本文へジャンプ

教育・研修

先輩たちからのメッセージ

・平成26年度入局者

A 
 私はもともと金沢大学出身で学生の頃から皮膚科に興味がありました。学生のころBSLやポリクリで医局の先生方にお世話になっており、研修は名古屋の社会保険中京病院で2年間を終えましたが、金沢大学が一番魅力的だったため当科に入局を決めました。上級医の先生方に手厚く指導しサポートしていただけるので、安心して日常の業務に携わることができており当科を選んでよかったと思っています。出身大学で業務ができるのも強みですので,金沢大学出身で皮膚科に興味のある方は是非当科への入局をおすすめします。

B
 研修医時代、なかなか進路を決めることができずにいた頃に皮膚科をローテートし、皮膚科の「自らの手で患者さんを触って感じて診断して治す」というところに惹かれました。また、お子さんを持ちながら生き生きと働いていらっしゃる先輩の女性の先生の姿が、私が皮膚科に進む後押しとなりました。そのような医師を目指し、日々金沢大学皮膚科で勉強させていただいています。

C
 皮膚科は視診、触診で病気の鑑別を挙げることができ組織で自分の目で診断を確定できるところが面白いと思います。また、治療効果も見て判断できるところが判りやすく、やりがいを感じれると思います。金沢大学皮膚科の指導してくださる先生方は皆熱心で、親切で、大変勉強になっています。皮膚科に少しでも興味ある方はぜひ一度見学に来てください。

D
 学生時代より皮膚科に興味がありましたが、研修医になって実際に皮膚科で研修してみて、患者さんの病気が治っていく過程が目に見えることが魅力的に感じました。また、皮膚科は膠原病のような内科的な疾患から、腫瘍などの外科的な疾患までみることができます。今年からは形成外科斑も加わり、さらにパワーアップしています。ぜひ一緒に働きませんか。

▲ページの先頭へ