皮膚科

Message

ご挨拶

2020年5月1日より金沢大学皮膚科学教室の第9代教授を拝命いたしました。金沢大学皮膚科学教室は1913年(大正2年)に初代土肥章司教授により開設され、第2代伊藤実教授、第3代長谷川宗憲教授、第4代並木重郎教授、第5代川村太郎教授、第6代福代良一教授、第7代廣根孝衞教授、第8代竹原和彦教授と100年以上の歴史と伝統ある皮膚科学教室です。また金沢大学皮膚科学教室には北陸3県に多数の関連病院を有し、たくさんの同門の先生方に支えて頂いております。先代の先生方が築きあげられました当教室の良き伝統を受け継ぎ、関連病院やクリニックの先生方と力を合わせて北陸の地域医療に貢献してまいります。さらに次世代の皮膚科医の育成も当教室の重要な使命であります。若い教室員が夢と情熱をもって診療と研究に打ち込める教室を作りたいと思います。

2020年6月吉日

金沢大学皮膚科学教室
教授 松下 貴史

Features

私たちの特徴

皮膚疾患に悩む人々に笑顔を取り戻す

金沢大学皮膚科学教室では、皮膚科と形成外科の2つの診療科が協力して、⾼度な専⾨診療を⾏うとともに、
研究⾯においても先進的な基礎研究・臨床研究を⾏っています。

  1. 01

    膠原病において世界トップレベルの
    研究成果を発信し続けます

  2. 02

    北陸三県に関連医院を持つ、
    地域医療の核であります

  3. 03

    難易度の高い症例への
    治療の提供します

  4. 04

    経験と研鑽に裏打ちされた診療技術と
    最先端の医療設備による治療が行えます

  5. 05

    形成外科との連携で疾患を緻密に把握し、
    体表治療への満足を高めます

当教室の歴史

2013年に創立100周年を迎えた歴史ある教室です。金沢大学皮膚科に在籍している教室員はここ数年50名前後を維持しており、北陸3県の関連病院に医師を派遣し、地域医療に貢献しています。

1862年
(文久2年)
金沢大学医学類の起源である金沢彦三種痘所が開設。
1913年
(大正2年)
皮膚病花柳病学講座として開設。土肥章司先生が初代教授に就任。
1923年
(大正12年)
皮膚科性病科学講座に改称。
1930年
(昭和5年)
皮膚科泌尿器科学講座に改称。
1931年
(昭和6年)4月
伊藤実先生が第2代教授に就任。
1937年
(昭和12年)7月
長谷川宗憲先生が第3代教授に就任。
1940年
(昭和15年)3月
並木重郎先生が第4代教授に就任。
1950年
(昭和25年)3月
川村太郎先生が第5代教授に就任。
1955年
(昭和30年)
泌尿器科講座が分離され、皮膚科学教室に改称。
1960年
(昭和35年)4月
福代良一先生が第6代教授に就任。
1980年
(昭和55年)4月
廣根孝衞先生が第7代教授に就任。
1994年
(平成6年)11月
竹原和彦先生が第8代教授に就任。
2013年
(平成25年)
金沢大学皮膚科学教室創立100周年。
2020年
(令和2年)5月
松下貴史先生が第9代教授に就任。

Related hospitals