らかにしたり、制御性B細胞の存在やその作用に関して研究成果を報告しています。
2. 強皮症の病態解明に向けて
- 竹原教授の提唱する2段階線維化仮説 -
 竹原教授は当教室に就任間もなく、TGF-βとCTGFという2種類のサイトカインを組み合わせて投与することにより、マウスにおいても強皮症のような皮膚硬化を再現できるという新しいモデルを開発いたしました。TGF-βが線維化の誘導に、CTGFが線維化の維持に重要であるという“竹原の2段階線維化仮説”は世界的に認められています。この動物モデルを用いて、サイトカインや接着分子などの強皮症の病態への関与に関する研究や新規治療の開発に取り組んでいます。
3. 免疫沈降法による自己抗体の検索
- 悪性腫瘍合併皮膚筋炎にみられる新規自己抗体の発見 -
膠原病で検出される血清中の自己抗体に関して、主要なものは医療検査として測定が可能ですが、そのような通常の検査で検出できない抗体が実際には数多く存在します。当教室では、全身性強皮症にみられる自己抗体(抗RNAポリメラーゼ抗体、抗U3-RNP抗体、抗Th/To抗体ほか)や自己免疫性筋炎や間質性肺炎にみられる自己抗体(抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体、抗Mi-2抗体、抗MDA5抗体)などを免疫沈降法で測定してまいりました。これらの自己抗体が明らかになることは、各症例の診断、治療の選択、予後の推定に非常に有用であり、全国から問い合わせを受けております。
 また、悪性腫瘍を合併する皮膚筋炎に検出される抗TIF1抗体を発見し、世界的に大きな反響を受けています。このような臨床研究は、日常診療に直結し、大変重要な意味を持つものと考えております。

▲ページの先頭へ